ナージャの5つのがっこう ナージャの5つのがっこう
著: キリーロバ・ナージャ 絵: 市原 淳  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
どんな教室だったらたのしいと思う? 読んでみよー、考えてみよー!

natsukiさんの公開ページ

natsukiさんのプロフィール

ママ・30代・、男3歳 男0歳

natsukiさんの声

19件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ナイスアイデア!  投稿日:2008/11/12
かばくんのほかほかおふろ
かばくんのほかほかおふろ 作・絵: ひろかわ さえこ
出版社: あかね書房
わりとお風呂好きの息子だけど、たまにやたらと入りたくないとグズル時がある。そんなときは、この絵本を思い出して、お風呂にシャボン玉&水鉄砲を持ち込もう♪
これからの寒い季節、湯船に肩までしっかり入って子供とコミュニケーション!親子の楽しい時間がまたひとつ増えた気がします。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う このにおいはこんな色・・・  投稿日:2008/11/12
このにおい なんのにおい
このにおい なんのにおい 作: 柳原 良平
出版社: こぐま社
においを色で表現してるのがとってもイイ!!イラストを見て「これは何の匂いだろうね?」って言いながらページをめくった。この絵本をみて、匂いを色だけではなくて形で表現させるのもおもしろいなって思った。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う シンプルさがウケた。  投稿日:2008/10/04
まるさんかくぞう
まるさんかくぞう 作: 及川 賢治 竹内 繭子
出版社: 文溪堂
丸や三角、四角をはじめ、像や帽子、船なども出てくるだけのシンプルな絵本。ファーストブックにもいいな〜って思った。3歳の息子は、勢いで読んだのが良かったのか、ケタケタ笑ってた。「まる!さんかく!ぞう!! あれぇ〜っ!? ぞうがでてきたよっ! 今度は何がでるんかな?」とか言いながら読むといいらしい。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お兄ちゃんになりたての息子に  投稿日:2008/08/19
がんばる!たまごにいちゃん
がんばる!たまごにいちゃん 作・絵: あきやま ただし
出版社: 鈴木出版
お兄ちゃんになりたての3歳の息子の為に読んであげました。

おにいちゃんになった“たまごにいちゃん”。弟や妹達の前では立派なおにいちゃんなんだけど、ほんとはママに甘えたくてたまごに戻りたいと思っている。
弟や妹ができた時の上の子の気持ちがとてもよく表現されていると思います。期待され、頼られる喜び。でもだからこその不安・・・子どもだけではなく、“おにいちゃんなんだからしっかりしなさいっ!”と、ついつい口に出してしまう大人にも読んで欲しい絵本です。お兄ちゃんになっても3歳である事には変わりないもん、甘えたい時もあるさ!

そして、たまごにいちゃんのお友達が素敵です。たまごにいちゃんの為に自分が真っ黒になってまで一生懸命”殻のかわり”をさがしてくれる。

この1冊にいろんなメッセージが詰まっているような気がします。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 乳児も3歳児も  投稿日:2008/08/18
ももんちゃん ぽっぽー
ももんちゃん ぽっぽー 作: とよた かずひこ
出版社: 童心社
同じ言葉がリズミカルに繰り返されて、ほのぼのと心地いい。
単純で、一見とても小さな子向けの絵本に感じるけど、年少の息子とはページをめくる度に「どこに行くんだろうね?」「どうしたんだろうね?」と、親子の会話が弾みます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 次は何色?  投稿日:2008/06/27
ともとものぱくぱくぱっくん
ともとものぱくぱくぱっくん 作・絵: きたやまようこ
出版社: 主婦の友社
3歳の息子には少し物足りない感じだったけど、「次は何色かなぁ?」って言いながら楽しく読み聞かせる事ができました。
下の子が色がわかるようになったら、兄弟で「次は何色かなぁ?」って読み聞かせごっこでもしてくれるとほほえましいなぁ〜なんて勝手に妄想までしてしまいました(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもより私に大事な事  投稿日:2008/06/26
いいたくない
いいたくない 作・絵: かさい まり
出版社: ひさかたチャイルド
この絵本を知人に紹介された時、子どもの為に読んであげようと思って図書館で借りてきました。
でも、読み進めて行くうち、”これは、子どもより私にとって必要なことだわ”って思うようになりました。

最後の「今日のごめんを明日いいたくない」

このセリフはとても心に響きます。気にはなっているんだけど、いいたくない言葉、「ごめんね」・・・でも、ちゃんと言わなきゃモヤモヤしっぱなし! 私の方が考えさせられました。

さて、3歳の息子ですが・・・読み終わった後に私が「すぐに謝ったらすっきりするね〜」とコメントを言ってしまったのは失敗だったと思う。何度も何度も読み聞かせ、本人に気づかせるべきでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う タイムリーに見つけた絵本  投稿日:2008/06/26
ノンタンこちょこちょこちょ
ノンタンこちょこちょこちょ 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
数日前からねこじゃらしにハマっていた息子。

幼稚園に行っている間に図書館に行ったら、偶然この絵本を見つけて借りてきた。喜ぶだろうな〜って思ってワクワクドキドキしていたら、案の定、幼稚園から帰って来てすぐ「これよんでっっ!!」って持ってきた。

そして、読み聞かせている間はニヤニヤニヤ・・・と楽しそうに見ている。

途中、”こちょこちょこちょ”のところで息子をくすぐったらもうテンション上がりまくり!

これは寝る前の読み聞かせには向かなくなってしまいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 手遊び感覚で  投稿日:2008/06/26
手であそぼう まねっこどうぶつえん
手であそぼう まねっこどうぶつえん 作: 田中ひろし
絵: せべ まさゆき

出版社: ほるぷ出版
ベビーサインにはまっていた頃もあったけど挫折。もうすぐ第2子出産でまたベビーサインでもやろうかなって思っていた時に出会ったのがこの絵本。とてもわかりやすいし、ベビーサインを覚えるより、子どもと一緒に手遊び感覚で手話を覚え、これから産まれて来る赤ちゃんとのコミュニケーションにも利用しちゃおう!って思いました。

子どもも、手遊び感覚で楽しく覚えています。毎日「一緒にやろぉ〜よ〜」と言ってこの絵本を持ってきます。

何冊かシリーズで出ているようなので、少しずつ覚えていけたらいいなって思います。楽しみです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいいくてほのぼの  投稿日:2008/04/16
くまのがっこう
くまのがっこう 作: あいはら ひろゆき
絵: あだち なみ

出版社: ブロンズ新社
イラストがかわいいし、文字数も少ないから借りて読み聞かせてみたら、とってもほのぼのとしていてステキな絵本でした。毎ページがかわいくて飾っておきたいぐらい。たくさんシリーズがでていたようなので、他の作品も楽しみです。
参考になりました。 0人

19件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

出版社おすすめ

  • よるのねこ
    よるのねこ
    作・絵:ダーロフ・イプカー 訳:光吉 夏弥 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    じゃあ、よるは? ねこのよるってどんなかな?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット