宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ピンクがすきってきめないで」 おややんさんの声

ピンクがすきってきめないで 作:ナタリー・オンス
絵:イリヤ・グリーン
訳:とき ありえ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2010年01月
ISBN:9784062830416
評価スコア 4.25
評価ランキング 15,894
みんなの声 総数 11
「ピンクがすきってきめないで」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 表紙がお洒落だが、考える系かも

    『ピンクがだいすき!』の特集にあったのに、このタイトル!
    表紙のピンク地に黒いドラゴンのTシャツを着てる女の子の絵も絵本ってよりはイラスト集っぽい感じでお洒落で素敵☆彡

    「わたしはくろが好き」と力強い目で主張する出だしもインパクトあって、次ページの「ふつうの女の子の」ふわふわピンクの世界も可愛い。
    けど「わたし」はミミズやクモ、クレーン車とか男の子が好きなものが好き。

    人形遊びをするオーギュストやミニカーに花の絵を描くカールだって「女の子のすること」って言われるけど、
    ちゃんと男の子だと思う「わたし」

    多分みんな、ちょっとずつ反対の性っぽい部分は持っててそのブレンドの割合の問題なのだと思う。
    そのブレンドの割合が体の性と反対すぎるとジェンダーってくくりになってしまうとは思いますが、黒が好きで虫が好きでも髪にピカピカのピンどめをしてる姿は「女の子っぽい」のかなぁ。

    我が息子、好きな物は男の子っぽいとは思いますが一人称が「ウチ」で「女子っぽい、変なの」と言われるそうですが変えるつもりなし。そんな彼にも渡してみたけど一読して「読んだ」で終了。

    感想を聞くのも野暮だと思える内容だったので、時間を置いて読み聞かせてみるかなー、それとも息子には苦手な雰囲気のお話だったのでしょうか。

    「フランスらしい」とくくってはいけないけど、そんな事を思ってしまった1冊でした。
    フランス語にあって日本語にない表現に苦心したという訳者のあとがきが印象深いです

    投稿日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ピンクがすきってきめないで」のみんなの声を見る

「ピンクがすきってきめないで」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / くれよんのくろくん / 3びきのかわいいオオカミ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット