宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

しめかざり」 はなびやさんの声

しめかざり 作・絵:森 須磨子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年12月
ISBN:9784834025941
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,141
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く
  • 伝えていきたい文化

    昨年の末、しめかざりを作る体験をしました。

    この本に出てくるように、青いうちに刈り取った稲穂を使ってです。

    縄をなうというのが、しめかざりやわらじを作る時の基本だと思うのですが、その動作が慣れていないとなかなか難しかったです。

    なわがなえればその後は割合簡単にしめかざりができます。

    この本の中にはいろんな地方のしめかざりのバリエーションが出て来ます。

    私が作ったものは、この本だと岐阜県のものに近かったです。

    自分で作るというのは、なかなかない経験だと思いますが、一度作る機会が子どもたちにもあるといいなあと思いました。

    この本の中には作り方も書いてあるので、稲わらが入手できたら作ることにチャレンジしてみるのもいいと思います。

    子どもたちには、こういう本があることも同時に伝えていきたいです。

    投稿日:2013/01/20

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「しめかざり」のみんなの声を見る

「しめかざり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / くだもの / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット