新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
いもうとのにゅういん
プラチナブックメダル

『 いもうとのにゅういん 』 は
「絵本ナビ プラチナブック」です。

絵本ナビ人気ランキング上位の絵本として選ばれています。

いもうとのにゅういん

  • 絵本
作: 筒井 頼子
絵: 林 明子
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥1,100

「いもうとのにゅういん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1987年02月
ISBN: 9784834001617

出版社のおすすめ年齢:3歳〜

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

みどころ

続きを読む
いもうとのにゅういん

出版社からの紹介

突然、妹が盲腸の手術で入院することになりました。ひとり残されたあさえの気持と、妹へのほのぼのとした愛情をみごとに描いた物語です。林明子の表情豊かな絵が心に残る傑作です。

ベストレビュー

点滴に憧れて

初めて読んだのは私が幼稚園のときです。
これまで読んだ絵本の中で一番印象的で、絵本と聞けばこの本が思い浮かびます。

私自身は男兄弟しかいませんし、幸いなことに兄弟が入院した経験もありません。にもかかわらず、大好きな絵本です。

このお話のどこが好きだったかというと・・・
ずばり、入院している場面です。なかでも点滴しているあやちゃんに憧れていました。手に残った点滴の跡が魅力的でした。
この場面に影響されて、点滴している女の子の絵ばかり描いていたことを覚えています。
少々変わった子供だったかもしれませんが、6歳前後の私の記憶です。

姉妹で色違いのワンピースを着ているところや、ほっぺこちゃんにも夕食が用意されているところ、プレゼントの包み紙の柄がかわいいことなど、隅々までよく見てました。

もちろん内容も子供心に響きました。あさえに影響されて、病気でもない弟に、当時一番大事にしていたぬいぐるみをあげました(後になって返してもらいましたが)。

兄弟ってけんかもするけれど、やさしくしてあげたい、喜ばせてあげたいとも思っているものですよね(うまく表現できないだけで)。
それを教えてくれた絵本だったと思います。

大人になってから読み返したら・・・
お姉ちゃんの気持ちが痛いほど伝わってきて、こんなふうに子供の気持ちを包み込めるお母さんになれるだろうかと思って、涙が出ました。

娘に読んであげられる日が楽しみです。
(ミナミーナママさん 30代・ママ 5ヶ月)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,100円
858円
1,100円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,650円
880円
605円
1,980円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

いもうとのにゅういん
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら