新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
きみの話を聞かせて しろさめ作品集

きみの話を聞かせて しろさめ作品集(小学館集英社プロダクション)

全編透明水彩画で描かれたイラスト作品に、描き下ろしのショートコミックを大幅に加えた、待望の作品集!

  • 泣ける
  • かわいい

絵本 はなちゃんのみそ汁」 Pocketさんの声

絵本 はなちゃんのみそ汁 原作:安武信吾・千恵・はな
文・絵:魚戸 おさむ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2015年09月17日
ISBN:9784061332713
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,924
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く
  • 実話の絵本です

    数年前にテレビでもドラマ化されていましたし、実際にはなちゃんのお母さんも生前にテレビでも出ておられるのも拝見していました。

    実話の絵本です。現在のハナちゃんも先日テレビで拝見しましたが、更にお味噌汁づくりにも家事も上達していて、パパの奥さんのようでした。
    とても素敵な娘さんに成長されていて更に感動しました。

    そのはなちゃんが作るお味噌汁は、主婦の私が作るみそ汁とは大違いです。一から丁寧に丁寧に出汁をとった最高の逸品です。

    はなちゃんのお味噌汁を飲んだらパパが笑ってくれると書いているところがありますが、本当に美味しいのでしょう。

    お母さんは残された時間を、自分で理解し、いのちある限り娘に教えてやれる最大のことを一生懸命教えました。
    毎朝毎朝、お母さんははなちゃんを見守って、怒らないけれど絶対に手伝わず黙ってみていたという描写に母の想いが込められていると思いました。

    天国のママ、はなちゃんがこんなに立派に頑張って生きている姿を誇らしく思っている事でしょう。

    弱いパパの姿も子ども目線で見ていたことも書かれていて、辛い辛い経験をパパと二人三脚で乗り越えてきたことがよくわかりました。

    パパを元気にしたくてお味噌汁を作ってあげたよ
    だってね、お味噌汁を食べるとパパがわらってくれるんだもん

    最後のページの言葉にはなちゃんから元気と勇気をもらいました。

    投稿日:2017/09/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「絵本 はなちゃんのみそ汁」のみんなの声を見る

「絵本 はなちゃんのみそ汁」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / どうぞのいす / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット