虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
りおらんらんさん 40代・ママ

表情がみえる
虫の写真絵本です。 虫って表情がみえ…

エリッチビンさんの公開ページ

エリッチビンさんのプロフィール

ママ・30代・北海道、女3歳

自己紹介
3歳の娘のママです。
育児と趣味の時間の両立に悩む毎日です。
好きなもの
手仕事が大好きです。手芸、大工仕事モドキ等々。
ひとこと
私自身はあまり(絵)本を読まない子どもでした。読書家の母がとても嘆いていましたが、大人になって読書の面白さを知りました。
我が娘には、早くから本に親しみ、その楽しさを知ってほしいと願っています。
多くの本に出会うことが、多くの世界に触れる機会と可能性を与えてくれるものと思っています。

エリッチビンさんの声

30件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ぜったい選ばなきゃならないの?  投稿日:2008/02/29
ねえ、どれがいい?
ねえ、どれがいい? 作: ジョン・バーニンガム
訳: 松川 真弓

出版社: 評論社
まさに究極の選択。

初めて読んだのは娘が2歳の頃。
その頃は、ただ絵を見て「キャッキャッ」と喜んで
いただけでした。
ところが3歳を過ぎた頃から、真面目な顔をして
「・・・これ」と選ぶように。
そして今、
「・・・絶対選ばなきゃならないの?全部嫌よ〜!」

子供の反応が変化していくさまが、とても面白いです♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 春のお話なんですね!  投稿日:2008/02/27
ぐりとぐらのおおそうじ
ぐりとぐらのおおそうじ 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
大掃除・・・てっきり「年末」のお話だと
思い込んでいました。

先日、おばあちゃんが買ってくれたこの絵本。
「季節的に、どうかな・・・」と。
ところが、まさにタイムリーな内容!
娘は喜んで、お片づけもするし、廊下の掃除は手伝い
たがるし・・・♪
日に5回は読んで欲しいとおねだりする、我が家の
大ヒット絵本となりました。

「ぐりとぐら」シリーズは、文に適度なリズム感が
あって、読む側も楽しいですね。
主人が読み聞かせているのを聞いて、感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 待っていました!  投稿日:2008/01/20
14ひきのもちつき
14ひきのもちつき 作・絵: いわむら かずお
出版社: 童心社
14ひきシリーズ、大好きです。
3歳の娘は毎晩、シリーズのうちの1冊を読んで欲しいと持ってきます。
待望の新刊です。

この本は、娘のクリスマスプレゼントにしました。
次の「お正月」という行事を意識させる為に。
クリスマスツリーの下でこの絵本を読み始めた娘は、
「餅つきした〜い!!」と大騒ぎ。
そして、お正月が待ち遠しくなった様子でした。

「14ひき〜」シリーズはどれも、日本の自然や伝統行事を
子供にも解り易く描いていて素晴らしいですね。
「お正月の様子」ではなく、「お正月を迎える準備」の
餅つき風景が題材である点が貴重に思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なつかしの名作  投稿日:2007/06/12
どろんこハリー
どろんこハリー 作: ジーン・ジオン
絵: マーガレット・ブロイ・グレアム
訳: わたなべ しげお

出版社: 福音館書店
私自身、子供の頃に読みました。
思いっきり泥んこになってみたい・・・、そんな気持ちを
ハリーが代わって体現してくれたかのように思っていました。

娘も、そう。
「石炭のすす」は知らないけれど、何かしらワクワクするものだと思っている様子です。

手についてなかなか落ちないサインペン、
お風呂でよ〜く洗うと落ちるよ、と言うと
「ハリーみたいだね!」
と目を輝かせました。

生活に、読んだ絵本が浸透している喜びを感じます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 読みながら、の〜んびり  投稿日:2007/06/12
のんびり森のぞうさん
のんびり森のぞうさん 作: かわきたりょうじ
絵: みやざき ひろかず

出版社: 岩崎書店
お話も、動物たちの顔も、色合いも、の〜んびり♪

「赤」が「郵便やさんの色」、何度も読んでいるうちに
何となく解ってきたような、そうでもないような・・・。

ストーリーは、3歳の娘には難しいけれど、
雰囲気を味わっている様子です。

丁寧な語り口と、繰り返しのある文章。
子供はそれだけでも嬉しいようです。
いつか大きくなって、
「この絵本のストーリー、こういうことだったのね!」
と気付いてくれるのが楽しみです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 頭が大きくて♪  投稿日:2007/06/10 22:44:00
ペネロペ ぬいぐるみM
税込価格: \1,980
可愛くて可愛くて!
中綿がしっかりと詰まっていて、抱きしめ具合がイイんです♪

お腹のポケットもちゃ〜んと、「ポケット」になっているんですよ。
娘はそこに指人形を入れて、
「ペネロペ、抱っこしているよ!」と見せに来ます。

お人形シーちゃんのワンピースがピッタリで、最近は
それでドレスアップしています。

自信を持っておすすめしたい 子育てというもの  投稿日:2007/06/06
ぽとんぽとんはなんのおと
ぽとんぽとんはなんのおと 作: 神沢 利子
絵: 平山 英三

出版社: 福音館書店
なんとも優しい気持ちになります。

こぐまの問いかけに、かあさんぐまは、それはそれは優しく応えます。
それは、冬生まれのこぐまたちが春にそとの世界を見るまでのお話。
でも、もっと、人生の長いスパンに照らし合わせることもできるようにも感じます。

そう思うと、その優しい優しい応えが、文字面より一層
深く、広く感じられます。

我が子が旅立つその日まで、このかあさんぐまを折々に思い出ししながらすごしていけたらな・・・と思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あまり怖くないまじょ(笑)  投稿日:2007/06/04
まじょのふるどうぐや
まじょのふるどうぐや 作・絵: 佐々木 マキ
出版社: 福音館書店
娘にとって初めての「マンガっぽい」絵本。
思いがけず、大ウケです!

ストーリーよりも、セリフの方が面白くて、
それは娘も同じ様子で、真似ます。
特に、まじょ。
「ひひひ、もう おそいわ」等々。

この絵本を読んで以来、書店で選ぶ絵本の幅が拡がりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 結婚って・・・  投稿日:2007/06/04
しろいうさぎとくろいうさぎ
しろいうさぎとくろいうさぎ 文・絵: ガース・ウィリアムズ
訳: 松岡 享子

出版社: 福音館書店
色合い、ストーリー、・・・大人向けのメルヘン(?)なのかな、
と思っていました。

でも、「結婚」の意味も知らない子供でも好みます!
眼を丸くした表情などに、最初惹かれた様子ですが、
何といっても、語り口の優しさが魅力のようです。

「結婚」を何とはなしに知ってもらえたら・・・
「結婚」の純粋な意味での動機を感じ取ってもらえたら・・・
パパとママの結婚、ひいては将来の娘自身の結婚を考える時に
この絵本を読んだことを思い出してくれたら・・・

などと、心をめぐらせながら読んでいます。

まだまだ、ず〜っと先のことですケドね♪
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 発想がスゴイ!  投稿日:2007/06/04
くもりのちはれ せんたくかあちゃん
くもりのちはれ せんたくかあちゃん 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
雲の上は、晴れ。
そういえば そうだな、と私。
そうなんだ!、と娘。

凧に洗濯物を干すこともスゴイけれど、
かみなりさんを一緒に干してしまうなんて!
さらに「ごわごわ」になったかみなりさんを
お風呂で再生(!)するとは!!!

こんな発想、子供には大ウケですよね!

お天気の良くない、ちょっとツマラナイ日なんかに
読んであげると盛り上がります。
何だか、楽しい気分になります。
参考になりました。 0人

30件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』監修者・金田一秀穂さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット