話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

紙芝居 貝の火」 ヒラP21さんの声

紙芝居 貝の火 作:川崎 大治
絵:久保雅勇
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
税込価格:\2,090
発行日:1966年03月
ISBN:9784494076758
評価スコア 4
評価ランキング 28,358
みんなの声 総数 2
「紙芝居 貝の火」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 貝の火が教えてくれること

    子ウサギのホモイが、魔法の貝の火を通して成長していく物語です。
    無心でヒバリの子を助けたホメイが、ヒバリの母親からもらったのは、宝物の貝の火。
    どの様な魔法があるのかは不明ですが、キツネの悪巧みで、色が変わったり、砕けてしまったり、飛んでいってしまったり、ホメイの行動で様々に変化します。
    多少、ホメイに甘いような気もしましたが、人の命の尊さを学ぶことになったのではないでしょうか。
    宮沢賢治の道徳観を読み取りました。

    投稿日:2020/11/10

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「紙芝居 貝の火」のみんなの声を見る

「紙芝居 貝の火」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
    出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


えほん新定番 from 好書好日

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット