虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

茶ジロウさんの公開ページ

茶ジロウさんのプロフィール

ママ・30代・茨城県、男5歳 女3歳 女0歳

自己紹介
 お話会などで絵本の読み聞かせをしたりしています。楽しさが分かってきたところです。絵本って、いつでも開けばその世界に入れることがいい。育児でイライラしてても絵本を読みきかせていると忘れてしまいます。絵本には助けられてばっかりです。
好きなもの
長新太さんの絵本!!(なんでこんなに面白いんだろう?)
荒井良二さんのイラストと絵本!(江国香織さんの小説の表紙で知りました)
井戸端会議笑!?
そしてカラオケ!!バレーボール!!あとはあとは・・・
公園で子どもたちと走り回ること!?
ひとこと
絵本と通じていろんなことを感じたり、考えさせられたり。。。そしていろんな人と出会わせてもらったり。。。
 これからもっとたくさんの本に触れてみたいな。。

茶ジロウさんの声

101件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 何かをしてあげたい気持ち・・・  投稿日:2007/12/03
まいごのペンギン
まいごのペンギン 作・絵: オリヴァー・ジェファーズ
訳: 三辺 律子

出版社: ヴィレッジブックス
 まいごのペンギンが寂しそうなのを見て、男の子は何かしてあげたいと、帰るべき場所を探し、送り届けます。
 でも、本当はね・・・ペンギンはね、大好きな男の子と一緒に居たかったの。
 それに気付いた男の子はペンギンの元に戻り、二人は抱き合います。それは、とても心温まる場面です。
 
 そう、誰かに何かをしてあげたいって思うとき、それが本当に相手の求めていることなのか、見えなくなってしまうことってあるなあ・・でもたとえ求めてたこととちがったって、そのひたむきな姿あったから、二人の間に深い絆が生まれたのかも知れない。などとちょっと思う所がありました。
 子どもはペンギンのかわいらしさにキューンとしていたみたいです。
 
 日に日に冷え込んでくるこの季節・・心がぽっとあったかくなる、そんなとってもキュートな絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵本の挑戦!?  投稿日:2007/12/03
くんくん、いいにおい
くんくん、いいにおい 絵: たしろ ちさと
出版社: グランまま社
 未就園児向けの教室で先生が読んでくださった本です。
初めて見たのですが、絵本ってこんなことが出来るのね!?
と衝撃的でした。
 なぜって?絵本を見ている子どもたちが何人か薄目になって嗅覚を研ぎ澄ませていたのです。ちょっと鼻を膨らまして・・(実は私も同じような様子になっている自分に気付き、はっと辺りを見回して気付いたのでした・・)
 おもしろいですよね。なんだかとってもいい体験をさせて頂きました。
 絵本って、本当ににおいはしてこないんだけれど、きっと子どもたちの綺麗な心ならおいしそうなにおいをおなかイッパイ吸い込めるんだろうな・・
 ちょっと不思議な感覚を味わえる、面白絵本です。
読み聞かせで読んでみたいです。
参考になりました。 4人

自信を持っておすすめしたい かわいいにゃ〜  投稿日:2007/07/18
ころわんはおにいちゃん
ころわんはおにいちゃん 作: 間所 ひさこ
絵: 黒井 健

出版社: ひさかたチャイルド
 ころわんダイスキデス。意外にも自分の子に読んであげたことが無く、4歳の娘が絵のかわいさで選んできて借りました。私は絵のタッチが好き!この作品では最後のころわんのちょっとお兄ちゃんぶった誇らしげな表情がたまらないのです。愛おしいです。
娘も大好きになったようで、また借りてこようといっています。
しばらくこのシリーズで楽しめそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ホット→クール  投稿日:2007/07/18
なつはうみ
なつはうみ 作: 内田 麟太郎
絵: 村上 康成

出版社: 偕成社
 あづい〜〜!!やまの動物たちはもうぐったりです!「そうだ!うみにいこう!」どうぶつたちは歌いながらうみに向かうのです。うみにつくと・・・わおすずしい!!
 前半がページがオレンジで見るからにあっつい!!のですが、後半はきもちいいくらい真っ青!水色!見るからにホット→クールといった感じなのです!なんだかそれが心地よくって、気持〜ち読んでる私たちまで涼しくなるような笑
これぞク〜ルビズ?!笑わずにおれない最後のオチもはまりました。ただでは終わりませんね。。うふふ。
 今年の夏のイチオシ!うみに行きたくなることうけあいですよ♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 雨の日ならではの楽しみ♪  投稿日:2007/05/25
雨、あめ
雨、あめ 作: ピーター・スピア
出版社: 評論社
 この絵本は字のない絵本です。とても描写が細かく、ひらくたびに新しい発見があったり、子どもたちと絵を読んで楽しめるます。とってもきれいです。
 
 子ども二人が雨の中、傘を差し、長靴レインコートで遊びに行く様子なのですが、雨どいからジャージャー流れる水を見たり、大きな水たまりでジャブジャブ遊んだり、とっても楽しそう!!

 そして出てくるお母さんがおおらかで、とてもいいなあ〜と思います。(私もそうありたい・・・笑)
子どもたちは今度雨の日にお散歩に行ってみたいと言っています。子どもたちが楽しめるヒントがイッパイです!
これからやってくる雨の季節!!こんな風に雨の日ならではの遊びが出来たら、きっととっても楽しいな〜〜と思わせてくれる本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ダイズってすごい!!  投稿日:2007/05/13
まんまるダイズみそづくり
まんまるダイズみそづくり 作・絵: ミノオカ リョウスケ
出版社: 福音館書店
 これは正しく「食育の本」!! 

 恥ずかしながら私は知りませんでした・・枝豆はダイズの若い時なんですね!!そんなことにビックリ!!
 
お味噌って時間をかけて、手間隙かけて・・麹の力を借りて・・出来るんですね。子どもたちだけでなく、私自身もほほ〜う!と関心しきりでした。
こういう手順を踏んで熟成された味噌で作った味噌汁は格別でしょうね!
 子どもたちはお味噌を仕込む、味噌仕込の様子が一番気に入っていた様子でした。

 日本が世界に誇れるスローフード、お味噌!
だからこそお味噌ってどういうものなのか知っておくのもいいかも〜(^^) 
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なんともナンセンス!!  投稿日:2007/05/13
きんぎょのかいすいよく
きんぎょのかいすいよく 作・絵: 高部 晴市
出版社: フレーベル館
 なんだか懐かしい感じの夏の絵本なのかと思ったら、つぼにはまってしまいました。おもしろい!!
だってきんぎょがかいすいよく!?なんて笑!!
 「クロクン、チョットショッパイネ」
 「ヘイキヘイキ」
なんてアカさんとクロさんで話しているし・・実に愉快です。
 オチについては書きたいけれど、我慢します!
この手の本は知らない部分が残っていた方がより楽しめますからね。

夏の読み聞かせに使えたらおもしろそうだナ〜と
おもっています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい リズム感がいい!!  投稿日:2007/05/13
でんわにでるのはだあれかな
でんわにでるのはだあれかな 作: 矢崎 節夫
絵: 奈良坂智子

出版社: アリス館
 3歳の娘が借りてきました。
ちょうど本当に電話に出るのが彼女のブーム!
なので、借りてきたようです。
 電話に出た猫が
‘ころころ
 にゃーこ
 ころにゃあこ
 あそびに
 いくから
 まっててね‘
という辺りのリズム感が読んでいて心地よかったです。

いくつか出てくる電話も個性的なデザインで、だれの電話〜?って当てながら読み進めていきました。
予想よりずっと楽しめた一冊でした。電話に出たいお年頃のお子さんは特に盛り上がると思いますよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 繰り返しがいい!!  投稿日:2007/05/12
ねずみくんのチョッキ
ねずみくんのチョッキ 作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子

出版社: ポプラ社
 長く長く愛されているこのねずみくん☆6歳の息子に初めて読みました。やっぱりおもしろい!
「すこしきついがにあうかな?」という動物たちの表情がちょっとではなくかなり無理をしている感じで、笑ってしまいます。そんな姿に重ねて、声色を少しずつ変えて、読んでみました!
大うけでした。
 最後にゾウくんが着てのびのびになってしまったチョッキ・・しょんぼりとしたねずみくんの後姿にそれまで笑っていた子どもたちも「あ〜あ、ねずみくんかわいそう・・」と
神妙な面持ちになっていました。
でも最後のページで救いがあって子どもたちも「あ〜よかった☆」と一安心でした。
 ロングセラーであるこの一冊。しっかり子どもたちの心を捉えていました。私も久々にこの本に出会えて楽しかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい!!!  投稿日:2007/05/12
ワニぼうのこいのぼり
ワニぼうのこいのぼり 作: 内田 麟太郎
絵: 高畠 純

出版社: 文溪堂
 4月に図書館で見つけて、借りてきました。
五月の気持ちのいい風に吹かれているこいのぼりを見て、
わにぼうのお父さんは、、、なんと、上ってしまうんです。
‘わにのぼり〜〜‘笑ってしまいました。
春の風っておいしい。そうかもしれないです。
なによりわにぼう一家の気持ちの良さそうな姿がたまらないです。それをみた猫も犬も象もみんなのぼってしまいます〜〜。馬やダチョウまでも笑笑 
なんとも愉快!!
季節感があって毎年手にとってしまいそうです。
ただ、我が家にはこいのぼりがない!!息子はほしいほしい!!といい、自分で描いて作っていました。とってもすてきに仕上がって、五月の風に気持ち良さそうに泳いでいました。
参考になりました。 0人

101件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット