なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

しもごうまんさんの公開ページ

しもごうまんさんのプロフィール

ママ・30代・神奈川県、女5歳 女1歳

しもごうまんさんの声

50件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 釘付けです  投稿日:2007/09/09
なーんだ なんだ
なーんだ なんだ 作: カズコ・G・ストーン
出版社: 童心社
9ヶ月の娘のお気に入りの本です。

方耳→両耳→目・・・・というふうに、
少しずつパンダの顔が見えきます。
その大胆な絵に興味を惹かれるのか、
ずーっと目を離しません。

「こんにちは」と手を上げるパンダ。
娘の手をとって「こんにちは」とパンダに向かって
挨拶をすると大喜び。
赤ちゃんパンダもとても愛くるしいです。

「なーんだ なんだ」という、短い言葉の繰り返しも
とても楽しいです。
娘もその言葉に耳を傾けます。
4歳の上の子はストーリーを理解できてるのに、
「耳!!」「目!!」と大はしゃぎ。

何回でも読んであげたくなる本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 思わず触っちゃう  投稿日:2007/09/09
まるてん いろてん
まるてん いろてん 作・絵: 中辻 悦子
出版社: 福音館書店
9ヶ月の娘に読んでいます。

表紙は水玉模様でとても可愛いです。
カラフルな色の○がいっぱい出てきます。
その色彩が子供の興味をそそるのか、
○を触って確かめているようです。

特に小さい○のページはずっと○の集合を触っています。
その姿に思わず私も触ってしまいます。

単純だけど面白い絵本です。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 絵がカワイイ♪  投稿日:2006/10/29
あるくおだんごくん
あるくおだんごくん 作・絵: 深見 春夫
出版社: PHP研究所
おだんごが食べられる前に外の世界へ飛び出します。
ちょこちょこ歩く姿がとてもカワイイです。
娘はその姿に声を出して喜んでいました。
話はとてもシンプルで、特に心に残るといった内容ではありませんが、
絵がとてもカワイイので子どもは気に入ると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 温かい食卓  投稿日:2006/10/20
ねずみさんのながいパン
ねずみさんのながいパン 作: 多田 ヒロシ
出版社: こぐま社
文章もストーリーも単純なので読みやすいです。
動物達のお家も可愛くて、どんな食卓なのかワクワクします。
どの食事風景も家族揃っていて、とても楽しそうです。
お腹を空かせた子ども達のために一生懸命なパパ。
パパの帰りを楽しみに待っていた子ども達。
とても微笑ましい絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 100個のいなりずし  投稿日:2006/10/20
やまこえ のこえ かわこえて
やまこえ のこえ かわこえて 作・絵: こいで やすこ
出版社: 福音館書店
夜中に油揚げを買いに行くことになったきっこちゃん。
お月様、ふくろう、いたちが一緒にお豆腐屋さんまでついてきてくれます。
「みんなのおかげで ちっとも こわくなったわ。
どうも ありがとう」
「よかったね」「よかったね」
礼儀正しいきっこちゃん。
皆でいなりずしを作るページは思わず食べたくなります。
遠方から動物達がやってきて、皆で楽しそうに食べるいなりずしはホント美味しそう。
個人的には同シリーズの「おなべ おなべ にえたかな?」の方が大好きです。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない これは、ちょっと・・・・  投稿日:2006/10/18
おでかけのまえに
おでかけのまえに 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
思わず眉をひそめてしまいました。
読み聞かせをしていて「しまった!失敗した!」というのが、
率直な感想です。
ウチのコは、あやこちゃんまではいきませんが、
これを読んでマネしたらどうしようと不安でした。
最初から最後まで「あ〜あ〜」とういう事ばかり。
あやこちゃんのお母さんはなんて心が広いんでしょう。
私には無理です・・・。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 丁寧な言葉  投稿日:2006/10/18
おいもをどうぞ
おいもをどうぞ 作: 柴野 民三
絵: いもと ようこ

出版社: ひかりのくに
いもとようこさんの可愛らしい絵にひかれて読んだのですが、
書かれてある文章もとてもすばらしいです。

くまさんが沢山取れたおいもをお隣のぶたさんへ、
ぶたさんはたぬきさんへ・・・と次々にお隣さんへと
おすそ分け。
「どうぞ めしあがってください」
「どうも ありがとうございます」
“めしあがってください”なんて絵本にはあまり出てこない日本語ですよね。
丁寧な日本語を小さいうちから絵本で触れられるのはいいことだと思います。
内容はほとんど繰り返しですが、娘は飽きずに楽しそうに聞いていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すてきな おつきみ  投稿日:2006/10/15
おつきさまでたよ
おつきさまでたよ 作: 寺村 輝夫
絵: いもと ようこ

出版社: あかね書房
「本物のお月見がしたい」と皆が言い出し、先生がお団子の用意をしてくれます。
ススキを取ってきたり、お団子を作ったり皆大張り切り。
でも残念なことに主役のお月さまが雲に隠れたままです。
ぽんた君が先生に目玉焼きを作ってもらって「お月さまに なあれ」と飛ばします。

その発想が面白いですね。
月が雲に隠れていると、誰でも残念に感じるのではないでしょうか。
お月見を楽しみにしている子どもならなおさらのこと。
子ども達の要望に応える先生もステキです。
季節の行事を大切にする心を感じて欲しい一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい これが かぼちゃだよ  投稿日:2006/10/15
14ひきのかぼちゃ
14ひきのかぼちゃ 作: いわむら かずお
出版社: 童心社
実際に畑で育っているかぼちゃを見たことのない娘にはとてもいい作品でした。
大きい葉っぱ、黄色い花・・・・かぼちゃはこうやって育つんだぁ〜。
他の作品同様、いろいろな虫たちの姿を探すのも楽しんでいました。
皆で力を合わせて作ったかぼちゃ。
大切に育てたかぼちゃの収穫を皆で喜び、皆で囲んで食べる美味しさは格別でしょうね。
“たねも たくさん みのったね”とおじいさん。
きっと来年も育てるんでしょうね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大好きな本です  投稿日:2006/10/14
くまさん くまさん
くまさん くまさん 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
くま好きの娘に選んだ本なのですが、予想以上に気に入ってくれました。
「くまさん くまさん」の楽しいリズムが心弾みます。
言葉は単調で文章も短いのでとても読みやすいです。
内容は意外に長いストーリーなのですが、3歳の娘は飽きることなく読んでいました。
絵もとても可愛いし、私も娘も大好きな一冊です。
参考になりました。 0人

50件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

『100円たんけん』<br>岡本よしろうさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット