新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • 学べる
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ

サンタクロースとあったよる」 レイラさんの声

サンタクロースとあったよる 詩:クレメント・クラーク・ムーア
絵:ホリー・ホビー
訳:二宮 由紀子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,980
発行日:2014年11月01日
ISBN:9784776406266
評価スコア 4.8
評価ランキング 385
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く
  • もう一人の目撃者

    クレメント・クラーク・ムーアによる有名な詩「The Night Before Christmas」には、
    いろいろな画家が絵を添えていますが、
    ホリー・ホビーの絵では、もう一人の目撃者が描かれ、興味深い展開です。
    クリスマスイブに、寝静まった一家の家にやって来たサンタクロース。
    実はパパがその光景を目撃していたという訳ですね。
    表紙の絵で印象的なのですが、寝静まった子どもたちの中で、
    一人、パッチリ目を覚ましている子がいますね。
    そう、この赤ちゃんも目撃者として描かれるのです。
    パパの目線とは違った、どこまで理解しているかわからない子の目撃者という存在感がいいですね。
    絵は古風ですが、粉雪の質感や光の白色が独特で素敵です。
    そうそう、ねこやねずみたちも忘れてはいけませんね。
    小学生くらいから、たっぷり絵から感じてほしいです。

    投稿日:2020/11/30

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「サンタクロースとあったよる」のみんなの声を見る

「サンタクロースとあったよる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット