ぼんやきゅう ぼんやきゅう
文: 指田 和 絵: 長谷川 義史  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
亡くなったひとたちと、いまを生きているものとの交信、それが、盆野球。

ふたごのひよちゃんぴよちゃん はじめてのようちえん」 てぃんくてぃんくさんの声

ふたごのひよちゃんぴよちゃん はじめてのようちえん 作・絵:バレリー・ゴルバチョフ
訳:なかがわ ちひろ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年01月
ISBN:9784198621247
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,946
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く
  • 入園児の心理

    この「ふたごのひよちゃんぴよちゃん」が大好きな娘。『はじめてのすべりだい』も図書館で引っ張り出してくること複数回。
    これも目をらんらんと輝かせて聞いていました。

    初めての幼稚園。幼稚園は楽しいところってお母さんは言う。すぐにお友達ができるわよって先生は言う。
    だから勇気を出して「あそぼ」と声をかけたのに、返って来る返事はいつも「しーっ」。
    幼稚園って楽しいの? なかなか友達できないね?

    そんな双子ちゃん。どうして「しーっ」って言われるかわかるかな。わかっていこうね。
    今春から年中に進級の娘、わかってるか。そろそろわかろうね。
    あるきっかけで、友達ってこんなものと実感し、園にも楽しさを見出していく双子ちゃん。
    私は数ある入園絵本の中でもわりと心理効果が大きいと思ったのですが、2学期になってお部屋へ入るのを嫌がった娘は、入園当初は毎日楽しく登園していたためか自分と重なる部分はなかった様子。
    入園児の園生活をよく表していると思うのだけどなぁ。双子ちゃんの緊張がよく伝わってくるのだけどなぁ。

    話は気に入ったらしく、なんと一度聞いただけの話を読み聞かせ返ししてくれました。
    これって異年齢保育なのでしょうかね。私は娘の園生活と重ね合わせて読みました。

    投稿日:2007/03/01

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ふたごのひよちゃんぴよちゃん はじめてのようちえん」のみんなの声を見る

「ふたごのひよちゃんぴよちゃん はじめてのようちえん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / だるまさんが / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット