まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

リキリキさんの公開ページ

リキリキさんのプロフィール

パパ・40代・福井県

リキリキさんの声

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい シンプルだけど・・・  投稿日:2016/11/27
りんごです
りんごです 作・絵: 川端誠
出版社: 文化出版局
「りんごです」
この文章が、最後のページの「いただきまーす」までひたすら続きます。

初めて読み聞かせした時には、なんだこの本??というのが正直な感想でした。

しかし、子供は、読み終えた後、すぐにベビーサインで『もう一回』をやってくれました。子供の『もう一回』に催促されて、続けて読んでるうち、ストーリーがあることに気が付きました。読んでいる大人は、文字ばっかり追っていたのでこの本のストーリーになかなか気づかなかったのです。

読めば読むほど楽しめる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい しーっ、しずかにしてくださーい  投稿日:2016/11/27
しーっ
しーっ 作・絵: たしろ ちさと
出版社: フレーベル館
「しーっ、しずかにしてくださーい」
「なぜかっていうとね・・・・・・」
このフレーズの繰り返しの絵本。

読み聞かせをする際に、
「しーっ、しずかにしてくださーい」のところは、
表紙のウサギのようなしぐさをして
小さい声で読み聞かせしていました。

あるとき、公共の場で大きな声で宇宙語をしゃべっていたので、
読み聞かせをしている時と同じように、
表紙のウサギのようなしぐさをして小さな声で
「しーっ、しずかにしてくださーい」と言ったところ、
ニターっと笑って静かにしてくれました。

「しーっ」の意味を理解してくれていたようです。

静かにしてほしい時に静かにしてくれるようになったのが、
この本の一番の収穫です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい やさしい気持ちになれます  投稿日:2016/11/06
きをつけて1
きをつけて1 作: 五味 太郎
出版社: 童心社
大きいトラックが小さいトラックを気遣うお話です。

文章中、何度も「きをつけて」が出てくるのですが、
「きをつけて」のところを読むと
絵のかわいらしさもあり、
なんだか優しい気持ちにさせてくれます。

次は『きをつけて2』も購入してみようかな、と思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いっしょにぴょーん!  投稿日:2016/02/11
ぴょーん
ぴょーん 作・絵: まつおか たつひで
出版社: ポプラ社
支援センターのおはなし会で、
先生がこの絵本の大型本をみんなの前で読んでくれました。

赤ちゃんを膝の上に座らせておいて、
「ぴょーん」のところで、上に赤ちゃんを持ち上げます。
持ち上げると、六か月の息子はとても嬉しそうでした。

それまでいろいろな絵本を読んでいましたが、
ここまで嬉しそうな表情をみたのは初めてで、
家でも読もうと、早速注文しました。

赤ちゃんと体を使ってふれあえるいい絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自分でページをめくりたがります  投稿日:2016/02/07
あけて・あけてえほん れいぞうこ
あけて・あけてえほん  れいぞうこ 作・絵: 新井 洋行
出版社: 偕成社
0才7か月の息子に買いました。
最初は絵本の『れいぞうこ』にあまり興味がなかったものの、
何度か読んでるうちに、
本物の冷蔵庫の方に興味を持ち始め、
絵本の『れいぞうこ』も好きになってきたようです。

最近では、ページを自分でめくりたがるので、
手を添えて一緒にめくって読んでいます。
ページの角が丸く、紙が丈夫なのでめくりやすそうです。

一度読んでやめるとぐずり出すので、
6回連続で読んだこともあります。

次は、同じシリーズの『おふろ』を買おうと思っているところです。
参考になりました。 0人

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット