ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

トッティ

ママ・30代・奈良県、男9歳 男6歳

  • Line

トッティさんの声

18件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 終わりよければ・・・  投稿日:2007/07/18
バーバちゃんのおみまい
バーバちゃんのおみまい 作: 神沢 利子
絵: 山脇 百合子

出版社: 偕成社
小さい頃から『あひるのバーバちゃん』が大好きだった子ども達。図書館で続編『バーバちゃんのおみまい』に出会いました。

友だちのお見舞いに行くため、バーバちゃんは『元気の元は食べること!!』と楽しく作ったお菓子を味見したものの、あまりにも美味しくって、気付くと残りひときれに・・・
友達に会いに行く途中にもハプニング続出です。

でも、どんなことがあってもバーバちゃんはへこたれずに、前向きです。楽天家?なんでもプラスに考えちゃいます。
予定通りにはいかないけど、最後は皆で『あはははは』
なんてステキなんでしょう。
バーバちゃんだけでなく、周りの皆も『あはははは』と笑えるところが、すごくイイ!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ラッキーだけじゃないっ!  投稿日:2007/07/18
えんぴつはかせ
えんぴつはかせ 作・絵: 山岡 ひかる
出版社: 偕成社
まさるが勉強していると、とっても不思議でステキな出来事が起こります。
勝手に動いて問題を解いてくれる『はかせ』という名のエンピツ。最初は『ラッキー』と思っていたまさるですが、段々と、はかせVSまさるの戦いが始まります。
授業で『はかせ』を使うと、すぐに漢字を覚えてしまうので、なんとしてでも勝ちたいまさるは、授業中は『はかせ』を使わずに一生懸命勉強します。
『はかせ』に勉強以外のことも教えてあげたいと思い、ノートにたくさん書き留めます。
『はかせ』と別れたくないために色々な方法を考えます。
別れの場面では、なんとも切ない気持ちにもなります。

最初は『ラッキー』だけだったはずなのに、いつのまにか、負けたくない!と勉強をして、相手のためにも何かをする、物を大切にする、この絵本には色々な意味が込められているのでしょう。
最後にはまたまた『ラッキー♪』
新しい出会いがありました!

子どもにとって大切な内容なんだけど、おも〜く感じないのは、この作者である、山岡ひかるサン。
なんと! 紙とカッター、のり、のりをふきとるための筆のみを使用した、切り絵ですべてのページが表現されています。私は最後の作者紹介を見るまで気付かなかったのですが、読み返してみると、隅から隅まで切り絵です。それだけでも感動ですよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 奥深い・・・  投稿日:2007/07/11
ふらいぱんじいさん
ふらいぱんじいさん 作: 神沢 利子
絵: 堀内 誠一

出版社: あかね書房
昔に読んだ記憶があるような…ないような。
でも、懐かしく思い、書店で買おうか迷いましたが、その後すぐに古本屋で発見し、今度は迷わず買いました。

絵本に物足りなくなった1年生が読むにはピッタリの本です。絵も懐かしいけど可愛く、動物も沢山登場するので、子どもも喜んでいました。

出だしに、ゴキブリに励まされ、旅に出ようとする場面はチョットびっくりしましたが、その後の冒険はとても楽しいものです。
家に新しいフライパンがやってきて、玉子焼きを焼いてもらえなくなった、ふらいばんじいさん。希望を持って、旅に出ました。
色々な出会いを経て、最後には自分にはなにもできないと思ってしまい、動けなくなった、ふらいばんじいさん。
でも、ラストシーンは…よかったよかった。どんなものでも、どんな人でも、誰かのために生きることが出来るのです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 私も描いてみた♪  投稿日:2007/07/11
エンバリーさんの絵かきえほん モンスターをかこう!
エンバリーさんの絵かきえほん モンスターをかこう! 作・絵: エド・エンバリー
出版社: 徳間書店
エド・エンバリーのファンであるわたし。
この本は図書館で見つけた私の独断で子ども達に借りてきました。
まる・さんかく・しかく・なみせん・ぐちゃぐちゃせん・ちょくせん・が描けるなら誰でも描けちゃうモンスター。
パーツは単純なんだけど、とてもこわ〜いモンスターが!とてもキュートなかいじゅうが!描けちゃいます♪
子どもも大人も、上手に描けますよ〜
この本から、子ども達がもっともっとお絵かきを楽しんでくれたらなぁって思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おっきいねぇ〜  投稿日:2007/06/18
カブトくん
カブトくん 作: タダ サトシ
出版社: こぐま社
まずは…子どもと同じ大きさのカブト君ににっくりです(*^▽^)// ほんとにいたら・・・・どうだろう。。。

こんちゃんとカブト君との出会い。
一緒の時を過ごし楽しくて楽しくてカブトくんはこんちゃんが、こんちゃんもカブトくんが大好き。
でも、次第に自分の居るべき所を見つけてしまいます。
それが、本来居るべき場所なのに、大好きな人と別れなくてはいけない・・・ちょっぴりさみしいですが。。。
最後はちゃ〜んと、ほんわか〜に読み終えることが出来ます。
夏になると、クワガタ捕り・カブト捕りに繰り出す、息子達ですが、森の生き物達が、人間の世界で暮らすということを少し考えることが出来たらなぁ。。。なんて思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あぁぁ懐かしい。。。  投稿日:2007/06/18
ことばのべんきょう1
ことばのべんきょう1 作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店
私の記憶が正しいのなら、この本は小さい頃に家にあったはず。
私は表紙からして大好きでした。クマさんの読んでいる本の中に、クマさんが居て、そのクマさんの読んでいる本の中に、クマさんが居て・・・
私はクマさんじゃないなぁ…って。
図書館で見つけたときは感動しました。当たり前ですが、内容は変わらず、『あぁこんなんあってんなぁ』っていう懐かしいものが、出てきます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ごていねいに・・・  投稿日:2007/06/18
ことばのべんきょう3くまちゃんのごあいさつ
ことばのべんきょう3くまちゃんのごあいさつ 作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店
懐かしいミニ本です。
とにかく読んでいただいたら、分かります。
ごめんなさい、こんな投げやりコメントで・・・。

私達はこんなに丁寧に会話しているのでしょうか。
・・・親しき仲にも礼儀あり・・・
なんて躾の行き届いたクマさん家庭なんでしょう・・・
言葉のべんきょう、まさにそうです。
身だしなみもキチンとしていて、このクマさん一家がすごくお金持ちな家庭なんだなぁって感じた記憶があります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 肩の力を抜いて・・・  投稿日:2007/06/11
正しい暮し方読本
正しい暮し方読本 作・絵: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
うんうん。そうそう。
親になると、子どもに対して、『正しい』理想を求めてしまいませんか?
私という人間は、かなり大雑把に出来ているので結局は『まぁいいかぁ』で終わらせてしまいます。でもたまに『こんなんじゃだめだ〜子どもも私のように大雑把になってしまう!!』とも思うのです。
この本は五味さん節で、かわいいイラスト+『まぁいいかぁ』を肯定してくれたような気がして、大人側から見ても、すごくホッとできる本でした。

【正しい靴のはき方】
『かかとを踏まないで履くのよ〜』と言いますが、この本の『靴を正しく履かなければならない理由』がおもしろくって、子どももキチンと履いてくれそうです。靴の中でかえるがものおもいにふけっていたら大変ですものね。
【正しいホームランの打ち方】
なるほど・・・そうだったのか・・・愛か。。。
【正しい電信柱ののぼり方】まさにそうです。その通り。それ以外に方法はありません。。。
  
他の【正しい・・・】もどれも納得【正しい!!】と思ってしまいました(*^▽^)//

何が正しいか分からないまま『当たり前だから』と注意するよりも、色んな世代がいて、色んな考え方があって、色んな正しさがあるんだと、肩の力を抜いて楽しく暮らしたいなぁって思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい くだらなさすぎて(謝)・・・サイコーです  投稿日:2007/06/09
こんにちワニ
こんにちワニ 作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: PHP研究所
おやじです。
これぞ、親父ギャグです。
いない いない ・・・ばぁちゃん(*^▽^)//
もう サイコーです。

この作者の方、知らず知らずのうちに、ワタクシのツボに入っています。子どもの心以上に私の中にインプットされています。

『じゃんけんポン酢』『あいこで醤油』・・・くっくっくっゞ(_△_ )ゞ
これぞ、じゃんけんです。
今日から世界基準としてじゃんけんはこれにしましょう。

子どもも何度も読むうちにハマったらしく、ゲラゲラと笑って、とっても楽しそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい まだまだ広がります  投稿日:2007/06/09
ぼくのうちはどうぶつえん
ぼくのうちはどうぶつえん 作・絵: みやざきひでと
出版社: ブロンズ新社
眠れない日に、フト部屋を見渡すと、いつもの風景が、色んなものに見えてくる・・・。
子どもの想像力はすごいですね。

あぁ眠れない。
枕が!
ハンガーが!
トイレが!
玄関マットが!
でも、そんなのは、もちろん夢のハナシ。

でも!でも!でも!!
うわぁぁぁ〜枕がぁ!!布団がぁぁ!!

最後の1ページは子どもも『でたーー!!』と大喜びでした。
参考になりました。 1人

18件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

『うみべのおはなし3にんぐみ』翻訳家・小宮由さんインタビュー

出版社おすすめ

  • かえるのはなび
    かえるのはなびの試し読みができます!
    かえるのはなび
    出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    花火作り名人のかえるが花火大会の準備をしていると、ゾウが花火を鼻の中に入れてしまい……?!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット