星のひとみ 星のひとみ 星のひとみの試し読みができます!
絵: せな けいこ 文: 石井 睦美 原作: サカリアス・トペリウス  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
せなけいこ幻の原画が復活! クリスマスイブにおこった、美しい冬の物語
レイラさん 50代・ママ

クリスマス前夜
フィンランドのトぺリウスの代表作ですね…

はらぺこひつじさんの公開ページ

はらぺこひつじさんのプロフィール

ママ・30代・富山県、女の子4歳 女の子1歳

マイ絵本棚

他の本棚

チェック済

公開

  • はじめてであうすうがくの絵本1
  • おふろだいすき
  • くだもの
  • どうぶつのおやこ
  • みんなの ひつじさん−未(ヒツジ)
  • おえかきしりとり
  • ライフタイム いきものたちの一生と数字
  • もう ぬげない
  • ちしきのぽけっと(12) ひろった・あつめた ぼくのドングリ図鑑
  • 食べられたがる果物のヒミツ
  • パンダ銭湯

はらぺこひつじさんの声

186件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 自分もおつかいにいくはなしをしてほしがります  投稿日:2018/11/16
はじめてのおつかい
はじめてのおつかい 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
子供が大好きです。
下に1歳の妹がいる4歳の娘は
このお話を何度も読んで欲しがります。
そして、布団に入ると自分がお使いに行ってお肉屋さんでお肉を買って、おやつにコロッケを買って公園で食べるお話をしてほしがります。

3歳の時に読んでも反応が薄かったので
4歳(年少)くらいの、自分でいろんなことがわかるようになってからだと
とても楽しいのだと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいい!  投稿日:2018/11/16
ぼくのばしょなのに
ぼくのばしょなのに 作: 刀根 里衣
出版社: NHK出版
この本を読んで、とにかくとにかく上の子を抱きしめたくなりました。

絵のタッチ、表情がほんとに1歳の赤ちゃんぽいのですが
行動力がすごい。
上の子の表情をじっくりみてなかったけど
こんなにあどけない顔をしていたっけな…と
ぎゅっと抱きしめました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 姉のプレゼントってうれしいのかな  投稿日:2018/11/16
いもうとのにゅういん
いもうとのにゅういん 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
妹のいる4歳の娘は
この本を何度も読んで欲しがります。
あさせがプレゼントを思いついたところで
答えを言うのが大好き
そして渡してあやちゃんがにっこりするところで
むすめもにっこりします。
布団に入った後もこの本の話をしてほしがります
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 4歳の娘が夢中になる美しいイラスト  投稿日:2018/11/16
おどる12人のおひめさま
おどる12人のおひめさま 作: グリム童話
絵: エロール・ル・カイン
訳: 矢川 澄子

出版社: ほるぷ出版
4歳の娘が大好きです
毎晩靴がボロボロになっている秘密を
解き明かしていくお話なのですが
絵がとってもきれいで
夜な夜なお姫様たちの出かける先が
こんなに素敵なところなのね、とうっとりします。

お話は長く文章が多いのですが
じっと聞いています。
落ちやひっくり返るようなストーリーではないのですが
何度見ても落ち着くようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ものすごく示唆に富んだお話し  投稿日:2018/10/20
たくさんのお月さま
たくさんのお月さま 作: ジェームズ・サーバー
絵: ルイス・スロボドキン
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 徳間書店
ものすごく文章が多いのと
言い回しが凝っているので
4歳の娘にそのまま読むと難しすぎたので
2回目からはお話を端折って読みました

王様がとても偉くて難しいことを言う人に聞いてみますが
女の子に聞いてみればいいんだよ、という
そんな展開が母の私には沁みました
子供が答えを知っている、そんな問いも世の中にはいっぱいあるはず
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵本になりたい女の子の心  投稿日:2018/10/20
のはらひめ おひめさま城のひみつ
のはらひめ おひめさま城のひみつ 作: なかがわ ちひろ
出版社: 徳間書店
お姫様になりたい女の子が
おひめさまになるための勉強を始めました

いままでたくさんのプリンセスの本を読んだり映像を見たりしているので
こんなことが必要なんだよね、わかるわかるー
と4歳ながら楽しそうに読み聞かせを聞いていました

文章の量は多めなのですが
読んでいてとても楽しいので
何度も子供が読んでほしいともってくる絵本です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 4歳児の心になにか響きました  投稿日:2018/10/15
おひめさまのけっこん
おひめさまのけっこん 作: ラッセル・ジョンソン
絵: バーナデット・ワッツ
訳: ささき たづこ

出版社: 西村書店
バーナデッツ・ワッツ氏のヘンゼルとグレーテルの表紙が
とてもおいしそうで子供のお気に入りになったので
同じ方がイラストの本をいくつか手に取ってみましたが

4歳児の心に深くしみこむ何かがあったようで
繰り返し読んでほしい、お話を聞かせてほしいとせがまれます

お姫様ものですが、王子さまは出てきません
でも、最後お姫様はとても幸せになります
4歳の娘に内容がわかるのかな?と思いましたが
読み終わった最後に「最後に一つわすれてるよ。『こうして、おひめさまはおひめさまでなくなりました』だよ」というので
娘にもお話が伝わっているようです
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい バーナデット・ワッツさんの絵本は本当に絵がきれいです  投稿日:2018/10/15
雪ばら紅ばら グリム童話
雪ばら紅ばら   グリム童話 絵: バーナデット・ワッツ
訳: おおばみなこ

出版社: 西村書店
4歳児が大好きな絵本の一つです

もとがグリム童話のせいか文章は長いです
本筋以外の部分もいろいろ説明がしてあって
奥行というかふくらみがあります(最近の本はこういう文章が削られてしまっているそうです)

紅ばらちゃんと雪ばらちゃんのふたりが
森の中でお母さんと暮らしている情景のイラストがほんとに素敵です
熊もかわいらしく、とっても優しそうなのがちいさな目から伝わってきます
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 美しい絵の悲しいお話  投稿日:2018/10/15
アンデルセンの絵本 人魚ひめ
アンデルセンの絵本 人魚ひめ 作: アンデルセン
絵: リスベート・ツヴェルガー
訳: 角野 栄子

出版社: 小学館
ディズニーのアリエルの原作を読みたいというので
せっかくだから絵と文がしっかりしている昔のものを、と思い
これを手に取りました

悲しいお話なのは知っていましたが
改めて読むとやっぱり悲しいお話です。

一番最後のシーンは、美しい海と太陽で
人魚姫が穏やかに泡になったのが伝わるのですが
その分4歳の娘は、人魚姫が泡になって消えてしまったのがどうも納得いかないようで
自分なりにハッピーエンドにしようとお話を変えていました
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お腹が空く文章なら誰にも負けない  投稿日:2018/10/11
あま〜いしろくま
あま〜いしろくま 作・絵: 柴田 ケイコ
出版社: PHP研究所
とにかく読みながらお腹が空いてしまいます
しろくまが絵に隠れているのも面白いのですが
文章がおいしそうで、声に出して読み進めるほどお腹が空きます

とくにたいやきがとっても面白い
あたまからたべちゃうなんて、でした
参考になりました。 0人

186件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット