あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ あきぞらさんぽの試し読みができます!
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!

午後の果実さんの公開ページ

午後の果実さんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、男の子14歳 男の子11歳

午後の果実さんの声

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ちょっとした冒険にすぐ出かけられますよ  投稿日:2012/08/30
おしいれのぼうけん
おしいれのぼうけん 作: ふるた たるひ たばた せいいち
出版社: 童心社
夏休みの読書感想文用にと、息子が選んだ本です。

絵本のなかでもこの作品は長編で、途中で飽きることなく最後まで読み

通せるかと不安もありましたが、アップテンポでどんどん進んで行くス

トーリーに息子もぐんぐんと引き寄せられ、あっという間に読み終えて

いました。

「おしいれ」と「まほう使いのおばあさん」このかけ合わせが、冒険好

きな子供にはたまらないようです。

ちょっぴりこわいところも、子供ウケするスパイスになっています。

今までの絵本より、少し長いお話を・・・と考えておられる方にはちょ

うど良いと思います。

読み応えバツグンだったようで、息子はその後何度も自ら手に取って読

み返しています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ビバ!わーさん!  投稿日:2012/03/08
ちくわのわーさん
ちくわのわーさん 作: 岡田 よしたか
出版社: ブロンズ新社
ちくわのちーさん じゃなくて、わーさん!?
ちくわの話って、どんなだ??と、手に取らずにはいられなくなり、ちょこっと本屋さんで立ち読み。

数ページ読んだだけで、大阪のおっちゃんのようなわーさんのキャラクターにがっしりハートを掴まれてしまい、迷わずレジへ。

散歩中のわーさんの前に次から次へとやってくる誘惑に子供たちも大騒ぎ♪
好奇心旺盛なわーさんは、もちろん誘惑を放っておくことができません。

わーさんの愛くるしい言動から、
『うん、やっぱり、ちーさん じゃなく、わーさんだ』と、納得。

テンポよくお話が進むので、子どもも目を輝かせて聞き入ってました。
読み終えた後も、「もう一回読んで〜!」

わーさん、我が家で大人気です。

子供がスーパーでちくわを見つけると、「わーさん!」と必ずカゴに入れてくれるようになりました。(笑)
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい これはスゴイ!  投稿日:2012/03/08
でんせつの きょだいあんまんを はこべ
でんせつの きょだいあんまんを はこべ 作: サトシン
絵: よしながこうたく

出版社: 講談社
個性的なアリの絵と、毛筆の迫力あるタイトルに目が釘付けになってしまい、恐る恐るページをめくると・・・

いやー、これはすごいです!
登場キャラクターのネーミングセンスや最後のオチが私の予想をはるかに超えていて、衝撃を受けました!!
こんな暑苦しいアリの話が、他にあるでしょうか?(笑)

本屋で初めて声を出して笑いました。

迷わず購入し、さっそく子供たちへ読んでみたところ、やっぱり大ウケ♪
絵だけでも笑えます。もちろん、お話の内容も斬新で笑えます☆

笑いたい人、ぜひ読んでみてください!
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 本屋さんのチラシ  投稿日:2012/03/07
幸せの絵本2ー大人も子どもも、もっとハッピーにしてくれる絵本100選
幸せの絵本2ー大人も子どもも、もっとハッピーにしてくれる絵本100選 編: 金柿 秀幸
出版社: SBクリエイティブ
本屋さんへ足を運んで、数ある絵本の中からとっておきの一冊を探し出

すのは大変!

挿絵や文体の好みもあるので、自分で選ぶとどうしてもいつも似たよう

な雰囲気のものばかり手にとってしまいます。


これだけの絵本のなかには、きっとまだまだ素敵な絵本があるだろう

に・・・と本屋さんへいくたびもどかしい気持ちでいました。


そんな時に出会ったのが、この『幸せの絵本 2』 


オールカラー・見開きのページに、一冊の絵本の魅力がぎっしりと詰ま

っています。


幸せの絵本のおかげで、絵本との出会いが一気に広がりました。

今までなら、手に取ることもなかっただろうなぁと思うような色合いの

挿絵でも、あらすじを見て本屋に買いに走ったものもあります。


縁結びの神様のような本です。


この本のなかで魅力的な絵本に出会える瞬間も感動的ですが、子供たち

と顔を寄せ合って『次はどれを読みたいか』を発表しあう時間は幸せそ

のものです。


いつか、子供たちが巣立った時、この本を眺めて子供たちとの過去を懐

かしく思い出すんだろうなぁと思います。

その時まで、大切にとっておきたいと思います。


子供たちは、親しみを込めてこの本を「本屋さんのチラシ」とよんでい

ます。
参考になりました。 1人

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット