話題
PUI PUI モルカー 渋滞はだれのせい?

PUI PUI モルカー 渋滞はだれのせい?(フレーベル館)

大人気アニメ「PUI PUI モルカー」が絵本になりました!

  • かわいい
  • 盛り上がる
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

カラスとよる」 そやでさんの声

カラスとよる 作:ニコール・ヴェルヘル・デ・ディオス
絵:太田 大八
訳:ぬくみちほ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
税込価格:\1,287
発行日:1997
ISBN:9784577017067
評価スコア 4.6
評価ランキング 4,268
みんなの声 総数 4
「カラスとよる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 北アメリカ先住民の民話を基にした物語です。

    【内容】たいようが沈まずひるばかりだった村。たいように休んでもらおうといろいろと試すのですがうまくいかない。そんなある日、一羽のカラスが偶然にもたいようの光を遮った。これだと思った村長はカラスにお願いをしてひるを止めてもらう。熱さに耐えた勇敢なカラスの行動にたいようはご褒美として大きな鳥を遣わす・・・。

    【絵】大らかな描き方で、また古代インディアンをモチーフにしたような色鮮やかな衣装。たいようの光や波の描き方も独特で、民話の世界に入り込めます。

    【その他】かみなりが鳴って「よる」が訪れるのですが、今度はうるさくて眠れない。パロディもあり楽しめました。
    民話作品は好みによって大きく分かれると思います。あははと笑える内容ではありませんが(そういう考え方もあるのかぁ)と思うことが出来る作品です。読むなら高学年から。

    投稿日:2007/02/15

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「カラスとよる」のみんなの声を見る

「カラスとよる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / さつまのおいも / どんどこ ももんちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット