あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。

ジャムおばさんの公開ページ

ジャムおばさんのプロフィール

ママ・30代・奈良県

自己紹介
小さい頃は、図書館?と言われるほど、たくさんの絵本に囲まれてました。
今でも、絵本大好き!
保育園に勤めていたのですが、懐かしい絵本もたくさん。新鮮な気持ちで読み直しました、もちろん新作も・・・
実家にもどさっとありますが、息子のためにもちょっとずつ買い揃えてるところです。
好きなもの
パン作り 雑貨店めぐり お散歩 
ひとこと
みなさんのレビュー、参考になります。
よろしくおねがいします。

ジャムおばさんの声

238件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 車大好きの子どもにぴったり  投稿日:2007/07/03
とどくかな
とどくかな 作・絵: 三浦 太郎
出版社: 偕成社
図書館の読み聞かせで、息子が食いついた絵本です。
最近、車にはまっているので、車の絵が出てくるだけでも台興奮。とどくかな?とどいた!のリズムも心地よいらしく、帰り道では「とどくかな、とどいた!」と何度も繰り返していました。
2歳の息子には少し幼いかと最初は思いましたが、楽しかったようです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 思わず力が入ります  投稿日:2007/07/03
とべ、カエル、とべ!
とべ、カエル、とべ! 作: ロバート・カラン
絵: バイロン・バートン
訳: 松川 真弓

出版社: 評論社
大胆な構図で、カエルを食べようとする動物たちが描かれていってます。
内容は、それらの動物から逃れるために、「とべ、カエル、とべ!」とカエルが飛んでいくもの。クラスで読んだときは、みんなで声を合わせて大きな声で「とべ!」と叫ぶのがおもしろかったようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 身につまされます  投稿日:2007/07/03
となりのたぬき
となりのたぬき 作・絵: せな けいこ
出版社: 鈴木出版
嫌いな人にこそ、やさしくするなんて、しようと思ってもなかなかできませんよね。
子どもに読みながらも、私が身につまされる思いでした。
また、お月様の存在もとっても素敵。
人間関係に悩んだときは、この絵本のことを思い出すと、ちょっと優しい気持ちになれるかもしれません。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 平和への祈り  投稿日:2007/07/03
トビウオのぼうやはびょうきです
トビウオのぼうやはびょうきです 作: いぬい とみこ
絵: 津田 櫓冬

出版社: 金の星社
私は小学生の頃、初めて読みました。
たんたんとすすんでいき、水爆を扱ったものだということは当時は知りませんでした。ただ悲しい話だという印象があっただけです。
でも、改めて読み直し、戦争の悲惨さを感じずにはいられません。とびうおのぼうやのお母さんの気持ちにダブり、胸が痛くなりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 迫力あります・・・  投稿日:2007/07/03
トマトさん
トマトさん 作: 田中 清代
出版社: 福音館書店
とにかく、トマトさんの迫力といったら!画面いっぱいにあふれんばかりのトマトさん。表情もなんだかユーモラスで、釘付けです。
こどものともは、年中クラスで一人ずつ購入していたのですが、中には「気持ち悪い」と嫌がる子もいました。
良くも悪くもインパクトの強い絵本。私は好きです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ともだちの大切さ  投稿日:2007/07/03
ともだちいいな
ともだちいいな 作・絵: いもと ようこ
出版社: 岩崎書店
かわいらしい絵柄、分かりやすいお話で、小さな子たちにもなじみやすい絵本です。
2・3歳といえば、おもちゃの取り合い、けんかは日常茶飯事。そんなとき、ちょっとともだちの気持ちも考えて、思いやれるようになるといいですね。この絵本を見て、何か感じてくれる子も多いのでは?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 4歳クラスで人気でした  投稿日:2007/07/03
ともだちくるかな
ともだちくるかな 作: 内田 麟太郎
絵: 降矢 なな

出版社: 偕成社
ちょっと空回りしてしまう、寂しがりやで強がりなおおかみ。
心を追い出してしまう、というストーリーにちょっとびっくりですが、子どもたちは食い入るように見つめてました。
友達の大切さ、やさしさなどが、分かりやすく伝わる絵本だと思います。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う シンプルな絵本  投稿日:2007/06/28
でんしゃ
でんしゃ 作・絵: バイロン・バートン
訳: こじま まもる

出版社: 金の星社
太い線で描かれた、すっきりした絵。中身も、電車がずっと走って行く様子を、たんたんと描いたシンプルなものです。
そのシンプルなところがいいのかもしれません。小さい子でも、よく見てました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい昔話  投稿日:2007/06/28
てんぐのかくれみの
てんぐのかくれみの 作: 松谷 みよ子
絵: 朝倉 摂

出版社: 偕成社
昔話は、松谷さんの絵本が一番好きです。
表現もシンプルで、わくわくしながら読めます。
このお話も、夢があるようで、最後のオチも楽しめ、5歳クラスなどちょっと長めのお話も楽しめるクラスではよく読みました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちょっとした仕掛け絵本  投稿日:2007/06/28
でんしゃでいこう でんしゃでかえろう
でんしゃでいこう でんしゃでかえろう 作・絵: 間瀬 なおかた
出版社: ひさかたチャイルド
息子の読み聞かせ会で初めて知った絵本。
ただただ、電車がすすみ、風景が変わっていくというものですが、電車大好きの息子は食い入るように見つめていました。
おしまいまでくると、今度は逆方向に・・・よく工夫されてるなーと感心しました。
参考になりました。 0人

238件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『ダム・キーパー』トンコハウス 堤大介さん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット