おつきみおばけ おつきみおばけ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
お月見の夜、おばけの子は泣いているうさぎの子をなぐさめてあげようと、おばけの子はお月見団子に化けてあげました。すると・・・。

1はゴリラ」 トゥリーハウスさんの声

1はゴリラ 作:アンソニー・ブラウン
訳:さくま ゆみこ
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年06月20日
ISBN:9784001112399
評価スコア 4.82
評価ランキング 195
みんなの声 総数 10
「1はゴリラ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 霊長類愛!

    数の本といえば、息子に人気があるのはエリック・カール。
    でも、本当にアンソニー・ブラウンのこの数の本も
    それに勝るとも劣らなく、とても良いです!

    1〜10の数が見開きで出ていて、その数だけ、ゴリラ、オランウータンを始め、
    さまざまな霊長類を描いています。
    愛情が込められ、その霊長類たちの表情がとてもいいのです。
    アンソニー・ブラウンの絵本を読むと、登場人物の表情が私はとても好きなのですが、この本でもとてもいいです。

    割合に大型な絵本なので、結構迫力があります。
    そして、10のワオキツネザルが終わると、
    なんとアンソニー・ブラウンさんの自画像があり、
    その次の見開きに、さまざまな人種の人々が出ています。
    それが、とても温かい。人類愛だけでないのが、とてもいいです。

    2歳半の息子も、ワオキツネザルのところは「サンシャイン水族館で見たねー」などと喜んで見ています。

    この人の絵本は、やはり好きだなー。

    投稿日:2013/09/29

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「1はゴリラ」のみんなの声を見る

「1はゴリラ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『焼けあとのちかい』<br>半藤一利さん 塚本やすしさんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット