なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

えみわたさんの公開ページ

えみわたさんのプロフィール

ママ・30代・広島県、女6歳 女3歳 男0歳

えみわたさんの声

10件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 親子2代で楽しんでます  投稿日:2003/05/26
どろんこハリー
どろんこハリー 作: ジーン・ジオン
絵: マーガレット・ブロイ・グレアム
訳: わたなべ しげお

出版社: 福音館書店
わたしが小学校に入学して、はじめて貰った国語の教科書に載っていたのが「どろんこハリー」でした。とても印象に残ったお話で、わたしが高校生の頃ふと本屋さんで見かけ絵本を買いました。その10年以上前に買った「どろんこハリー」を今娘達に読んであげています。
汚れてハリーだと分からなくなってしまった「ハリー」。
最後はどうなってしまうのか?
子供達の目は「ハリー」にくぎ付けです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う やっぱり「おかあさん」大好き!  投稿日:2003/01/25
ふんふんなんだかいいにおい
ふんふんなんだかいいにおい 作: 西巻 茅子
出版社: こぐま社
主人公の女の子は、たくさんの動物達と友達になっておうちに連れてきます。女の子のおかあさんがお食事を作ってくれるのですが、みんな(動物達)自分のおかあさんを恋しくなるんですよね。「おかあさん」と子供の切ってもきれない愛情を、穏やかな気持ちで理解していける1冊だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 最後まで聞いてくれるかな・・・  投稿日:2002/10/29
いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう
いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう 作・絵: バージニア・リー・バートン
訳: 村岡 花子

出版社: 福音館書店
この絵本には、色がついてません。つまり、白黒です。娘に初めて読んであげる時、色のついてない絵本ですぐに飽きてしまわないかと、とても心配でした。でも、読み始めると話の内容に夢中でした。機関車「ちゅう ちゅう」のちょっとした冒険。音の楽しさ。きっと子供が夢中になれる1冊だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 順場をおぼえる本です  投稿日:2002/08/27
ノンタンぶらんこのせて
ノンタンぶらんこのせて 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
ノンタンシリーズの1冊です。1つしかないぶらんこをノンタンが独占して、みんなを困らせるおはなしです。お話しの中でみんなが「じゅんばん」と声をそろえて言ってるとこなど、日常でもよくありそうな話で子供にとっても人事ではないと思える1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お誕生日に読んであげて!  投稿日:2002/04/22
うさこちゃんのたんじょうび
うさこちゃんのたんじょうび 作・絵: ディック・ブルーナ
訳: いしい ももこ

出版社: 福音館書店
おなじみ「ミッフィー」ちゃんシリーズの1冊です。この本を自分の子供の誕生日の前に読んであげると、自分の誕生日が待ち遠しくてしかたないようでした。文章自体も長くないので、赤ちゃんのときから語りかけるように読んであげて欲しい1冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 遊びながら読めます  投稿日:2002/04/22
つまんでごらん
つまんでごらん 作・絵: 五味 太郎
出版社: 偕成社
手のひらサイズの絵本です。絵本に穴が開いていて、実際に自分の指を使って描いてある絵をつかめるようになっています。子供と一緒に摘まみあいこをして読むと「きゃはきゃは」笑ってくれます。スキンシップをかねて読んでみてはどうでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ネコの行方が気になる本です  投稿日:2002/04/22
タンゲくん
タンゲくん 作・絵: 片山 健
出版社: 福音館書店
少し文章が長いので、おちついて読んであげたい1冊です。突然女の子のおうちに、片方の目がつぶれたネコがやってきます。それから女の子は、ネコのことが気になって仕方ありません。女の子の想像力と、絵本を見ている側の想像力が同時に膨らんでいく1冊だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ようちえんの事がわかる本です  投稿日:2002/04/22
ようちえん
ようちえん 作・絵: ディック・ブルーナ
訳: いしい ももこ

出版社: 福音館書店
「ディック・ブルーナ」シリーズの1冊です。ミッフィーちゃんは出てきませんが、ブルーナさんの描くキャラクターがようちえんの1日を物語ってくれます。「ようちえん」とは何?と思っているお子様に読んであげるのい良い1冊だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夜なかなか寝ない子にお勧め!  投稿日:2002/04/19
ねないこ だれだ
ねないこ だれだ 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
うちの娘はこの本で「おばけ」というものを知りました。夜寝ないで起きている子はお化けに連れて行かれるというお話です。せなけいこさん独特の絵(ちぎり絵)が、やわらかい感じを出してくれています。夜、なかなか寝ないお子様にいかがでしょうか?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何度読んでも飽きません  投稿日:2002/04/15
しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
この本は、わたしが子供のときからある本です。主人公のしろくまちゃん&こぐまちゃんは、子供に親しみやすいくまさん(ぬいぐるみみたい)できっと子供達は、すぐに名前を覚えてくれるでしょう。「ぴちぴち」「ぽたぽた」などの擬音語も沢山使われていますので、お母さんが読んであげるのにぴったりの本だと思います。
参考になりました。 0人

10件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット