キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

アラピカよっちゃんさんの公開ページ

アラピカよっちゃんさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、男の子7歳

アラピカよっちゃんさんの声

23件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 降るかもしれない雪の前に  掲載日:2018/2/18
こうくんとちいさなゆきだるま
こうくんとちいさなゆきだるま 作: はせがわ さとみ
出版社: 小学館
昨年末からはじめた読み聞かせ活動の
はじめての読み聞かせに選びました
実は絵本が苦手な息子ですが
みんなで聞く読み聞かせの時間は好き

そんなことからはじめた読み聞かせですが
まず息子に何冊か読み聞かせたら
これが一番真剣に最後まで聞いてくれて
(苦手な絵本は聞く耳もたない)
それでその後小学校の息子のクラスの子らに
自信を持って読み聞かせしまし

ここでもみんな最後まで静かに聞いてくれて
子供の表情が絵本の描写に合わせ
変わるのが本当にかわいくて
絵本の世界に入り込んでいく感じしました

主人公の男の子が息子らと同じくらいの子で
季節も同じ冬、雪が降るのを楽しみに待つ
という気持ちも、共感できた要因でしょうか
気持ちが入りやすくなっている絵本です

読み聞かせするにも割りと大きめのサイズ
とあって、後ろめの子も見やすい利点もあり
また、絵もわかりやすくかわいいものなので
雪だるまのかわいらしい描写とすごくあっている
という、これも楽しいポイントだったとおもいます

これから降る・・・かもしれない雪や冬の季節が
楽しみなりそうな、できそうな、季節を思っい切り
楽しめそうな、夢のある、夢も実現できそうな、
素敵な絵本でした
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい わかりやすくて伝わりやすい  掲載日:2018/2/5
かっくん どうしてボクだけしかくいの?
かっくん どうしてボクだけしかくいの? 作: クリスチャン・メルベイユ
絵: ジョス・ゴフィン
訳: 乙武 洋匡

出版社: 講談社
小学校一年生の読み聞かせにする絵本を選んでいて
イラストのかわいさにひかれたのと、「どうしてぼくだけ・・・」
の小見出しに醜いアヒルの子を連想し選んだのがはじめ
その後、もと絵本が苦手な息子にも読んだら好評でした

主人公かっくんは、自分がほかの子と違うことがわかっても
みんなと合わせようとしたいという気持ちのある子です
でも頑張っても身体のつくりがちがうのでうまくいきません
かといって周りのみんなは合わせてあげようとはしません
ここでおもったのは、かっくんはみんなより大人だなって

みんなは、一人で違うかっくんに合わせられないけれど
一人で違うかっくんは、みんなに合わせようとしている
(で、はじめ連想した「みにいアヒルの子」とは違ったかな)

さらに自分だけ違うがゆえにみんなにあわせると、せっかくの
いいところも見えなくなってしまい、どんどん影のうすい存在
になってしまうんですけど・・・

そんなかっくんがみんなの危機なときに、みんながもってない
自分でもわからなかった隠れた才能ともいうものが発揮され
結果、みんなを助けてあげることもできました

それからかっくんはヒーローです
みんなもかっくんに合わせて、じゃなく、一緒に・・・

「みんなと違うからいい」とも思える気持ちがよい話です
前向きなかっくんのおかげで話が暗くならないというか
かっくんのパパやママが大事に育てたからかなと思える

みにくいアヒルの子の話は、親にも見捨てられていたから
似ても似つかない話でしたね

子供がこの絵本がよかったと思えたのはきっと
共感できる部分を見つけたとおもうので、よかったかな!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ギフトに  掲載日:2017/8/20
でんしゃのずかん
でんしゃのずかん 作: 五十嵐 美和子
監修: 近藤 圭一郎

出版社: 白泉社
電車好きな子供がおばあちゃんからプレゼントしてもらった絵本
キレイな絵で描かれた路線ごとの車両は写真ずかんより夢がある
子供にもわかるみたいでずかんより気に入っているようす
6歳にもなると路線ごとの車両デザインを覚えたりするようで
よくこの絵本ずかんをめくってはしらべている
路線ごとに車両が並んで描かれているのでとても見やすい
子供が「しらべてみたい」とおもったら自分でしらべられるくらい
わかりやすい本だから、はじめて自分で探してしらべるの勉強になる
いろいろなことがこの絵本からは学べる
ただのでんしゃずかんではないとおもう
自信を持ってオススメできる
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あかの認識  掲載日:2016/1/20
あかのほん
あかのほん 著: 五味 太郎
出版社: 復刊ドットコム
五味さんの絵が大好きですがこの絵本の言葉のおもしろさもまたアイデアマンだな〜とほかの絵本にはないものを感じさせます
この絵本を読んでわが子、4歳のころまでずっと「あか」と「あお」の認識を間違っていて、なかなかなおせなかったことおもいだしました
この絵本読んでいたらもっと早くなおせたかもっておもいました
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 白色の説明に困ったとき  掲載日:2016/1/20
しろのほん
しろのほん 著: 五味 太郎
出版社: 復刊ドットコム
五味さんの絵本をしったのが幼稚園の面接のときで、子供が園長先生にテストされた教材のひとつでした、以来、五味さんの絵のよさをしり、絵本の楽しさをしりましたが、こちらの絵も素敵でタイトルはなにもない白だけど、いろんな色が使われ、いろんな絵が出てきてとてもたのしく見ていてきれいです、子供はよく絵を描くとき、白色の使い方に悩みます、白色の色の説明って赤や青にくらべてすることがないぶん、こうした絵本で教えてあげるのはいいなあとおもいました
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供に与えたい言葉  掲載日:2015/11/6
ともだち
ともだち 作: 谷川 俊太郎
絵: 和田 誠

出版社: 玉川大学出版部
さすがとおもいました、谷川さんの言葉、子供に与えたい!わが子、発達に問題あって、あいまいな言葉を理解できません、でも谷川さんの言葉でなら、わが子もすっと受け入れられる、この春から通園していて、お友達のこと大好きだけど、お友達の行動がよく理解ができないみたいで私に言ってくる、そうおもったらまだ5歳だけど、読み聞かせしてこの言葉で教えてあげたいっておもいました、挿絵もかわいくて、何より谷川さんの言葉のようにわかりやすい!また子供がお友達の行動が読めずに困っていたらすぐに読んであげたいです
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵などんでん返し  掲載日:2015/11/5
おばけのケーキ屋さん ひみつのねがいごと
おばけのケーキ屋さん ひみつのねがいごと 絵・文: SAKAE
出版社: マイクロマガジン社
絵本との出会いは病院の図書コーナーでした、普段は絵本を読んでと言わない息子なのですが、なぜか待合室などではよく読んでと言ってきます、おままごとや食べ物のことがすきな息子はおいしそうな話?シェフ帽とたまごのような女の子の挿絵がそうおもわせたのか持ってきたので、わたしもそんなところの話なのかとおもって読み進めてゆきました、が、もうびっくりしちゃって、そこが病院であることも忘れ感動して涙が出そうになり一生懸命こらえたりと忙しかった、何せ読み聞かせしているのでそれは大変で・・・これは絵本の世界とわかっていてもです、さて、子供はといえば、そんな私をきょとんとしていた様子で見ていて、まだこうした人間模様は人生経験がないので難しいかとおもいました、でも違う部分で楽しさを見出していた様子、親子で読んで感動場面が違ってもそれぞれが楽しめるから、親子で読めるおススメな絵本!読み聞かせるだけなんてつまらないから、読んで自分も楽しめて感動できるのですから最高にいい絵本です
参考になりました。 0人

ふつうだと思う りゆうがあるならきいてみたくなる本  掲載日:2015/3/29
りゆうがあります
りゆうがあります 作: ヨシタケシンスケ
出版社: PHP研究所
ひきよせられるタイトルです
子供がどんなことを考えているのかちょっとしりたい大人の人向きかとおもいました、というのもわたしの頭が固いのか、はじめは読んでいて子供が真似したらいやだなあという行動があって最後まで一緒に読んでいいのか迷い〜そうおもいながらも最後まで一緒に読んでしまいましたが、真似するようなことはなかったので結果子供の視点と親の視点が違うのでよかったですけど〜絵本を読んいると、もしかすると幼少のころ自分だってそんなことを考えていたかもしれないとおもうふしがあるのでなるほど〜ともおもいました、読み終わってわたしも子供にきいてみたいことができました
「どうして道路の白線の上を歩こうとするの?」
と言うと興味ぶかい答えが返ってきたのです、まさに主人公の男の子の理由みたいに・・・
「それはね、僕は電車なんだ、白い線は線路なんだよ、だからはずれてはいけないんだ」
ということです、子供のやることで大人からしたらだめなことでも、もしかしたら全部理由があるのかな?って思えたら、子供にダメって言う前に理由をきいてみようっていう気持ちが芽生えました
りゆうがありますは単なるへりくつの本とおもえばそれだけになりますが、子供によりそってみようと大人に気持ち改革をさせてくれる本かも?しれません
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 初めて出会う一緒に読める本  掲載日:2015/3/26
たぶん ほんと マッシュノートのおしゃれ絵本
たぶん ほんと マッシュノートのおしゃれ絵本 文: 間部 香代
絵: ナタリー・レテ

出版社: マッシュノート
大人っぽい挿絵だったせいか子供ははじめ躊躇していました

シンプルなようでどこか遊びが入っているような言葉と
洋風な絵画のような挿絵
挿絵があるからこそ言葉の奥深い意味も読み込めるような
どちらもあってなりたっている本物の絵本
よく絵本を読んだとき「子供と一緒に読んだ」といいますが
ここまで一緒に読める絵本はないとおもうのです
子供にもわかりやすくだけど大人が読むとハっとするようなこともあって
きっと親子で違うところに共感しながら読んでいるのかしらと思ったりも
例えば子供と同じ疑問を投げかけられたことがかいてあって
私はそこで、こんなふうにこたえたらいいのねえと参考になったりして
子供はそこで、こんなことだったんだなあと回答が見つかったりして
共感するところは対照的なくらい違うのに一緒のものを読んでいる
そんな絵本はこちらが初めて
読み終わったあととても新鮮ですっきり、そして感動もあります
特にどうしてママになったののお話は感動です
子供もこの部分は特に好きなようでした
きっと「僕のおかげ」とでも思っているでしょう(笑)
子供もこの絵本に夢中でした、また読みたがりました
私も子供が成長するごとに一緒に読んでみたいと思えます
なんだか特別な絵本になりそうです


参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 小さな反抗期の子供へ  掲載日:2015/3/25
イーヨとヤーヨ
イーヨとヤーヨ 作: ささき まゆ
出版社: 是之堂
イヤイヤ期といってもわが子4歳
幼児期の反抗期という感じかもしれない
「わかった?」ときくと「わからない」とか全部反対に返す
そんな子供にタイトルだけみて想像の内容で読んであげたくなった絵本
その反応、よかったです
絵本に出てくる動物!?名前も言う事も反対
よく見れば耳もお口も上がり下がりで反対
子供にも対照的なこのキャラクターがわかりやすくて入りこみやすい
読んでいるとリズミカルになるのも対照的だからどんどんしりたくなる
その結末は・・・結構幸せな気分になる
イーヨといいすぎてしまう自分
ヤーヨといいすぎてしまう自分
二つとも自分にあるものかもしれない
でもどっちかに偏ってしまっているときもある
時によいことも時によくないこともある
などなど大人になってもそうゆう壁にぶつかりそうでありそうなこと
そんなありがたーいことを子供にもシンプルに教えてくれる本
もう一度読みたい、読んで、といった子供の反応
確かに心に響いたようです
参考になりました。 3人

23件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

mpiオリジナル絵本・アクティビティブック インタビュー

出版社おすすめ

  • うさぎマンション
    うさぎマンションの試し読みができます!
    うさぎマンション
     出版社:くもん出版
    うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに

全ページためしよみ
年齢別絵本セット