新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
話題
PUI PUI モルカー かるた

PUI PUI モルカー かるた(フレーベル館)

『PUI PUI モルカー』の名場面がかるたに! みんないっしょにモルあがれ!

  • 笑える
  • 盛り上がる

安馨さんの公開ページ

安馨さんのプロフィール

ママ・40代・北海道

安馨さんの声

7件中 1 〜 7件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 入園する娘に  投稿日:2014/02/25
ことりようちえんのいちねんかん
ことりようちえんのいちねんかん 作: たかてら かよ
絵: 鴨下 潤

出版社: 講談社
2歳11カ月。もうすぐ入園する娘に、ようちえんの絵本を探しています。今日本屋さんでこの絵本に出会いました。さっそく夜読んでみました。娘は運動会のページとおいもほりがお気に入りみたいで、「かおりもいきたいなぁ」と。ようちえん、心配もありますが、たのしみですね。かわいい絵で一年間の様子を描いていて、たのしい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 冬の絵本  投稿日:2014/02/25
ゆきのひのくまさん
ゆきのひのくまさん 作: いなつぐ かつら
絵: 宮本 忠夫

出版社: 鈴木出版
2歳10カ月。ふゆの季節、雪の絵本をさがしたら、この本に出会いました。とてもあたたかい絵とあたたかいお話です。
読んだ次の日、娘とお散歩する時。
「ママ、もりへいって」と娘が急に言いだしました。
「どうして?」
「ママはこぐまさんのママのように、まきをわって。」
なるほど、この本の話なんだ。
「うちはまきのスドーブではないから、まき、つかえないよ。」
「かおりはこぐまさんのように、まきあつめたいもん。」
なるほど。「はるになったら、もりへいこうね。」
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 面白い絵本です  投稿日:2012/07/21
モーっていったのだあれ?
モーっていったのだあれ? 作: ハリエット・ツィーフェルト
絵: シムズ・ターバック
訳: はるみ こうへい

出版社: 童話館出版
1歳3ヶ月の娘はこの本が大好きです。
初めて見てから一日何回持ってきます。
色は鮮やかで、しかけがあり、
ストーリーもあり、いろいろな動物が出ます。
その動物の声を真似して、読んであけたら、
娘はいつも笑って、大喜びます。
いつも最後のページになると、
並んでる動物を指差して、
私はもう一回真似してから、終わりにします。

うちではお気に入りの一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とてもおすすめの一冊  投稿日:2012/07/05
うずらちゃんのかくれんぼ
うずらちゃんのかくれんぼ 作: きもと ももこ
出版社: 福音館書店
この「うずらちゃんのかくれんぼ」を買って帰ったその日から、
うちの定番になりました。

1歳3ヶ月の娘がすぐ気に入ったようで、
一日何回も、何回も、持ってきて読んでと急かすようです。

絵は鮮やかで、可愛いですし、
言葉もリズムが良くて、
ストーリーが面白くて、
何回読んでいても、微笑むような、
本当に素晴らしい絵本だなぁといつも思っています。

「もういいかい」、「まあだだよ」、「もういいかい」、「もういいよ」、
とても楽しく読んでいます。
娘はもう覚えていたみたいで、
「もういいかい」、「まあだだよ」、
「もういいかい」、「もういいよ」って言ったら、喜んで、
そして、間違いなく、本棚からこの本を引っ張り出します。
いつかこんなに言葉を理解するようになったのかと、
娘の成長に、嬉しくて涙が出そうでした。

とてもお勧めの一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちひろさんの絵が大好き  投稿日:2012/06/20
おふろでちゃぷちゃぷ
おふろでちゃぷちゃぷ 文: 松谷 みよ子
絵: いわさき ちひろ

出版社: 童心社
 最初はちひろさんの絵が好きで、自分のために買った絵本です。8ヶ月の娘はあまり興味を示してくれませんでした。私は好きで、時々読み聞かせていました。娘が1歳になってからかな、いつかしょっちゅうこの本を本棚から引っ張りだして、好きになったみたいです。
 とてもやさしい絵とリズムがいい言葉の絵本です。読んでるとき、思わず微笑むようになります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「あはは」と声を出して笑う  投稿日:2012/06/19
おひさま あはは
おひさま あはは 作: 前川かずお
出版社: こぐま社
この「おひさまあはは」はほかの本と3冊一緒に買ったのですが、
うちの娘(1歳2ヶ月)はこの本だけ選んで、持ってきたのです。
初めて読んであげる時、
最初のページを見て、
娘はおひさまを指差して、笑っていました。

最後の男の子が変な顔がするページになると、
娘も難しい顔になります。
お母さんが来て、男の子を抱っこして一緒に笑うページになると、
娘がホットしたようで、また笑顔になるのです。
この絵本は豊かな感情を育てるんだと思いました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい お気に入りの1冊  投稿日:2012/05/18
みんなでね 改訂版
みんなでね 改訂版 作・絵: まつい のりこ
出版社: 偕成社
 1歳1ヶ月の娘がこの本が大好きです。一日何回も読んでと持ってきています。最初はページをめくるだけでしたが、だんだんまじめな顔がして見てるようになってきました。「みんなでね、まんまたべたの」「ぶーぶーにのったの」「ねんねしたの」のページになると、一緒に「まんま」、「ぶー」、「ねんね」と言います。最初に言いだした時、うれしくて、思わずぎゅっと抱きしめたのです。私にとっても、きっとすばらしい思い出の1冊になると思います。もう暗記して、オムツを取り替えるときとか、ぐずぐずするときに、「みんなでね、まんまたべたの」と言ったら、笑ってご機嫌です。
参考になりました。 0人

7件中 1 〜 7件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

堀内誠一さん生誕90周年連載 50年の時を超えた合作・谷川俊太郎×堀内誠一『ちちんぷいぷい』

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット