虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
タケえさん 30代・ママ

虫が鮮明に!
虫の拡大写真です。 私も息子も虫が大…

匠子さんの公開ページ

匠子さんのプロフィール

その他の方・20代・東京都

自己紹介
今、大学で幼稚園の先生になるために勉強中です!!!
絵本を自分の研究対象としています。
絵本大好き♡
よろしくおねがいします。
好きなもの
大学の部活でチアリーディングをしています!!!
いつも笑顔ヾ(@^∇^@)ノ
元気いっぱいです☆=
ブログ/HP
ここで私がコメントしたものをそのまま載せています♫
絵本のほかにも,子育てに役立つ本や,教育,育児についての本なども紹介しようと思っています(*`・ω・´*)ノ
是非見に来てください☆=

匠子さんの声

9件中 1 〜 9件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ブルーナ作品  投稿日:2007/08/12
ちいさなうさこちゃん
ちいさなうさこちゃん 作・絵: ディック・ブルーナ
訳: いしい ももこ

出版社: 福音館書店
まさに子どものために作られた本!!

私がそう感じる点は

・はっきりくっきり大きく描かれている絵

・色使い

・文章と絵が見開きで合っている

・リズミカルな文章

・堅くない文章(話し言葉の多用)

・子どもの小さな手に収まりやすい大きさの絵本

こんな感じでしょうかo

石井桃子さんの翻訳も,絵との相性から、原作にぴったりだと感じますo

世界中の子どもたちに愛されているうさこちゃんo

私は9月に幼稚園に教育実習に行くのですが,その際にうさこちゃんの名札を作って,使おうと思っています♪
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない なるほど〜〜ooo  投稿日:2007/08/08
正しい暮し方読本
正しい暮し方読本 作・絵: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
暮らしが楽しくなるようなポイントが描かれています♪

子ども向けではなく,大人向けかなo

見開きにたくさんの絵が漫画のように描かれているので,小学生でも頑張って読まなきゃな,というレベルだと思いますo

でも内容は面白い♪

暮らしが楽しくなりそうです☆
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい えっ!?まさか。。。  投稿日:2007/05/19
そら はだかんぼ!
そら はだかんぼ! 作: 五味 太郎
出版社: 偕成社
「えっ!?まさかね。。。
まだ??
まだ脱ぐの!?」

こんな感じにびっくりしてしまいましたΣ(゚Д゚;o)
でもいたずらっこのたろうくんのおちゃめないたずらに最後はにっこり♪

ライオンがたてがみをすぽっと外してはだかんぼになるなんておかしい(o´∀`o)
子どもたちの喜びそうな一冊ですね♪
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 哺乳類の生き物  投稿日:2007/02/01
みんな おっぱい のんでたよ
みんな おっぱい のんでたよ 作: 木坂 涼
絵: 木村 しゅうじ

出版社: 福音館書店
私は子どもに見せる絵本の絵はキャラクターちっくなものではなく,よりリアルなものが良いと思っています。

この絵本には哺乳類の生き物がたくさん出てきますが,とてもリアルな絵で描かれています..._〆(゚▽゚*)

まるで本物のようです!!

この絵本を親子で読んで,母と子の愛を感じるのもとても良いと思います(o´∀`o)

また,哺乳類の生き物にはどんなものがいるかという勉強にもなっていいと思います。

でも唯一気になるのが,最後がこうもりで終わるということ…

私はあまりこうもりが好きではないのです↓

多分,こうもりが好きな人はあまりいないと思いますが(’ε`;)
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない 痛い。。。  投稿日:2007/01/27
ノンタンがんばるもん
ノンタンがんばるもん 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
ノンタンが耳を怪我する場面や,ちぎれている耳から出ている血など,痛々しさがあります(’ε`;)

思わず,顔が苦い顔になってしまう。。。

子どもたちに読み聞かせるには少々可哀想かなって思ってしまいました。

ちぎれているノンタンの耳。。。

何度見ても可哀想です↓
参考になりました。 1人

ふつうだと思う あっちいけ!!!  投稿日:2007/01/25
ノンタンいもうといいな
ノンタンいもうといいな 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
兄弟姉妹ってこんな感じですよねε(*´・ω・)з

くっついてこられたり,真似されたりするとうざくなるんだけど,急にいなくなると寂しい。

この絵本はそんな兄弟姉妹の微妙な思いが描かれています。

私は個人的にキャラクターの絵本って好きじゃないんですが,ノンタンシリーズはなぜか許容範囲に入ってるんです。

ノンタンの絵本は全て登場人物の会話で成り立っていて,文章のテンポもよく,読みやすいです。

キャラクターものだという偏見は捨てて,いつもつい手にしてしまいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いもうと  投稿日:2007/01/24
いもうとのにゅういん
いもうとのにゅういん 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
私にも妹がいます。

妹は赤ちゃんの頃,心臓病にかかっていて,入院をしていました。

みんな妹のところに行っちゃうし,プレゼント(お見舞い)を妹はたくさんもらっていていいなっていつも思っていました。

でもホントは怖かったんです。

妹がちゃんと帰ってくるか。。。

私の妹は無事に退院し,今ではとても元気です☆=


この絵本を読んであさえの気持ちが良く分かりました。

私は当時,あさえみたいにお姉さんにはなれなかったけど,今は妹を大切に思っています。

これからお姉さん,お兄さんになる子にぴったりの一冊です!!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みーんな おなじうちの ひと  投稿日:2007/01/22
はっぱのおうち
はっぱのおうち 作: 征矢 清
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
子どもたちはひみつの隠れ家をもっています。
それは心の中にだったり,近くの公園にだったりします。
最近の子どもたちは外で探検したりあんまりできなくなってるんじゃないですか?
この絵本の中のさちは庭にひみつの隠れ家をもっています。
子どもたちが読んだら,思わず自分にもこんなお家がほしいと思って外に探検に行くかもしれませんねd(ゝc_・*)☆

また,人間は植物や動物と共に生きていますが,普段の生活で子どもたちはそのことを実感できているでしょうか?
植物は柵に囲まれ,動物は檻に入れられています。
そんな状況の中で,大人たちは積極的に子どもたちに自然と触れ合う機会を与えるべきではないでしょうか。
この絵本はさちが虫たちと家族みたいに一緒に居る姿が描かれています。
子どもたちに是非読んであげてください!!!!!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う だめ だめ だめ!!!!  投稿日:2007/01/22
たろうのおでかけ
たろうのおでかけ 作: 村山 桂子
絵: 堀内 誠一

出版社: 福音館書店
私はある小学校の障害児学級で介添員をしています。

その学級に,一年生の双子の男の子がいます。

この二人は「たろうのおでかけ」が大好き!!!!!

いつも「読んで」といって持ってきます。

両サイドに二人を置いて,たろうのおでかけ♪

もう二人とも内容をしっかり覚えていていつも同じところで同じ動作をします。

「ぴょこぴょこはねて」のところでは胸に手をトントン。

「だめだめだめ。」のところでは大きな声で「だめだめだめ!!!」

何回も繰り返して読まされますが,私もいつも楽しんで読んであげています。

何回読んでも面白いですよヾ(@^∇^@)ノ
参考になりました。 0人

9件中 1 〜 9件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット