新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

TOP500

バーバショコラ

ママ・30代・神奈川県、男の子14歳 男の子11歳

  • Line

バーバショコラさんの声

554件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う それぞれの得意分野で活躍  投稿日:2022/02/28
北守将軍と三人兄弟の医者
北守将軍と三人兄弟の医者 作: 宮沢 賢治
絵: スズキ コージ

出版社: 三起商行(ミキハウス)
さまざまなジャンルの医者である三兄弟。
人間の医者、馬羊の医者、草木の医者。草木の医者って植物を育てるのが得意なイメージかなぁとおもったのですが、かけこんできた将軍は顔から草が生えてしまった状態。
それだけでなく、馬と一体化しておりれなくなってしまっているという事態。
これは三兄弟のうでの見せどころ。
テンポよく進むストーリーと奇想天外な展開に目が離せません。
絵も迫力があり、とても魅力的。何度も読みたいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 世界を旅する  投稿日:2022/02/28
フライングメジャー号 世界一周 空の旅
フライングメジャー号 世界一周 空の旅 作: コマヤスカン
出版社: 講談社
世界な有名各所にフライングメジャー号にのった気分で旅することができます。
歴史的な建造物や遺跡等々、思わず「へぇ〜」といってしまうような情報が盛りだくさん。
空からの景色を楽しむだけでなく、乗組員を探したり、細かいところを見ていくのも楽しいです。
旅行になかなかいけない今の時期絵本で楽しめるのはありがたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ドアのむこうはどうなってるのかな  投稿日:2022/02/27
ドアをあけたら うみのおうち
ドアをあけたら うみのおうち 作: しまだ ともみ
出版社: 東京書店
ドアの窓から見て、ドアの向こうには誰がいるのか何があるのか簡単に予想できるのですが、最初から大はずれ。絶対ペンギンと思ったら全く違う生き物で、そうきたか!次は絶対当てるぞと思うのですが、次もまた予想外な景色が広がります。
子どもと一緒に次はなにかなと予想しあいながら楽しく読みました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おおきくなるということ  投稿日:2022/02/27
くまちゃんが ちいさくなっちゃった
くまちゃんが ちいさくなっちゃった 文: トム・エリヤン
絵: ジェーン・マッセイ
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 光村教育図書
自分よりずっと大きかったくまちゃんぬいぐるみ。だけどなんでかどんどん小さくなっていきます。
洗濯しすぎなのかなと心配する男の子がとってもかわいいです。
成長していく男の子とくまちゃんのぬいぐるみの日々を描いた素敵なお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お友達になるには  投稿日:2022/02/27
おともだちに なってくれる?
おともだちに なってくれる? 著: サム・マクブラットニィ
絵: アニタ・ジェラーム
訳: 小川 仁央

出版社: 評論社
チビウサギ一人でお出かけすると、水たまりにうつったウサギや自分の影ウサギに気づきます。
でもそれよりやっぱり、本物のウサギ友達と遊ぶのが格別に楽しいですよね。
初めて会ったお友達と仲良くなれるかな?
もうすぐ新生活がはじまる冬のおわりにぴったりなお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ずっと大切に  投稿日:2022/02/26
あかいてぶくろ
あかいてぶくろ 文: 林 木林
絵: 岡田 千晶

出版社: 小峰書店
ちびちゃんの両手をいつも温めてくれる赤い手袋。左手右手の手袋はいつも一緒。
でもある日右手袋をおとしてしまいます。
その後の右手袋と、おうちに1つもどった左手袋のお話。
お互いの手袋を思いやる気持ちや、右手袋の新しい持ち主さん達が右手袋を重宝する様子があたたかくほっこりします。別々の場所でずっと大切に使われていくんだろうなと思います。
自分の手袋を大切にしたいなという気持ちになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ハプニングもりだくさん  投稿日:2022/02/26
こんたのおつかい
こんたのおつかい 作・絵: 田中 友佳子
出版社: 徳間書店
こんたくんおつかいを頼まれて、頼まれたものを忘れないようにずっと声に出しながら歩いて行きます。
途中道の分かれ道、一方はいつも通る道、もう一方は通っちゃいけないと言われている道。
いつもの道を通ればいいのに、こうして1人のおつかいの時って冒険したくなるんですよね。見ているこちらとしては、そっちにいくと良くないことが起こるのでは、、、とハラハラ。
おつかい途中に次々と起こるハプニングにドキドキしたり、びっくりしたり、笑ってしまったり。おつかいは大冒険ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大きな挑戦  投稿日:2022/02/23
シェルパのポルパ エベレストにのぼる
シェルパのポルパ エベレストにのぼる 文: 石川 直樹
絵: 梨木 羊

出版社: 岩波書店
エベレストの麓に住む山岳民族シェルパという存在を初めて知りました。エベレストを見て育ち山のことにも詳しくなっていくんですね。
そんな環境で育ったポルパくんがエベレスト山頂に初めて挑戦するお話。
準備の大変さ登山の過酷さが伝わってきます。でもそれを超える感動があります。世界一高い景色を自分の目で見るのはどんな気持ちなのでしょう。下山してきてすぐにまた登りたいというポルパくんの言葉が印象的でした。それほどの魅力があるということですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何回見ても新しい発見  投稿日:2022/02/22
ぼくのがっこう
ぼくのがっこう 作: 鈴木 のりたけ
出版社: PHP研究所
毎日同じ学校、たまにはひと味違った学校だったら?
こんな学校だったらという想定がバリエーション豊かで、本当に面白いです。息子と読みながら、こんな学校だったらどうする?ここからここに飛び込んだら楽しそう等々、思いつくことを言いながら想像して楽しんでいます。
後半は校長先生を探していくのですが、校長先生だけでなく実にたくさんの面白いキャラクターがひそんでいるので、それを見つけるのが楽しいです。
このキャラクターを見つけてねというお題もあるので、親子でどちらが早く見つかるか競争しながら探しました。
読んでて思わず笑ってしまい楽しい気持ちになれます。そして何度見ても、こんなところにこんなものがという新しい発見があるので、息子も毎日寝る前に絵本を開いてみています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 恐竜好きにおすすめ  投稿日:2022/02/21
ベッドのなかはきょうりゅうのくに
ベッドのなかはきょうりゅうのくに 作: まつおか たつひで
出版社: 童心社
ベッドの中にもぐってどんどん進むと、なんとそこはきょうりゅうのくに!いろんな恐竜が次々にでてきます。
一人で眠るのが怖い夜もたょっと恐竜さんのところまで遊びにいってから眠りについたらぐっすり眠れそう。きょうりゅう好きにはたまらない展開ですね!
参考になりました。 0人

554件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『たんぽぽのちいさいたねこちゃん』なかやみわさんインタビュー

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました

全ページためしよみ
年齢別絵本セット