宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

のりちゃん10さんの公開ページ

のりちゃん10さんのプロフィール

ママ・30代・福井県、女7歳 男6歳 女3歳

のりちゃん10さんの声

19件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい とっても大人気!!!  投稿日:2003/12/06
からすのパンやさん
からすのパンやさん 作: かこ さとし
出版社: 偕成社
私には子供が3人いますが、3人とも必ずこの絵本を保育園で借りてきました。
そして借りてきた絵本は、いつも、ぼろぼろ。
先生が何度も修復したことも良く分かりました。
でも、ぼろぼろだということは、それだけこの絵本は子供たちに大人気なんですよね。
子供たちは、この絵本の中でいろんなパンの絵が書いてあるページを見ると、
必ず、「お母さんは、どのパンがいい?」と聞いてきます。
そして「お母さんは、このパンがいいなぁ」と言うと、
「それは、わたしのだからだめぇ。」
と、言います。
この会話は、3人とも同じでした。
多分、この絵本を読んだことのある家では私と同じ会話をしているのではないですか?
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい サンタさんはいるんだ!  投稿日:2003/12/06
ゆうびんうさぎとしろくまサンタ
ゆうびんうさぎとしろくまサンタ 作: 木暮 正夫
絵: 黒井 健

出版社: ひさかたチャイルド
クリスマスにとてもピッタリの絵本です。
サンタさんがいないと思っている子供たちに、
「サンタさんはいるんだよ。サンタさんが忘れているだけ・・・。」
と、教えてくれる絵本ですね。
子供たちは、大きくなるにつれて自然とサンタさんの存在について分かっていくんだろうけど、
それまでは、サンタさんは絶対いるという夢を持っていてほしいなぁと思います。
ウチの子供たちは、今でも3人とも、サンタさんはいると信じて疑いもしません。一番上は、小3ですよ・・・。
でも、子供たちが信じているその気持ちを、親としては大事にしたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 私も虹にのってみたい  投稿日:2003/12/06
ぴーちゃんにじにのる
ぴーちゃんにじにのる 作: まつい のりこ
出版社: 偕成社
絵本の中で、ぴーちゃんはきれいな虹の橋を渡っていました。
そして、その虹が、最後には空飛ぶ虹色のかさに変身して、
ぴーちゃんはいつでも空を飛べるようになりました。
私は、子供にこの絵本を読み聞かせているとき、
この間、とってもきれいな虹を子供と一緒に見たことを
思い出しました。
虹を見た時は、子供と一緒に
 「あの虹の下をくぐれるかもね」
と、話していたのですが、
この絵本を読んだ後は、
 「この前見た虹、きれいだったね。
  お母さんもぴーちゃんのように虹を渡ってみたいな。」
と、子供に話していました。
このお話しは、私に、夢をくれたお話でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんならいおん好きだなぁ  投稿日:2003/08/20
へんてこライオンがいっぱい
へんてこライオンがいっぱい 作・絵: 長 新太
出版社: 小学館
初めて、このおはなしをよんで思ったのは、「なんて変な絵本なんだ!!!」 でした。
おはなし自体も変なんですが、イラストも一風変わっていて、とにかく目をひいてしまいました。
だけど、何度も読んでいくうちに、すごく味があって、おもしろくて、ついつい子供と「ほ〜んと、変ならいおんだねぇ」と、顔を見合わせて笑っていました。
とにかくおもしろいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ウィンナーみたい。  投稿日:2003/08/20
ワニくんのTシャツ
ワニくんのTシャツ 作・絵: みやざき ひろかず
出版社: BL出版
今日、図書館でこのワニくんシリーズを見つけました。
そして、一番最初に子供読んだおはなしがこれです。
子供は、まずこのワニくんのイラストをみて言ったのが、「ウィンナーみたいなワニだねぇ」
でした。
子供は、ワニのイラストが気に入ったみたいです。
そして、この本を読んだ時、最後に同じTシャツを着たワニがいっぱい出てきた場面で言った言葉が、「このおはなし、面白いなぁ。ワニくんかわいいなぁ」でした。
私も、この本は読みやすいし、イラストもかわいいし、おすすめです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい このシリーズ大好き。  投稿日:2003/08/20
ゆうちゃんとしんくんとへんてこライオン
ゆうちゃんとしんくんとへんてこライオン 作・絵: 長 新太
出版社: 小学館
私は、とにかくこの「へんてこらいおん」シリーズが大好きです。
おはなしの内容やイラストも子供の興味をひきますが、短編のおはなしをいくつも入れている書き方が、ほんとに好き!
子供へ読み聞かせをするのにとても楽です。
また子供は、話しを簡単に暗記して、絵を見ながら自分で本を読みます。
ホントにこのシリーズは大好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 宇宙語の解読が面白い。  投稿日:2003/08/20
ワニくんのふしぎなよる
ワニくんのふしぎなよる 作・絵: みやざき ひろかず
出版社: BL出版
このおはなしは、ワニくんと宇宙人がでてきて会話をするのですが、初めに読んだときは、宇宙人の言葉が○や□などの絵文字で書いてあるので、全部飛ばして、ワニくんの言葉だけ読んでいました。
「な〜んて、ずうずうしい宇宙人なんだ!!」と、思いながら読んでいました。
だけど、最後のページに宇宙語を解読する表があったので、それで、宇宙人の言葉を解読しながら読んでみると、すっごく丁寧で礼儀正しい宇宙人だったんですよね。びっくりしました。
このおはなしは、そんなギャップのあるお話しです。
2通りのおもしろさを味わえるおはなしです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ひげの長いらいおんなんていないよね。  投稿日:2003/08/20
ちょびひげらいおん
ちょびひげらいおん 作・絵: 長 新太
出版社: あかね書房
私の1年生の息子は、この本で読書感想文を書きました。
書く時に、「この本で思ったことはなあに?」とたずねてみると、「変ならいおんだ。こんならいおん、絶対いないよねぇ」でした。
まさしく、私と同じことを、息子は考えていたんですね。
それから、「もしこんならいおんがいたらどうする?」と、聞いてみました。
すると息子は、「合ってみたいなぁ。そしてひげを引っ張ってみたい。そしたら、らいおんは”いたぁ〜い”っていうかなぁ?」とすごく興味ありげでした。
読書感想文も、なかなか面白く書け、また、時間もそんなにかからずすみました。良かったです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う お風呂が楽しくなる本。  投稿日:2002/12/07
ノンタンあわぷくぷくぷぷぷう
ノンタンあわぷくぷくぷぷぷう 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
大人にとってお風呂は体をきれいにするところだけれど、子どもにしてみれば、お風呂は遊び場と一緒なんですよね。
でもそれが、大人には分からず、ついつい「あそぶんじゃなぁ〜い。」と怒ってしまい、そして無理やり頭や体を洗っちゃう。
それで、お風呂嫌いになっちゃうんですよね。
私は、この本を読んで、少し子どもの気持ちになって、お風呂のことを考えられた気がします。
お風呂は、こうやって入ると楽しいよ、それで体もきれいになるんだよってことを、子供たちが自然に覚えられ、そして、お風呂の大切さ、楽しさを感じられる絵本だと思います。
この本を読んだ日は、子どもと一緒に楽しくお風呂に入れました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う おうさまは、さむくないのかなぁ。  投稿日:2002/12/07
はだかのおうさま
作: (不明)
出版社: (不明)
私は、この絵本の読み聞かせをした後、子供たちに、感想を聞いてみました。
すると、一番下の3才の娘が、「おうさま、はだかでパレードした時、さむくなかったのかなぁ。」と言ったのです。
「はだかのおうさま」といえば、やはりだれでも感じるのは、王様はだまされた、王様ははずかしかった、だと思います。
まさか、この小さい子が、王様を気遣うような考えをしていたなんて、ほんとびっくりしました。
でも反面、絵本の新たな見方について、私自信、勉強したような気がします。
子どもの考え方って、ほんとすごいです。それを引き出す絵本の力ももっとすごいです。
参考になりました。 0人

19件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット