まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

Hana72さんの公開ページ

Hana72さんのプロフィール

ママ・20代・愛知県、男2歳

Hana72さんの声

10件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う はじめの一冊  投稿日:2011/10/26
いないいないばあ
いないいないばあ 文: 松谷 みよ子
絵: 瀬川 康男

出版社: 童心社
出産祝いでいただきました。

絵はとてもシンプルで、単純です。

でもそこが良いんです!

読み手も読みやすいし、
子供も集中して見ています。

コントラストがハッキリしているのも子供が釘付けになる理由かな?

うちの息子は0歳から2歳になった今でもこの本を読むと喜びます。

ただ、最後に女の子がいないいないばぁするんだけど、
そこはインパクトが無くて残念。

でも全体的に見て、良い絵本だと思います。
オススメです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 2ヶ月の息子が笑った!  投稿日:2011/10/26
いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
いっしょにあそぼ しましまぐるぐる 絵: かしわら あきお
出版社: 学研
出産祝いでいただきました。
中はとてもカラフルでかわいいイラストが描かれていました。
赤ちゃんが夢中になるなんて…と、半信半疑で
生後2ヶ月の息子に読み聞かせたところ、
じぃ〜〜っと夢中で見てる!!!
どのページも目を輝かせて見てます!

毎日読んで見せていたある日、
私『ぐるぐるぐる〜ひえひえソフトクリーム〜!』
子『きゃはははっ!!』

わ、笑ってるーー!!!(*´∀`)

ちょっと感動しました!

それ以来、毎回ソフトクリームのページで声を上げて喜ぶ息子。
もちろん、他のページもニコニコしたり、釘付けになって見たり、
かなり反応が良かったです。

また、この本は紙が厚く、破くのが好きな赤ちゃんでも安心です。
角も丸く処理されています。

2歳になった今でもたまに読んでいます。
最近は猫を指さして『にゃーにゃ!』と言ったり、
『あ〜か!』と、色の名前を言って遊んでいます。

とってもオススメです。
私は友達の出産祝いには必ず一緒にこの本を贈っています♪
参考になりました。 3人

なかなかよいと思う とってもリアル!  投稿日:2011/10/26
くだもの
くだもの 作: 平山 和子
出版社: 福音館書店
市からプレゼントで頂きました。

絵は写真並みにとってもリアルです。
0歳のとき、息子はスイカの絵にかぶりついていました(笑)

今2歳になった息子は『まんま〜!』と言いながら
絵をつまんで口にもっていったり、
私に『はい!』と、食べさせてくれます。
とっても感動ですよ(^^*)

まだ果物の名前は言えるものと言えないものがあるけど、
絵がとてもリアルだし、断面図も見れるのでちょっとした図鑑のようにも使えますね。

残念な点は、紙が薄いので
破くのが好きな赤ちゃんには少し注意が必要かもしれません(^^;)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 成長に合わせてながく遊べる絵本  投稿日:2011/10/26
どうぶついろいろかくれんぼ
どうぶついろいろかくれんぼ 作: いしかわ こうじ
出版社: ポプラ社
この絵本は
色、どうぶつ、そのどうぶつの鳴き声が楽しく学べます。

0〜1歳の頃は
『きいろ。動物の王様だよ〜。だれかな〜?』
…(ページをめくる)
『じゃ〜ん!ライオンさん〜!ガオー!!』

という感じに読み聞かせていました。

2歳になった今は
私『これは何色かな?』
子『おれんじ〜!』
私『はなをくんくん、しっぽをふりふり。だれだろう〜?』
子『わんわーん!』
…(ページをめくる)
私『じゃ〜ん!正解〜!わんわんでした〜!』

という感じに読んでいます。
この本は成長に合わせた楽しい読み方ができます。

色名と動物の名前は
英語でも書かれています。
字に興味を持ち始める歳の子にいいですね。

と、この本は紙(ページ)が厚くて破れにくいので、
破くのが大好きな赤ちゃんでも安心です。

おすすめです。
参考になりました。 2人

なかなかよいと思う 昔から愛される定番絵本  投稿日:2011/10/26
じゃあじゃあびりびり
じゃあじゃあびりびり 作・絵: まつい のりこ
出版社: 偕成社
値段も安いし、昔から人気なようなので購入してみました。

中は切り絵?みたいなシンプルな絵本です。
色のコントラストがはっきりしていて赤ちゃんもじ〜っと見ていました。

文字も少なく、絵本を読むのが苦手な人でも読めます。

赤ちゃんは単純な繰り返しの音などが好きらしく、
『かみ、びりびりびり!!』などとても興味深そうに見ていました。

文章が少なく、単純なだけに、
感情を入れるというか、なりきって読むと子供はさらに喜びました。

女性の手のひらを広げたくらいのサイズで、お出かけの時にバッグに忍ばすこともできるし、
紙(ページ)が厚くしっかりしているので、
破きブーム到来の赤ちゃんにも安心です♪
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 可愛い絵本  投稿日:2011/10/26
バスがきました
バスがきました 作: 三浦 太郎
出版社: 童心社
絵と色がとても可愛らしい1冊です。
ストーリーは単純な繰り返しですが、いろんな動物が出てきて楽しいです。

息子は電車やバスなどの乗り物が大好きなので
興味を引くかなと思い購入したんだけど、
人間が乗るバスとは見た目が違うからか、はじめはあまり興味を持たず…。

でも、何度か読んでいるうちにお気に入りの一冊になったようです。

最近は、動物のバスが来ると
鳴き声を真似て喜ぶようになりました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 内容盛りだくさん  投稿日:2011/10/26
1さいだもん にこにこワーク
1さいだもん にこにこワーク 監修: 無藤 隆
編: 幼児ソフト企画開発部

出版社: 学研
本屋さんで見て、内容が盛りだくさんでとても面白そうだったので購入しました。

でもうちの息子はどのページにもいまいち食いつかず、
あまり出番がなかったです。

この子の親である私はとてもいい本だと思っただけに、
残念でした(^^;)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 電車好きな息子へ  投稿日:2011/10/26
でんしゃ
でんしゃ 作・絵: バイロン・バートン
訳: こじま まもる

出版社: 金の星社
息子が電車が大好きなので、買ってみました。

絵と色はブルーナの本のような感じです。

『せんろです』からはじまり、
電車や機関車、踏切、線路を直すおじさんたちなどいろいろ出てきます。

最後は駅に着き、お客さんを乗せて出発します。

息子は『かんかん』と言ったり『ゴー!ゴー!』と言いながら楽しんでいます。

文章が少ないのも読みやすくていいです。
毎日読んでいます。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う おぉぉ!  投稿日:2011/10/26
だ〜れだだれだ!
だ〜れだだれだ! 作: きむら ゆういち
絵: せべ まさゆき

出版社: 小学館
こういうタイプの仕掛け絵本は初めて見ました!

いないいないばぁをしているみたいで楽しいです。
絵も可愛いです。
息子はこの本はストーリーにはあまり興味がなく、仕掛けが気になるようです。

開くのも簡単で、子供でも開けます。
でも、力を入れると簡単に折れてしまいます。

折れてもまだ読みたがる(というか、仕掛け部分でいないいないばぁ遊びしてる)ので、☆4つ。

もう少し丈夫だといいなと思うので☆マイナス1にしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親子で大好きな絵本♪  投稿日:2011/10/26
めくってばあ!
めくってばあ! 作・絵: いりやま さとし
出版社: 学研
ぴよちゃんの可愛さと、
めくって遊べるという点でこの絵本を選びました。

0歳のねんねの頃は、
私がめくっていないいないばぁ遊びのように読み聞かせていました。

1歳近くになり、
指先を使うのが上手になった頃になると、
息子にめくらせて
『上手にめくれたね〜!ちょうちょがいたね〜!』と、一緒に読んでいました。
めくる部分は下からだけではなく、
横からめくったり、上からめくったり、いろんなパターンがあるので考える力にもつながると思います。

2歳になった今でもこの本は大好きで、
『ないな〜い、、、ばぁ!』と言いながらめくったり、
『ぴよぴよ、ねんね〜』と、寝ているぴよちゃんに優しく布団(←めくる部分)をかけてあげています。

この本は成長に合わせた読み方(遊び方)ができ、
買って良かったなと思っています。

ほのぼのしていてとても可愛いし、
紙(ページ)も厚く丈夫です。
女の子にも、男の子にも、とてもオススメです!
参考になりました。 0人

10件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

こんにちは!世界の児童文学&絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット