アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ゆきしろさんの公開ページ

ゆきしろさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

ゆきしろさんの声

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う モノトーン故の奇妙さ  投稿日:2017/02/09
雪ふる夜の奇妙な話 妖会録
雪ふる夜の奇妙な話 妖会録 作: 大野 隆介
出版社: ロクリン社
想像していたよりも怖かったです、絵が。
ストーリーはありがちな展開ですが、構成が面白いと思いました。
モノトーンが奇妙さを増して、次々と出てくる妖怪たちは不気味さの中にもユーモラスなところもあるのですが、怖さの方が勝っているかな。
怖いものが苦手な子は要注意。特に最初の雪女。
巻末の妖怪たちの紹介文を見ながら、どれがどの妖怪かを探しながら読むのも一興です。

参考になりました。 0人

なかなかよいと思う その気持ち、わかるけどね  投稿日:2016/11/05
つきよの3びき
つきよの3びき 文: たかどの ほうこ
絵: 岡本 順

出版社: 童心社
お話も絵も素敵です。
柔らかい雰囲気の中に、子供たちの感情、声が聞こえてきそうな動き、お月さまの優しさが感じられます。

お母さんに叱られて、夜に家を抜け出して物に八つ当たりしたり、浮かれて面白がってイタズラをしちゃったり。
うん、わかるよ、その気持ち。
優しい子守唄に、やっぱりお母さんが大好きなことに気付いて急いで帰る。
うん、そうだよね。

でも、ほんの少し引っかかる。
イタズラの後始末はちゃんとしてくれたのかしら・・・。

最後に窓越しに描かれた3びきの親子の優しい表情からすると、そんな心配はきっと無用なのでしょうね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う その言葉、頷いちゃいました  投稿日:2016/11/03
あらいぐま洗車センター
あらいぐま洗車センター 作: 岡林 ちひろ
絵: オオサワ チカ

出版社: 長崎出版
あらいぐま達が懸命に洗車をする姿が可愛くユーモラスです。
文章はリズミカルで読みやすく、汚すにも程がある、といった車が誰のものかを考えながら読むのも楽しかったです。

よごれは元気に生きてるしるし。

時に子育てに追われてしまうママ達パパ達からすれば、そんな悠長なことは言ってられないかもしれませんが、それでも、そうだよねと思いました。
たくさん働いて真っ黒になってしまっても、お互いに洗い合ってきれいになったら、

また よごそう また あらおう。

きっと自分達の仕事が好きで、毎日を楽しんでいるのだろうな。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う それって、おめでたくないよね  投稿日:2016/10/30
おめでとうおばけ
おめでとうおばけ 文・絵: あらい ゆきこ
出版社: 大日本図書
お祝いにやって来るおばけ達。
何のお祝いか見当もつかないたろちゃんとお母さん。
おばけがお祝いに来る目的って、人間にとってはあまり良いことではないような・・・と思っていたら、やっぱり!!
おどろおどろしくはないけれどインパクトを与える絵は、楽しさの中に怖さをわずかに含んでいるように感じられました。
お母さんの顔色が、まさしく顔の色が変わっていく描き方も面白かったです。
おばけ以上の迫力でおばけ達を追い返すお母さんの姿が素敵でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なるほどね!な、おはなし  投稿日:2016/10/28
ドングリ・ドングラ
ドングリ・ドングラ 作: コマヤスカン
出版社: くもん出版
噴火した火山のある島へ、命をかけるほどの数々の苦難を乗り越えてまで何のために行くのだろうという疑問は、なるほどと唸ってしまうような結末で解けました。
大抵の絵本では可愛く描かれるであろうリスが怪獣のように見えるのも面白く、多種多様なドングリたちは皆個性的で、あの有名なキャラ探しの絵本のような楽しさもありました。
ストーリーを楽しむのも良し、絵を見て皆でワイワイするのも良し、といった感じです。
余談ですが、ドングリを拾いに行きたくなりました。
参考になりました。 0人

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

とっておきの場所をとられちゃったククー、さあどうする…?!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット