ナージャの5つのがっこう ナージャの5つのがっこう
著: キリーロバ・ナージャ 絵: 市原 淳  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
どんな教室だったらたのしいと思う? 読んでみよー、考えてみよー!

サカホコセブンさんの公開ページ

サカホコセブンさんのプロフィール

ママ・30代・鹿児島県

サカホコセブンさんの声

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい リアルな電車がすてきです  投稿日:2010/05/30
しゅっぱつ しんこう!
しゅっぱつ しんこう! 作・絵: 山本 忠敬
出版社: 福音館書店
母と娘が「特急列車」から「急行列車」,「普通列車」と乗り換えて田舎のおじいさんのところまで行くという内容なのですが,描かれている電車がリアルで細かい描写でびっくりしました。
また都会から田舎へと続く景色もすばらしかったです。

列車を乗り換えるたびに「しゅっぱつしんこう」という台詞がでてくるのですが,娘は大喜びして一緒「しゅっぱつしんこう」とさけんでいました。
うちの娘って電車がこんなに好きだったんだと知った一冊です。

電車が好きなお子さんにはおすすめの一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 帽子をかぶりたがらない娘に  投稿日:2010/05/30
すきすきぼうし
すきすきぼうし 作・絵: スギヤマカナヨ
出版社: 福音館書店
ちょっとでも帽子をかぶってほしいと思い選びました。
効果はてきめん☆
読み終えるとすぐに,自分の帽子を探しはじめ,「ぼうし,ぼうし」と言ってかぶってくれました。(でもしばらくしたら,やっぱり厭になったらしくとっちゃいましたが)かぶろうという気になっただけ,よかったです。

最後にある,どの帽子が好き?というページが娘のお気に入りで「どれ?」と自分で聞いて「これ!」と自分で答えているのがおかしくて楽しかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一緒に乗ってるねこちゃんもかわいい  投稿日:2010/05/30
のって のって
のって のって 作・絵: くろい けん
出版社: あかね書房
乗り物がすきな娘が大好きな絵本です。
自分の三輪車にのりながら「のってのって〜」
公園のリスの乗り物にのっては「のってのって〜」と真似していました。

さいごに「さあつぎはどれにへんしん?」と,いろんな乗り物が出てくるページがあるのですが娘の乗り物好きに火をつけてしまったらしく全部の名前をしりたがり「これ何?」と質問攻めで困りました。
調べて自分なりに教えたら,「タンクローリー車」という言葉を覚えてしまい,一歳8カ月くらいで走っているのを指さして「タンクローリー車」と言って歩いている方からからびっくりされました。

個人的には,けんちゃんの後ろに乗っているねこちゃんが,乗り物によって微妙に表情を変えていて,とってもラブリーなのがお気に入りです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う びっくりしました  投稿日:2010/05/30
レインボウブックス リズム
レインボウブックス リズム 作・絵: 真砂 秀朗
出版社: 三起商行(ミキハウス)
図書館の読み聞かせの会で読んでいただきました。
娘は6か月くらいで周りの子も同じような月齢だったのですが,この絵本を先生が読み始めると,全員がぴたっと動きをとめ絵本に見入ったのでびっくりしました。
ストーリーはないのにこんなおもしろい絵本があるんだと絵本に対する考えが変わった一冊でした。

その後,図書館で借りて自宅で読んだのですが,娘は言葉の響きがおもしろいらしく,「おうおう」といいながら喜んでいました。絵本を読んでいて反応があるのは読むほうとしても楽しいので,なかなか反応が見えにくい0歳さんにはおすすめだと思います。

また先生の読み方,私の読み方,夫の読み方とそれぞれ読む人で違うのでそれもおもしろかったです。夫が娘に読み聞かせるのを聞くと,ちょっと日本の祭りの掛け声みたいで笑っちゃいました。
参考になりました。 4人

自信を持っておすすめしたい 超合金じゃないロボット  投稿日:2010/05/30
ロボット ボット
ロボット ボット 作: こかぜさち
絵: わきさか かつじ

出版社: 福音館書店
ボールが飛んできて当たったら「ガラガラガッシャーン」とばらばらになってしまうちょっと弱めのロボットたちなのですが,とてもラブリーで娘は大好きでした。
おおげさにロボットの「ガローン,ガローン」といった音を読むと娘も一緒にマネして娘は大喜びしてました。
いまだに図書館で見かけると「ロボットボット,おっとっと」と言って本棚からひっぱりだします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 2冊持っています(笑)  投稿日:2010/05/29
しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
子どもは一人なのですが二冊持っています。
一冊は先輩ママから,そしてもう一冊は義理の母から別々にいただきました。絵本の「定番」なんだなぁと思いました。

最初は正直,二冊いただいてもなぁと思ったのですが,いただいてよかったです。娘が最初に大好きになった絵本で,何度も何度も読み返しているので一冊目がくしゃくしゃになってしまったからです。
あんまり何回も読んだので私は暗記してしまいました。
娘もおままごとセットで遊ぶときに,「こなはふわふわボールはごとごとだれかボールをおさえてて〜」と言いながら遊んだりしてすごくかわいいです。
またホットケーキを作るだけではなく,お皿を洗うシーンが入っているので,普段の生活で娘がお皿を洗いたがったりして,「片づける」ということを自然に覚えるんじゃないかなぁと思います。
参考になりました。 1人

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

なかやみわさん×絵本ナビ代表・金柿秀幸 対談インタビュー

出版社おすすめ

  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット