話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる

ふたごのかいぞく」 さみはさみさんの声

ふたごのかいぞく 作・絵:ウィリアム・ニコルソン
訳:谷川 俊太郎
出版社:復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2010年01月
ISBN:9784835444086
評価スコア 4.36
評価ランキング 13,236
みんなの声 総数 10
「ふたごのかいぞく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • ノスタルジーを感じる絵本

    息子が『かしこいビル』をすっかり気に入ったので、同じニコルソン作ということでこちらも借りてみました。

    意味不明な真っ黒な双子の海賊が海辺の貝の中から現れ、メリーの大切な仲間になります。メリーはこの真っ黒な子たちに、色々と文明的なことを教え、楽しく過ごしますが、彼らは海へ帰ってしまいます。でも、メリーの誕生日にはちゃんと戻ってきて、一緒にケーキを食べるのでした。

    『かしこいビル』のなかでもメリーは一人でおもちゃで遊んでいましたが、ここでもメリーは一人です。大切なお人形との空想の世界でしょうか。幼少期の自分の体験とはまったく重ならない絵なのに(メリーは色白金髪のお嬢さんですしね)、なぜか昔の記憶がたぐり寄せられる気がして胸がキュンとなる絵本です。

    子供がどう感じているのかはよくわかりませんでした。でも、今すぐに何かを感じるのではなくて、大きくなった時に心のどこかにこの絵が残っているような、そんな絵本なのかもしれません。

    投稿日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ふたごのかいぞく」のみんなの声を見る

「ふたごのかいぞく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / はらぺこあおむし / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット