あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくものの試し読みができます!
作: 大久保 雨咲 絵: 相野谷 由起  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
こころがふっとかるくなる あたたかいおはなし

山に木を植えました」 てんぐざるさんの声

山に木を植えました 作:スギヤマ カナヨ
監修:畠山 重篤
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年05月
ISBN:9784062146654
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,326
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く
  • 「フルボ酸鉄」と「水」を案内役に

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    スギヤマカナヨさんの作品は今までも出会っていたのに、
    この作品を読んで初めて「この作者、すごい!どんな人なのかな」と、いろいろ調べちゃいました。
    調べてみたら、結構好きな作品も描いていらっしゃいました。

    監修の畠山さんは植林活動家としては有名な方らしく、いくつかこの本のような作品を出していらっしゃるので、今度読んでみたいと思っています。

    この本に描かれている内容を言葉で説明しようとすると、小難しくなりそうですが、かわいく擬人化されたマスコットのような「フルボ酸」(「フルボ鉄」)という栄養素と水(水滴)を案内役に、
    それぞれの場所で生きている動物・虫、魚などを登場させ、
    山に木を植えたことで、一見人の目には見えないところでこんなことが起きているんだと、わかりやすいプロセスで語ってくれています。

    今の子どもたちは小学校5年生くらいで食物連鎖を習うようです。
    知識として、「食物連鎖」があった方がこの本の内容がよりわかるかな〜と、思うので、
    わたしは個人的に小学校高学年くらいのお子さんたちからお薦めしたいです。

    投稿日:2016/09/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「山に木を植えました」のみんなの声を見る

「山に木を植えました」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / くだもの / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット