もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ちいさいおうち」 まやまこさんの声

ちいさいおうち 作・絵:バージニア・リー・バートン
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1965年12月
ISBN:9784001105537
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,722
みんなの声 総数 163
「ちいさいおうち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 「しあわせ」を感じた最初の絵本

    この本は私が気に入って娘の1歳の誕生日にプレゼントしたものでした。私が絵本を読んでいるのをいつも聴いていた娘でしたが、そのときは何の反応もとりたててありませんでした。小学校の頃、時々一人で眺めいっていました。高校生のとき私に「今でもお家が真ん中にあって、周りに花や木があって鳥が飛んでいて、犬がいて、ねこがいて、人間がどこにどのように描かれているかちゃんと覚えているよ。何回みても季節が巡る場面はあきない場面だった。でも、一人で本を見るとき、ちいさいおうちがスモックや開発で汚れて忘れられていく背景が黒くなる場面は怖くて飛ばしていたわ。でも最後にまた家族が面倒を見てもとの花咲く丘にお家が行くことになりほっとしたなあ」と思い出を語ってくれました。この本は色と形で文字が読めなくとも小さいお家の壮大なドラマを語っています。娘がこの本の最後のページに当時覚えたばかりの拙い字で「そしてしあわせにくらしました。おしまい。」と落書きをしているのを見ると、子供にとってお話の終りはいつも幸せになることの大切さをあらためて思います。また幸せはどういうことかを子供なりに始めてこの絵本で感じ取ったのだと思います。抽象的な幸せという言葉を物語と構図をマッチさせ、工夫したこの絵本は主人公の「ちいさいおうち」と同様に何代も何代も人々から大切に愛され続ける本であろうと思います。古典中の古典です。

    投稿日:2003/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ちいさいおうち」のみんなの声を見る

「ちいさいおうち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなかぶ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / よるくま / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット