ロングセラー
どんぐりむらのいちねんかん

どんぐりむらのいちねんかん(学研)

プレゼントキャンペーン〆切迫る!あたらしい年に読みたい1冊!

  • 学べる
  • 役立つ
新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ

小さな小さなウイルスの大きなはなし」 レイラさんの声

小さな小さなウイルスの大きなはなし 作:伊沢 尚子
絵:坂井治
監修:中屋敷 均
出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2021年03月08日
ISBN:9784774332178
評価スコア 4.33
評価ランキング 15,096
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 手洗い、うがいの大切さ

    コロナ禍の今だからこそ、ウイルスについてきちんと知っておきたいものです。
    なぜ、手洗いやうがいが大切なのか、きちんと理解すれば、行動にもつながります。
    まずは、題名が印象的。
    そう、ウイルスって、小さな小さなものなのです。
    それも、視覚的に解説してありますから、驚きながら体感できると思います。
    そして、細胞に入り込み、仲間を増やす生態?が、ポイント。
    感染の巧みさがわかると思います。
    咳、くしゃみ、発熱の役割も納得ですね。
    免疫、予防接種のイメージもわかると、対し方も違ってくると思います。
    さらには、悪者だけではない役割にはびっくりです。
    まだまだ未知のウイルス、しっかりと理解しておきたいですね。
    小学校高学年くらいから、しっかり学んでほしいです。

    投稿日:2021/06/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「小さな小さなウイルスの大きなはなし」のみんなの声を見る

「小さな小さなウイルスの大きなはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どーこかな?
    どーこかな?の試し読みができます!
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか


装丁も新たにボードブックとして登場した、レオ・レオーニの名作『あおくんときいろちゃん ボードブック』

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット