話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

世界で一番の贈りもの」 レイラさんの声

世界で一番の贈りもの 作:マイケル・モーパーゴ
絵:マイケル・フォアマン
訳:佐藤 見果夢
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784566050709
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,216
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く
  • 1914年のクリスマス休戦

    • レイラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    がらくた屋で見つけた古い机を修理すると、
    開かなかった引き出しから手紙が1通。
    それはジムからの最後の手紙。
    そこには戦場の様子が綴られていたのです。
    第1次世界大戦のさなかのクリスマスの朝、
    イギリス軍のジムは、敵であるドイツ軍からの「メリークリスマス!」の声を聞きます。
    やがて両軍の兵士達はクリスマス休戦とばかりに一緒に宴会を始めるのです。
    兵士は誰だって戦争が終わって家族のもとに帰りたい。
    そんな想いが手紙に切々と書かれてあるのです。
    「ぼく」は宛先のジム・マクファーソン夫人である101歳のコニーを訪ねます。
    実話に基づいたお話ということでとても説得力があります。
    戦争の中での真の人間の想いが伝わってきます。

    投稿日:2006/01/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「世界で一番の贈りもの」のみんなの声を見る

「世界で一番の贈りもの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おおきなかぶ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット