100にんのサンタクロース 絵本+クレパス12色セット 100にんのサンタクロース 絵本+クレパス12色セット
作: 谷口 智則  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
絵本「100にんのサンタクロース」とクレパスのスペシャルセット!
クッチーナママさん 40代・ママ

これ欲しい!
「100にんのサンタクロース」は、子供…

ものぐさ太郎」 hime59153さんの声

ものぐさ太郎 文:肥田 美代子
絵:井上 洋介
監:西本 鶏介
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年10月31日
ISBN:9784591089026
評価スコア 3.33
評価ランキング 44,561
みんなの声 総数 2
「ものぐさ太郎」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 想像以上の出世物語

    立派なお屋敷があるのに、わざわざみすぼらしい小屋を建てて住んでいる。
    名前は「ものぐさ」ですが、変わり者という方が合っている人物のようです。

    変わり者なだけなので、日常全般のことはめんどくさいからしない。
    けれど自分の興味があることにはどんどん突き進んでいく。
    その落差は常人には理解しがたいものではあるけれど、出世の努力を怠らない貴族や教養ある姫には、ものぐさ太郎の才気を感じ取っている。
    だからものぐさ太郎は立身出世していった・・・ と、努力次第で誰しも立身出世出来る、というお話なのかなと思っていたのですが、最後の最後で、高貴な生まれだったということが判明。
    だから気品があり、才能もあり・・・ということに。

    何だか凄い展開になってきたなぁと思いました。

    ここから『寝太郎』の話が派生して、怠け者も努力次第で成功をつかむことが出来る、という昔話が各地に出来ていったとのこと。
    それを考えると、元の話にこの位はっきりとしたビフォー・アフターがあるからこそ面白く感じられて、似たようなお話が出来たのだろうなぁと思いました。

    投稿日:2019/07/09

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ものぐさ太郎」のみんなの声を見る

「ものぐさ太郎」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はじめてのおつかい / どうぞのいす / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット