話題
移動するものたち

移動するものたち(小学館集英社プロダクション)

谷川俊太郎さん推薦! 黒い夜の森を捨て、旅に出る動物たち……移民の旅の現実を描くサイレント絵本

  • 泣ける
  • 学べる
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

バーバパパのはこぶね」 MYHOUSEさんの声

バーバパパのはこぶね 作:アネット・チゾン タラス・テイラー
絵:アネット・チゾン タラス・テイラー
訳:山下 明生
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:1975年11月
ISBN:9784061287631
評価スコア 4.47
評価ランキング 10,562
みんなの声 総数 69
  • この絵本のレビューを書く
  • 40年も前に 受賞レビュー

    バーバパパの絵本は子どもの頃から好きでしたが、この作品を読むのは今回が初めてでした。
    まずタイトルにある「はこぶね」の説明を息子にしてから、読み聞かせをしました。

    読み進めるうちに、想像しているのとは大きく異なる展開にビックリ!
    これが40年も前に描かれた絵本とは・・・
    でも確かに、その頃は今よりもっと公害や自然破壊がひどかったのです。
    美しい緑の地球をいつまでも大切にしなければならないな、と子どもと一緒に考える良い機会となりました。

    この作品に限らず、バーバパパの絵本には実に沢山の動物たちが描かれていますね。
    自然と動物、そして人間との共存が、バーバパパ全作品を通しての大きなテーマになっているように思います。

    私たちにとって、大切なことを教えてくれる1冊です。

    投稿日:2015/08/05

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「バーバパパのはこぶね」のみんなの声を見る

「バーバパパのはこぶね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / いないいないばあ / くだもの / おつきさまこんばんは / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

みんなの声(69人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット