くろくまくん トイレで ち〜! くろくまくん トイレで ち〜! くろくまくん トイレで ち〜!の試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版
むずむず・もじもじのくろくまくん。トイレに行ったら、すっきり・さっぱり! トイレが楽しくなる絵本!

男性保育士さんの公開ページ

男性保育士さんのプロフィール

せんせい・20代・大阪府

男性保育士さんの声

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 読み聞かせを行いました  投稿日:2004/11/18
おしゃぶりだいすきニーナちゃん
おしゃぶりだいすきニーナちゃん 作: クリスチーヌ・ノーマン・ビールマン
絵: マリアンヌ・バルシロン
訳: 山下 明生

出版社: 佼成出版社
同じ作家の『おしゃれだいすきエリエットひめ』よりも数倍おもしろいと思います。(『おしゃれだいすきエリエットひめ』は個人的には驚くほどおもしろくないのに、これはかなりおもしろいのが不思議)

おしゃぶりをくわえたまま働いたり結婚したりするの?というところが子どもの想像力を刺激するようで、保育園で読み聞かせを行った時は、2〜5歳までクスクス笑いながら見ていました。
「えぇ!?そんなんおかしいやん!」とかいいまくりです。

結婚する時もウエディングドレスを着ながらおしゃっぶりをする、というイラストがお気に入りで購入しました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 読み聞かせを行いました  投稿日:2004/11/18
かようびのよる
かようびのよる 作・絵: デヴィッド・ウィーズナー
訳: 当麻 ゆか

出版社: 徳間書店
不定期ですが、保育園で火曜日限定で読み聞かせている(見せてるだけ!?)絵本です。

出欠確認の時、同時に今日の日付と曜日を教えるんですが、それが火曜日ですと、子どもたちは「あ!かようびのよるや!!」とおおはしゃぎです。

内容は見てもらえばわかりますが、火曜日の夜に不思議なことが起こるのです。
字が少ない分、じっくりとページを見開き、無言で子どもたちに見せているんですが、みんな隅々まで絵をながめています。

いつしか火曜日という概念が「かようびのよる」という概念に変わってしまうほど、子どもたちが大好きな絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 読み聞かせを行いました  投稿日:2004/11/18
ママ、あててみて!
ママ、あててみて! 作: 末吉 暁子
絵: 林 明子

出版社: 偕成社
クイズ形式で次から次へと赤いものが出てくる絵本です。

女の子が言おうとしている赤いものを、母親が見事にはずしていき、最後にようやく言い当てることができるといった内容なんですが、子どもたちに読み聞かせたら、これがまぁ見事に絵本の中の母親同様ひっかかってくれるんです。
その様子が読み聞かせをしていて楽しかった絵本でした。

林明子さんのマイナーな絵本の部類に入るととは思うんですが、絵はあいかわらず暖かいです。
林明子さん大好きなら持っていて損はないと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 読み聞かせを行いました  投稿日:2004/11/18
やさいのおなか
やさいのおなか 作・絵: きうち かつ
出版社: 福音館書店
これは保育園で読み聞かせるならかなりおすすめですよ。

シルエットだけで野菜の断面図を紹介し、それが何の野菜か言い当てる、一種ゲームのような絵本です。

これを子どもたちに読み聞かせると大反響の嵐です。
みんな好き放題答えるのが実におもしろいです。
もちろん中には私なんかは気づかなかった細かいところまで見て答えを言い当てる子どももいて、こちらがびっくりするぐらいです。

一度読み聞かせを行ってみてください。
きっと大喜びすることだと思います。
参考になりました。 0人

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

>絵本エイド ―こころにひかりを―

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット