話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ

*鈴*

ママ・30代・大阪府、女の子11歳

  • Line

*鈴*さんの声

27件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ダイナミックな絵柄が良い!  投稿日:2015/04/08
ニコとねずみのすてきなせかい
ニコとねずみのすてきなせかい 作: マンフレート・マイ
絵: ヨッヘン・シュトゥーアマン
訳: 斉藤 洋

出版社: フレーベル館
ネコに食べられそうになったねずみが、「食べないでくれたら、素敵な世界を見せてあげる」と宣言。その言葉に興味を持ったネコがねずみと様々な所へ出掛けるお話。ダイナミックな絵に惹かれ、中をパラッと読んでみたら面白そうだったので、図書館で借りてきた。ネコとねずみの掛け合いが面白く、中でもジェットコースターのシーンは、娘のお気に入り。最初の強気な印象からは想像できない、意外とヘタレなネコが可愛かった♪
参考になりました。 0人

ふつうだと思う ちくわが主役の関西弁絵本  投稿日:2015/04/08
ちくわのわーさん
ちくわのわーさん 作: 岡田 よしたか
出版社: ブロンズ新社
わーさんがぶらり旅の道中で、色んなモノたちと出会うお話。うーやんが面白かったので、続けて読んでみた。娘は、このお話も喜んで聞いていたけど、私個人はうーやんの方が起承転結があって好みやったかなー。わーさんの方は色々唐突な感じが否めなかった。でも、海苔巻きから海苔と具を借りるシーンは面白かったwwただの細長いご飯になってしまった海苔巻の心許なさったらww
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 「まずい、ぺっぺっ!」が娘のツボに  投稿日:2015/04/08
オオムラサキのムーくん
オオムラサキのムーくん 作: タダ サトシ
出版社: こぐま社
オオムラサキの幼虫が蝶になるまでの旅を描いた話。幼虫、実物は全く好きじゃないんだけど、表紙の絵が可愛く見えたので読んでみた。蝶の幼虫によって食べる草が違うのは初めて知った!どんな草でもいいのかと思ってたよ…!娘はオオムラサキの幼虫が好みでない葉っぱを食べ、「まずい、ぺっぺっ!」と叫ぶ所が好きらしい。読んであげるとその場面が登場するたびにゲラゲラと笑っていたww
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 動物を使ったダジャレが満載  投稿日:2015/04/08
ニャンともクマったもんだ
ニャンともクマったもんだ 作: 新井 洋行
出版社: えほんの杜
ネコのカネコさんとクマのクマダさんが、仲間を紹介する話。全編通してダジャレ満載で息つく暇もないw名前の方に集中するとダジャレ部分のイントネーションがおかしくなったりして、読み手も集中力が必要だった。絵柄がとても私好み。淡い色使いもいい♪まだカタカナ覚えたての娘はカタカナ部分を読むのに苦戦しているけど、自分で読もうとするくらいには気に入っている。「ニャンともクマったもんだ」の台詞を口ずさんでは笑っているw
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 満ち欠けを帽子で表現  投稿日:2015/04/08
おつきさんのぼうし
おつきさんのぼうし 文: 高木 さんご
絵: 黒井 健

出版社: 講談社
帽子屋のおじいさんを空から見ていたおつきさん。その帽子があまりに素敵なので、自分にも帽子を作って欲しいとお願いするお話。魔女の帽子や海賊の帽子、顔がすっぽりと隠れるマジシャンの帽子…と、色んな帽子を作ってもらうのだけど、それが月の満ち欠けとして描かれているのには、なるほどと感心した。空に月がない夜には、娘に「おつきさん、帽子かぶって顔隠してるね」とお話できそう♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 最後のオチに驚きww  投稿日:2015/04/08
こわいものがこないわけ
こわいものがこないわけ 作: 新井 洋行
出版社: 講談社
絵本に出てくるおばけに狼、怪獣達。本当に家まで来たらどうしよう!怯える弟と宥めるお姉ちゃん。最初は平気な顔をしていたお姉ちゃんも、外から聞こえる怪しい音に怯え始め…。子供特有の妄想をお母さんが優しく包んで安心させてあげる、定番の話かと思いきや、最後のページで「そうきたかっ!」と驚かされた。母さんは強いのね!私もそうあれるように頑張ろうwww
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい うどんの出前旅に大笑い  投稿日:2015/04/08
うどんのうーやん
うどんのうーやん 作: 岡田 よしたか
出版社: ブロンズ新社
人手不足のうどん屋さん。出前を配達する人もいないので、うどんが自らお客さんのところへ走っていくという物語w面白いとは聞いていたのだけど、絵柄が私の好みじゃなかったので、図書館で借りてきた。内容に関しては、文句なしの五つ星!セリフは関西弁だし、ストーリーもテンポ良く進むので、読んでいる私まで楽しかった♪娘もケラケラ大笑い。でも、これだけガッツリ関西弁だと、関西圏以外の人は読むのに苦労しそうww個人的にはそうめん合流時の「ぼくら、ほそいでぇ」ってセリフが好き♪
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 賑やかな野菜達の声が聞こえてきそう  投稿日:2015/04/08
やさいのうんどうかいおおさわぎ
やさいのうんどうかいおおさわぎ 作: さくら ともこ
絵: 吉村 司

出版社: PHP研究所
色んな野菜が一堂に会して運動会。でも、ちびっこでひょろひょろのもやしくんはちっとも活躍できない運動会が大嫌い。しかし、ある競技に出たとたん、もやしくんが力を発揮して…。韻を踏んだ文章でテンポが良く読みやすい。そのため、気を付けないとリズムだけでサササーッと流し読んでしまうwあんまり流し読みすると、娘に内容が伝わらないので読み聞かせは意外と難しかった。でも、内容はとても良かった。誰にでも自分を生かせる何かがあるんだって勇気になりそう。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 派手な色味が娘の目を引いたみたい  投稿日:2015/04/08
ちゅっ!
ちゅっ! 絵: かしわら あきお
出版社: ひかりのくに
ペンギンがいろんなものにちゅっ!として変身する話。色が派手で目を引くのと、絵柄が好みで読んでみた。版型が小さくて持ちやすいのも娘的には良いみたい。ペンギンが変身するページでは、一緒になって「◯◯ペンギン〜!」と叫んでいるwwストーリーはないけど、考えずに読めるからか、断トツのお気に入りのよう。何度も何度も繰り返し読んでいた。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 娘に「大好き、ギュー!」を刷り込まんと購入ww  投稿日:2015/04/08
だいすき ぎゅっ ぎゅっ
だいすき ぎゅっ ぎゅっ 文: フィリス・ゲイシャイトー ミム・グリーン
絵: デイヴィッド・ウォーカー
訳: 福本 友美子

出版社: 岩崎書店
うさぎの親子の日常を時系列に沿って描いた絵本。ページには8時、9時と、物語が進むごとに時間表示と時計の絵が描かれているので、時間の概念を知ってもらうのに良さそう。言葉を覚え始めた娘が、この絵本を読むことで、「だいすき、ぎゅっ、ぎゅー!」してくれないかなーと、下心満載で購入したのだけど、親の思惑通りに「ぎゅっ、ぎゅー!」としてくれて、デレデレしたww抱きしめるという最大の愛情表現が、あちこちに散りばめられたほのぼのする絵本。
参考になりました。 0人

27件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット