話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
だれかのプレゼント

だれかのプレゼント(文溪堂)

『100にんのサンタクロース』谷口智則さん待望の新作サンタ絵本

茶ジロウさんの公開ページ

茶ジロウさんのプロフィール

ママ・30代・茨城県、男5歳 女3歳 女0歳

自己紹介
 お話会などで絵本の読み聞かせをしたりしています。楽しさが分かってきたところです。絵本って、いつでも開けばその世界に入れることがいい。育児でイライラしてても絵本を読みきかせていると忘れてしまいます。絵本には助けられてばっかりです。
好きなもの
長新太さんの絵本!!(なんでこんなに面白いんだろう?)
荒井良二さんのイラストと絵本!(江国香織さんの小説の表紙で知りました)
井戸端会議笑!?
そしてカラオケ!!バレーボール!!あとはあとは・・・
公園で子どもたちと走り回ること!?
ひとこと
絵本と通じていろんなことを感じたり、考えさせられたり。。。そしていろんな人と出会わせてもらったり。。。
 これからもっとたくさんの本に触れてみたいな。。

茶ジロウさんの声

101件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 単純なのがいいのだと思います。  投稿日:2007/05/11
もうおきるかな?
もうおきるかな? 作: まつのまさこ
絵: 薮内 正幸

出版社: 福音館書店
 もうおきるかな?・・あーおきた!という繰り返しで単純ながら、そこがうちの子たちにはいいみたい。最後まで子どもの期待どうりに裏切りがないので、なんだか嬉しそうでした。とても愛らしい動物の親子が描かれています。
 
 うちの子は6歳と3歳。どうかな〜と思いましたが、上の子は自分で声に出して読んでいたり、下の子に読んでやったり、それぞれ楽しんでいたみたいです。赤ちゃんにお勧めの絵本というシールが図書館で貼られていましたが、幅広い年齢で楽しめるのではないかな?
 あと読み聞かせで、使ってみたらおもしろいかな〜?子どもたちから「お〜いおきて〜」なんて声がかかったりしておもしろいかもしれないな〜。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい のりの香がしてきそう  投稿日:2007/05/10
おにぎり
おにぎり 作: 平山 英三
絵: 平山 和子

出版社: 福音館書店
日本人だったらだれでもなじみの深いおにぎり!とっても丁寧に描かれていて、愛おしくさえ感じられます。すごくまぶしい。(手先しか描かれていないのに、握っているお母さんの表情まで想像できたり、朝日を感じたり)

ぱりっとしたのりの感じ・・ご飯のつや・・巻かれたのりのしっとりしたかんじ・・どれをとってもおいしそう。
ついついおにぎり頂戴!!なんていいたくなってしまうほどです。
最近素手でおにぎりを握ることがなくなったな〜ラップで握った方が衛生的だとかいうけれど、やはり手で握ってみたらおいしい!塩が効くというか・・やってみてください。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 切なかった・・  投稿日:2007/05/10
ちょっとだけ
ちょっとだけ 作: 瀧村 有子
絵: 鈴木 永子

出版社: 福音館書店
 何気なく雑誌コーナーで手に取ったこの「ちょっとだけ」。ぐ〜っと引き込まれてしまいました。
赤ちゃんがやってきてお母さんは大忙し!大変なのはお母さんだけ?いえいえ・・なっチャンも頑張っています。お母さ〜んって甘えてしまいたい気持ちをぐっとこらえ、一人で牛乳をついでみたり、ボタンをとめてみたり・・どれもなかなか上手くいかないのだけど、「ちょっとだけ」成功します。
最後に、「‘ちょっとだけ‘だっこして」とお願いします。そのときのお母さんの返しがステキ。
ちょっとだけ赤ちゃんに我慢してもらって・・抱っこしてもらいます。
そうきっとなっちゃんは赤ちゃんって大変なのは分かってるし、お母さんが忙しいのわかるから一人でできることはやってみるけど、やっぱり本当はお母さんに甘えたいのよね。そしておかあさんも甘えさせてあげたいと本当は思ってるんだよね。
そう、そうなんですよ。
 うちにの上の子も2歳ちょっとでおにいちゃんになりました。きっとイッパイ我慢したし、頑張ったし、複雑な気持ちだったでしょうね。そんなことをおもってじ〜んと切ない気持ちになりました。私はちゃんと受け入れてあげられたカナ・・なんて考えました。こんばんはぐっと抱きしめて眠ろう☆
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 華やか!  投稿日:2007/04/16
ねぼすけスーザのはるまつり
ねぼすけスーザのはるまつり 作・絵: 広野 多珂子
出版社: 福音館書店
 小さな村のみんなが春の喜びを祝うはるまつり。みんなその日がすてきで楽しいものになるように考えをめぐらせています。準備をするみんなの様子も嬉しそう!!スーザは赤いドレスをマリアおばさんに作ってもらいます。どんなドレスになるのかな〜って後半までお楽しみ。
とってもすてきに仕上がり、娘と二人歓声を上げてしまいました!!
寒い冬を越えて花咲く春の訪れ・・その喜びが祭りの様子から沸き立つように感じられます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい このシリーズ好きです!  投稿日:2007/04/16
はるまつり
はるまつり 作・絵: 菊池 日出夫
出版社: 福音館書店
 のらっこ絵本シリーズは私も子どもも好きです。特にこの本はお祭り好きのうちの子達は気に入った。(「いねかりやすみ」の本で、長野県の田舎が描かれているような記載があったかな〜)
 お祭りの風景が細かく描かれていて、遠めに桜並木や町の賑わいの様子が描かれている場面でも主人公のそうと姉ちゃんの姿がちゃんと探せます。子どもたちは何度もページを戻って探していました。町の様子も繋がっていて、あ、今この辺で歩いてるね・・なんて具合に、読めば読むほど楽しかった!!期待以上でした!!
町の人たちが表情豊かなので、それもまたおもしろかったです。「この人○○チャンのお父さんに似てるね〜」なんていいながら読んでいました。出店で売られている物なんかも今のお祭りとちょっと違って興味深かったです!
さくらの季節にぜひ読んでほしい一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 翌日のみんながニコニコ!  投稿日:2007/03/05
しゅくだい
しゅくだい 文・絵: いもと ようこ
原案: 宗正 美子

出版社: 岩崎書店
 抱っこの宿題を出したメエコ先生はステキデス。
そして抱っこの宿題をしてきた翌日のみんなの顔が
ニッコニコ(^^)
これは児童心理の本でしょうか・・なんて思ってしまうほど、よい本でした。こどもって抱っこしてもらったり、受け入れてもらえたり、気持ちが満たされると本当にいい顔になりますよね。そんな様子が描かれていてこちらまで嬉しくなってしまうのです。
 読み終えて抱っこぎゅ〜〜でm眠りました。いい夢見てるかな(^^)子育てって考えすぎず、ぎゅ〜って抱いてあげるのが一番なのかもしれませんね・・
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい もっとすきって伝えよう!  投稿日:2007/03/04
どんなにきみがすきだかあててごらん
どんなにきみがすきだかあててごらん 作: サム・マクブラットニィ
絵: アニタ・ジェラーム
訳: 小川 仁央

出版社: 評論社
 ずっと気になっていたこの本をやっと手にすることができました。とってもすてき。
すきっていう言葉を伝える時、私もこういうスケールを使ってみたくなりました。
 子どもたちは案の定・・「ねえ、まま。あ〜チャンのことどのくらいすき?」って言い出しました。つま先まで好きと答えたら足りないって!!!そっか〜。お月様まで行って帰ってくるくらいすきって答えたら、ご満悦でした。
 お月様までいって帰ってくるくらいすき・・なんて誰かに言われたいな〜なんて思ってしまいました。
 もっとすきって伝えよう。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 題字のページがすてき!  投稿日:2007/03/04
ずいとんさん
ずいとんさん 再話: 日野 十成
絵: 斎藤 隆夫

出版社: 福音館書店
 おもしろい!です。とんちが効いている昔話です。
私はこの本の表紙を開いて一番先に見える題字のページが気に入ってます。梅咲く山々・・・なんとも季節感あふれています。早春って感じです。
 お話会に使わせていただきました。幼稚園児でも十分楽しめて、笑が出てました。とても楽しい昔話です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵を見て気に入った(^^)  投稿日:2007/03/04
あなたのこと
あなたのこと 作: キャスリーン・アーンホルト ローレンス・アーンホルト
絵: キャスリーン・アーンホルト ローレンス・アーンホルト
訳: 星川 菜津代

出版社: 童話館出版
この本を一目見て3歳の娘が気に入って借りてきました。
あなたって?って本から問いかけられるような感じです。
うちの子どもたちは考えて考えて一生懸命答えていましたよ。絵を楽しめる絵本です。
親子でぁ〜でもないこ〜でもない言い合いながら楽しめる本でした。娘はこの絵が大好きみたいで、連日読みました!!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う せんせいってすごい!!  投稿日:2007/01/30
せんせい
せんせい 文: 大場牧夫
絵: 長 新太

出版社: 福音館書店
 せんせいってすごいなあ〜〜。。って子どもたちは感じてたみたいです。初めは「え〜〜!!うま」なんていって聞いていたけど、「うちのせんせいだってすごいし〜〜」とか「せんせいってイッパイ遊んでくれるし〜」なんていっていました。

 この本は子どもの目線から大人の姿を切り取っている感じ。大人が普通にしていることも子どもの視点からしたらこういう風に感じられるのかな。

 ちょっと話は違うかもしれないけれど、私、小学生の時担任の女の先生は、自分の母が変装しているんじゃないかって疑ってました!!笑  だって学校でいやなことがあったときはすぐに気が着くし、宿題隠していてもばれるし・・・今思えば笑い話だけど、いろいろ感じていました。子どもからしたら大人って結構ミステリアスな存在でもあるのかな・・・

 子どもたちが大好きなとてもたのしい絵本です。
参考になりました。 0人

101件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『ふしぎな森のものがたり』あいはらひろゆきさん&ちゅうがんじたかむさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット