ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

あきのうみさんの公開ページ

あきのうみさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、3歳

あきのうみさんの声

16件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 気持ちよさそ〜う!  投稿日:2007/10/01
トマトさん
トマトさん 作: 田中 清代
出版社: 福音館書店
夏にプランターでトマトを育てました。
そのせいでしょうか?それれとも表紙のトマトの迫力のせい?子供が読んで!と借りてきました。

川で泳ぎたいのに重くて転がれないトマトさん。
虫やとかげ、亀さん達の協力でゴロ〜ンとかわに落ちていきます。
ジャップ〜ン!気持ちよさそうなトマトさんの表情。つられこちらも笑顔になります。

爽快な気持ちで読み終えることができました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人になっても友達!  投稿日:2007/10/01
みんなともだち
みんなともだち 作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: 童心社
転勤で引っ越すお友達に贈りました。

初めての子育て。
些細なことに悩んだり、不安になったり・・
そんな中 同じ立場の親子に出会えました。

絵本の子供達と同じく、母達も友達になれました。
子供の成長と共に、母達も少し親になってきた気がします。

そんな友達に贈りたくなった絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ぽわ〜んと飛んでみたい  投稿日:2007/09/10
ぽわんぽわ〜ん
ぽわんぽわ〜ん 作: わたなべ ゆういち
出版社: あかね書房
かばさんのはなちょうちんで空をぽわ〜んと浮かぶ!なんて楽しそうかしら!
かばさんの鼻から吸い込まれたカエルくんがおしりから出てくる。。。考え付かない発想が魅力です。
かばさんが息を大きく吸い込むページは子供も一緒に鼻を広げています。
読んだ後 心もポワ〜ンとする絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かっぱはやはり動物かな?  投稿日:2007/09/10
かっぱくんのしりとりどうぶつずかん
かっぱくんのしりとりどうぶつずかん 作・絵: あきやま ただし
出版社: ポプラ社
3歳になり しりとりを理解しはじめたので購入。
「ずかん」のタイトルの通り「どぶねずみ・・いっぱいいるのに全然あえない」などのクスッとする解説?ものっています。
知らない動物も多数あり、後で普通の図鑑で調べる時間も楽しめました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う さんりんしゃ、バスになるの?  投稿日:2007/09/10
さんりんしゃにのって
さんりんしゃにのって 作・絵: とよた かずひこ
出版社: アリス館
三輪車が上手にこげない時に購入しました。
結局は乗る事よりも、タイヤをハンドルがわりに使う事を覚え「ぶっぶー」と回しておりました。その姿は微笑ましい限りでしたが・・・
三輪車を停める時「車庫にはいりまーす」と言うのはこの絵本の影響。
色、文字、絵すべて抑え気味で穏やかな絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いつもおいしそうだね  投稿日:2007/09/10
14ひきのやまいも
14ひきのやまいも 作・絵: いわむら かずお
出版社: 童心社
散歩の途中 むかごを見つけました。
早速子供の「読んでほしい」リクエストがこの絵本。
山は秋色。実りも豊か。全ページ黄金色に彩られ ねずみ達が落ち葉の下をガサカサッ、と移動する音が聞こえてきそうです。
やまいも掘りはした事がありませんが、折らずに掘るのが難しいとか。
みんな力を合わせてほりあげた姿は誇らしい。
そして夕ご飯。14ひきかぞくの食事はいつもおいしそう。
秋の里山散策が楽しみになる一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 私の家にもきてほしい・・・  投稿日:2007/09/10
マニマニのおやすみやさん
マニマニのおやすみやさん 作・絵: つちだのぶこ
出版社: 偕成社
マニマニさんはいつも昼間はいねむりをしています。
なぜなら、夜は眠れないみんなを眠らせる「おやすみやさん」だから。
一緒に絵を書いたり、なぞなぞしたり・・・楽しそう!余計に眠れなくなりそうですが、怖い夢をみる事はないでしょうね。
子供はマニマニさんといのししの達のおっかけっこのページがお気に入り。指で「まてまて〜」と一緒に遊んでいるようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ともだちのともだちはみんなともだち!  投稿日:2007/09/10
ともだちいっぱい
ともだちいっぱい 作: 新沢 としひこ
絵: 大島 妙子

出版社: ひかりのくに
入園を控え読んだ絵本です。
「ともだちのともだちはみんな友達なんだよ」段々友達の輪が広がっていきます。(昔のいいとも!みたい、と思いながら読んでいました)
子供は「園のみんなとお友達になれるの?ふ〜ん」とそっけなく言いましたが、顔は緩んでいます。
最後の作者の言葉「他人と出会うということは・・・自分の世界を広げて豊かにしていくこと」に感銘しました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ここにもいるよ。  投稿日:2007/08/29
バムとケロのおかいもの
バムとケロのおかいもの 作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
お友達のススメで読みました。まずカワイイ絵、やさしい色使いにホッとします。次は知っているキャラクター探し。ストーリーより 何度でも見て、探して楽しむ絵本かなと思いました。あんなにカワイイ市場があったら月に何度でも行ってしまいそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う はらぺこあおむしだね!  投稿日:2007/08/25
ぼくをそだてて
ぼくをそだてて 作: accototo ふくだとしお+あきこ
出版社: 主婦の友社
あおむし、カタツムリ、はち・・・大好きな食べ物を食べて満足気。食べ物が迷路になっています。子供が迷路を理解したのは3歳近くになってから。絵本の楽しみ方が変わったようです。蝶になると「はらぺこあおむしと一緒だね!」と大満足。
参考になりました。 0人

16件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

「絵本 チコちゃんに叱られる」シリーズ チコちゃんの「エピソード:ゼロ」のおはなし

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット