Bam and Kero Go Shopping バムとケロのおかいもの英語版 Bam and Kero Go Shopping バムとケロのおかいもの英語版 Bam and Kero Go Shopping バムとケロのおかいもの英語版の試し読みができます!
作・絵: 島田 ゆか 訳: クリストファー・ベルトン  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
英語でバムとケロの世界を楽しもう!

颯・栞ママさんの公開ページ

颯・栞ママさんのプロフィール

ママ・30代・北海道、男5歳 女2歳

颯・栞ママさんの声

49件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 子供のころ大好きでした  投稿日:2008/01/20
わたしのワンピース
わたしのワンピース 作: 西巻 茅子
出版社: こぐま社
私も子供のころ大好きだった記憶があります。
実家では保存されてなかったので、娘が一歳半ころプレゼントしました。
久しぶりに読んでみても、やっぱりいいんです!
単純にワンピースの柄がどんどん変わっていく展開なんですが、すこがのんびりしていて好きです。
娘も、今度は何だろう?と興味をもってくれたようです。
ページ数は割と多いほうだと思うのですが、2歳になった今では何度も「読んで!」と持ってくる本のひとつになりました。
娘も私と同じように、大人になっても私に読んでもらったことを覚えてくれるといいなぁ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい!  投稿日:2008/01/20
おもちのきもち
おもちのきもち 作: かがくい ひろし
出版社: 講談社
いつもいく図書館司書の方が薦めてくれ、読んでみました。
おもちの視点で書かれているのが新鮮で、おもちがかしこまった口調で悩みを語っているのもおもしろかったです。
2歳と5歳の子供たちにも大うけでした。
我が家の今年のお正月のヒット絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う どじでかわいい  投稿日:2008/01/20
リサ ひこうきにのる
リサ ひこうきにのる 作: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: 石津 ちひろ

出版社: ブロンズ新社
初めての飛行機で興奮して、ついつい失敗。
気取っているけど、どじなところが、とてもかわいいリサ。
オレンジジュースまみれなところが、2歳の娘はおもしろかったようです。
そして、コックピットの場面ではパイロットを指差し「だれ?」と毎回聞かれました。
飛行機の中にこんなところがあるなんて想像したなかったようです。そして、人が操縦してることも。
最後のおじさんに会う場面では、人ごみの中からおじさんとリサを見つけて楽しんでいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お正月とは  投稿日:2008/01/20
あけましておめでとう
あけましておめでとう 作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: 童心社
お正月ってどんなもの?
門松、おせち、お年玉などなど、そんな疑問に答えてくれる便利な絵本だと思います。
それも、かしこまっておらず、一般的な家庭のお正月風景が描かれていて好感が持てます。
年中行事に興味を持ち出している5歳の息子は、知ってるものがたくさん出てくるのでよろこんでいました。
2歳の娘も年賀状のページになると、我が家に届いた年賀状を指差していました。文化を子供たちに伝える手助けになったと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う リズムに乗って言葉を楽しむ  投稿日:2007/04/17
どうぶつどどいつ
どうぶつどどいつ 作: 織田 道代
絵: 長 新太

出版社: のら書店
ことばあそびが好きな四歳の息子が喜びそうなので,図書館から借りてきました。
「あ」から順番にいろいろな動物が登場します。韻をふんでいて、まるで早口言葉のようで、最初読み聞かせに苦労しましたが、徐々にテンポ良く読めるようになりました。
例えば「さらさらひのさす さかみちさんぽ さくらささやき さいわらう」といった具合です。
息子も予想通り、読み聞かせるとニコニコしながら長新太さんのダイナミックの絵を眺めていました。
1歳5ヶ月の娘も、そのリズムと動物が気に入ったようで、リクエストするようになり、驚きました。
子供のアンテナに何が引っかかるかわからないものですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大笑いしました  投稿日:2007/04/17
しんちゃんのひつじ
しんちゃんのひつじ 作: 川村みどり
絵: すぎはら ともこ

出版社: 文化出版局
羊を知らない子供に,言葉で羊を説明するのは・・・やはり難しい!
羊を見たことが無いしんちゃんが想像した羊は、それはとんでもない怪物のよう!
図書館で初めて息子に読み聞かせた時は、私が笑って笑って本が読めなくなるほどでした。
息子ももちろん大爆笑です。
もしかしたら、これまで息子も私の話を聞いて、しんちゃんみたいにものすごい想像をしていたかもしれませんね。
しんちゃんがどんどん間違った方向に羊を想像し恐ろしい物だと思い込んで行く過程がとてもかわいらしく、思わず笑ってしまう本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 美しい写真  投稿日:2007/04/17
クマよ
クマよ 文・写真: 星野 道夫
出版社: 福音館書店
四歳の息子が本屋さんで「買って!」と持ってきた写真絵本です。
美しい壮大なアラスカの自然と,その中で生きるくまの様子が映し出されており、私も気に入り購入しました。
くまに対する手紙、詩のような文章がならび、読み聞かせている私も一人の世界に入っていくような感覚です。
息子は、鮭を採って食べている熊がとても印象的だったようで何度もその話をします。
文章が四歳の息子には難しいかと思うのですが、だまって聞いており、買ってから毎日寝る前に読んでとリクエストされ、とても気に入っているようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 本当に優しい友達!  投稿日:2007/02/23
はっくしょんしてよかばくん
はっくしょんしてよかばくん 作: 矢崎 節夫
絵: 岡村 好文

出版社: 小峰書店
四歳の息子が図書館で選び借りてきました。
何故かくしゃみが止まらないかばくん。
かばくんの大きなくしゃみのせいで、お友達やいろんなものが飛んで行き迷惑をかけてしまいます。
かばくんも「もう遊べない」としょんぼり。
でも、その度にお友達は何度でもかばくんを遊びに誘い、どうしたら楽しく遊べるか試行錯誤してくれるのです。
お友達もくしゃみで飛ばないように石を背負ったり木に体をくくりつけたり・・・なんてユーモアもたっぷり。
そして最後には・・・・??
とても心温まるお話でした。本当に皆かばくんのことが大好きで、とっても優しいお友達だなと心から思いました。
息子も気に入り,毎日何度も読んでいます。
くしゃみをするときの「は は は は はっくしょ〜ん」というところでは1歳の娘も一緒になって声を出して喜んでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一緒にぴょーん!  投稿日:2007/02/23
ぴょーん
ぴょーん 作・絵: まつおか たつひで
出版社: ポプラ社
四歳になる息子が赤ちゃんの頃も読んだこの本を1歳の娘の為に図書館で借りてきました。
息子も覚えておらず興味津々で,二人同時に楽しんでいます。
動物たちと一緒に二人でジャンプして、顔もニコニコ。
とても楽しい絵本で、1歳の娘も「読んで〜!」と言わんばかりにこの本を何度も持ってやってきます。
赤ちゃんから、4〜5才のこにもお薦めですよ!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しい〜♪  投稿日:2007/02/23
月のみはりばん
月のみはりばん 作・絵: とりごえ まり
出版社: 偕成社
四歳の息子が図書館で選んで借りてきました。
一度読んだ時から,息子も私もとても気に入りました。
なぜなら、とっても楽しい発想の絵本だから。
お月様には見張り番がいて、目玉焼きを食べさせて太らせ、縄跳びでダイエットさせます。そして,お月様はトランポリンでお空に飛んで行くんです!
お月様の本は数あれど,新しい発想を教えてもらいました。
今度,本物の月を見るとき、きっとこの本を思い出すと思います。
参考になりました。 0人

49件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット