いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

うのかさんの公開ページ

うのかさんのプロフィール

パパ・50代・熊本県

うのかさんの声

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい これでパパも魔法使いに!  投稿日:2005/01/24
サーカスがやってきた
サーカスがやってきた 作・絵: よぐちたかお
出版社: 福音館書店
絵本屋さんの店長さんに薦められました。マジックフィルムで大人もビックリ!の絵が動く絵本ですが、絵本屋さんの店長さんから、「読んであげるときは、『これからパパが魔法をかけるぞぉ〜っ!』って言ってからマジックフィルムを動かすんですよ。」とのアドバイスを受けたので、家に帰ってそのとおりに実行! 
娘の目が輝く、輝く。だって、パパだって不思議なくらい、絵が大胆に動くんだもん。
しかし、しかし、「これ、するぅ。」と言って、娘にマジックフィルムを取り上げられてしまい、パパが魔法使いになる夢ははかなく消えたのでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人も勉強になっちゃった!  投稿日:2005/01/05
かさぶたくん
かさぶたくん 作・絵: 柳生 弦一郎
出版社: 福音館書店
2歳半の娘にはまだ早いかなぁと思いながら、本屋さんで手に取ったら面白そうなので買って帰りました。
で、心配は杞憂に終わりました。全部はまだまだ理解していないだろうけど、これまでの絵本とは趣向が違って、自分の身体に、これまでも何回もできた「かさぶた君」がテーマなので、興味津々。
大人にとっても、完全文系人間のパパは、血は血管が壊れるので流れるまでは理解してたけど、「痛いっ!」のは神経が壊れるからなんだって知らなかったよ!!もっとも医療系職種のママにちょっと馬鹿にされちゃったけど・・・(自爆)
娘もどこまで解ったかはともかく、年末年始にばあばの家に行くために飛行機に乗るときに、「かさぶたくん、持ってくぅ〜っ!」って気に入っているようだし、「かさぶたくん、取っちゃ、だめよぅ〜〜っ!」って言ってるし、だんだん解るようになるかな?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おどろき!ホントに手紙が入ってる!  投稿日:2004/11/29
ゆかいなゆうびんやさん
ゆかいなゆうびんやさん 作: ジャネット・アルバーグ アラン・アルバーグ
絵: ジャネット・アルバーグ アラン・アルバーグ
訳: 佐野 洋子

出版社: 文化出版局
パパ絵本プロジェクトじゃないけど、飲みに行った日には絵本を買って帰ることにしている僕。(月1回の毎月第3金曜と飲みに行く回数と、どちらが多いかはヒミツ! 笑)
飲み会の前に本屋で偶然、手にとって、これは娘のツボにハマルはず!と即ゲット。だって、ホントに手紙が入っているんだもん。しかも、大人が読んでもその手紙が面白い!!
娘は1歳半頃から手紙・ハガキに興味を持ちだし(当然、中身は読めない・・・)、自分のところに手紙がなかなか来ないので、最近は東京の「ばあば」から月に1回くらい手紙を送ってもらっている始末。
さて、飲み会から帰って、娘が包みを開ける(っていうか破る)。「パパ、読んでぇ〜っ。」・・・『来たきた』・・・ページをめくるために、封筒から手紙を取り出して「○○○さまって書いてあるよ〜っ」「お手紙、もういっかい!」などなど・・・『やったぁ、ウケたぁ〜っ!』
エリック・カールもよく驚かされるけど、この本もグーです。しかも、絵もホンワカしているし、文の内容も面白いし・・・オススメです。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 泥棒さんが「すてきな」わけ  投稿日:2004/10/28
すてきな三にんぐみ
すてきな三にんぐみ 作・絵: トミー・アンゲラー
訳: 今江 祥智

出版社: 偕成社
「すてきな三にんぐみ」って、ページをめくると怖そうな泥棒さん達。娘も「怖い、怖いねぇ。」を連発。でも「すてきな」理由が、大きな展開の中で解っちゃうところがスゴいと思いました。三にんぐみの塔が立っていて、みんなの記憶に残り続ける所なんて秀逸です。そうだよねぇ、お金儲けが好きな大人は多いけど、お金が沢山あっても何に使うのかなぁ。広い家を買って、良い車に乗って、美味しいものを食べて・・・いつかはクラウン、いつかはベンツ、いつかは六本木ヒルズのマンション、そんな右肩上がりの価値観にハッとしてしまう、むしろ大人にとって気づきのある絵本かもしれません。
もっとも、2歳の娘は福祉的な概念はまだまだのようですが、「怖い」から「幸せ」に展開するのは解るようで、「すぅてきなさんにんぐみっ!」と節を付けて歌ってます。このところ一週間くらい連続でこれを「よんでぇ」と持って来るくらい、お気に入りになってます。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 流行に乗ってみました  投稿日:2004/10/19
うずらちゃんのかくれんぼ
うずらちゃんのかくれんぼ 作: きもと ももこ
出版社: 福音館書店
このページで各オンライン書店品切れとされていましたが、先日、増刷されたばかりと思われるモノが書店で山積みされていましたので、即Get!
「もーいーかい。」「まーだだよ。」・・・「どこにかくれたのかな?」って、その前に娘は指差しているのでした。(早いよ、おいっ。笑。)
「パパお月様とって」や「えんそくバス」などはツボにはまりまくったものと比較して、ちょっと娘のツボにはまらなかったかな?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 10月にはピッタリ!!  投稿日:2004/09/30
よーいどん!
よーいどん! 作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: 童心社
4月から保育園にデビューした2歳の娘は、再来週の初めての運動会にドキドキッ!ワクワクッ!の様子。
「まってた、まってた、うんどーかい。わーい、わーい、しろぐみだぁ。かけっこだって負けないぞっ、ふれっ、ふれっふれふれふれっ。」という運動会の歌を、よく回らない口で歌ってくれます。
そんなわけで、先週、この絵本を購入しましたが、さらに運動会への期待に胸をふくらませる結果に・・・「えんそくバス」も大受けでしたが、これもお気に入りに。更に早速、保育園で「よーい、”う”どん!」を披露して、初ギャグに周りが受けるので喜色満面の様子。
それにしても、運動会当日が天気になるといいなぁ。
参考になりました。 0人

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット