INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー
作: 香川 照之 ロマン・トマ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

あこちさんの公開ページ

あこちさんのプロフィール

ママ・30代・北海道、男5歳

自己紹介
4歳の男の子のママです。
好きなもの
食べ物では果物。 旅行が好きです。 
ひとこと
沢山の感動する絵本に出会いたいです。 オススメがありましたら、どなたでも構いません。個人的にもご連絡下さい。 宜しくお願いいたします。

あこちさんの声

44件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う さわってたのしむ  投稿日:2009/05/15
のりものだいしゅうごう!
のりものだいしゅうごう! 作・絵: ジェームス・ダイアズ
訳: 朝武 佳美

出版社: 大日本絵画
おじぃちゃん、おばぁちゃんが買ってくれた絵本です。

絵本の各ページごとに布や紐、様々な乗り物の仕掛けが
されており、子供が触って楽しむ様になっていて
絵本に興味を持たせるには、とてもいい絵本だと思います。

子供が、落ち着きのない時期だったので
この絵本のお陰で、本へ興味が薄れなかった気がします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 幾つになっても我が子は可愛い!  投稿日:2009/05/15
パパとママのたからもの
パパとママのたからもの 作: サム・マクブラットニィ
絵: アニタ・ジェラーム
訳: 小川 仁央

出版社: 評論社
クマのパパとママに、三人の兄弟。
いつも子供達に「世界中で一番可愛い」と声を掛けるパパとママ。
次第に子供達は、パパとママは誰が一番可愛いのか
疑問に思い知りたくなるというお話。

子供達の不思議と不安なる各自の思いが、
現れていて、子供の頃そんな事も思ったかなぁと考えてしまいました。

読み終わると「ぼくは、おとうさんとおかあさんのたからものなの?」
毎回、必ず訪ねて来ます。
なのでいつも
「そうよぉ〜!世界で一番の大切な宝物は、あなたなのよ〜!」
読み終わって、このように声を掛けると、子供がウットリ安心してくれるんですよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供との合い言葉ができました!  投稿日:2009/02/07
バーバパパのなつやすみ
バーバパパのなつやすみ 作: アネット・チゾン タラス・テイラー
絵: アネット・チゾン タラス・テイラー
訳: 山下 明生

出版社: 講談社
本屋さんで、子供が選んできた本です。
寝室に置いていたので、寝る前に良く読んでいます。

子供自身が、かなり気に入っているので、自ら持ってきて
「これ読んで〜」と言ってきます。

絵本の中に「クロと言ったらクロ!」「みらいはオレンジ」などの言葉が出てきて
寝るときに部屋の明かりを消した直後に
親が「クロと言ったら?」
子が「クロ!」

子が「みらいは?」
親が「オレンジ!」などと言って
合い言葉のように(もしくは掛け合い?)言ってはクスクス笑っています。
色調もハッキリしていて、子供には見やすいようです。

4歳後期に入り、お昼寝から一人起き上がった時に
自分で、この絵本を「ぼくひとりでよんだよ〜」と言っていました。

ページ事の絵と文章の配分が読みやすかったのだと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ドキドキしながら聞いています  投稿日:2009/02/07
おしいれのぼうけん
おしいれのぼうけん 作: ふるた たるひ たばた せいいち
出版社: 童心社
保育園の通販で購入しました。
初版発行は1974年とのことで、ロングセラー。

ページごとの文章は絵と半分くらい。

カラーページは少なく、鉛筆で下書きしたような絵なのですが、
子供は最後まで、親の傍らから離れることなく
聞いていました。

内容が盛り上がってくると、絵本の世界に自分が入り込んだかのように
「あ〜っ!ねずみばぁさんがぁぁ〜っ!」
親の腕をチネルかのように掴んできて、子供の様子が面白かったです。

さすがロングセラーと思いました。

シンプルな絵本で「どうかなー?」と思いましたが。
試しに読んで上げてみてほしい一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 病院でされることを事前シュミレーション  投稿日:2008/10/27
お医者さんへいく
お医者さんへいく 作・絵: マクシー・チェンプリス
訳: 上野 和子

出版社: 大日本絵画
子供が、初めて病院で診察に掛かるとき、
または物心が付いたときに、病院へ掛かるときに
「なぜ?どうして?何をするの?」と
まごついたり、不安や心配にならないように
病院の流れを
普段からお家で説明してあげると、余計に騒がないと思い
読み聞かせてみました。
実際には、本に載っていた一部はされませんでしたが、
「よくできたねぇ〜」と褒められて
得意満面!!

ある意味、効果はてきめんでしたよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夫と同じ名前の絵本  投稿日:2008/10/27
だいちゃんのちびねこ
だいちゃんのちびねこ 作・絵: やまもと まつこ
出版社: ポプラ社
夫が5歳の頃に同じニックネームだからと、もらった絵本だそうです。
同じ名前で、どちらかというと嬉しくはなく、
複雑な心境だったけど、猫が欲しくなったんだとか・・。

この本は我が子も、何度読んでも最後まで大人しく隣で
聞いていてくれます。

何でも過度になると良くないこと、ほどほどが一番だと言うことが、
子供にもわかりやすいのだと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なつかしい絵本  投稿日:2008/10/27
ちびくろ・さんぼ
ちびくろ・さんぼ 作: ヘレン・バンナーマン
絵: フランク・ドビアス
訳: 光吉 夏弥

出版社: 瑞雲舎
購入した時期は2歳頃でしたが、本格的に読み聞かせ始めたのは3歳くらい。

少々、文章が長いので飽きやすいようです。

虎がバターになるのが、母親の私が幼少の時も不思議でなりませんでしたが

我が子も同じような質問をしてきます。

正直、「分からない・・・。」ロマンのない返事しかできませんが、

「もし、虎のバターなんかがあったら、どんな味がするんだろうねぇ〜?
食べてみたいナァ〜あぁ、虎のバターを食べてみたいナァ〜」

この絵本を読んだ後、親子揃ってこんなことを言うのが楽しいと思っています。

親子で共通のロマンを持っている感じになるんですよね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 切ない友情物語  投稿日:2008/09/21
わたしはあなたをあいしています
わたしはあなたをあいしています 作・絵: 宮西 達也
出版社: ポプラ社
文章が、めいっぱい絵に入り込んでいて、「絵本です」という感じが、楽しいですよ。

ページごとの文章が多いのですが、子供が飽きることは無く、最後まで聞いてくれました。



読んで上げてると「これ悪いねー!」「どうなっちゃったの?」せきをきる姿は
絵本の内容に入り込んでいるンだなと思いました。
やっぱり最後には、親子で泣かされてしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親子そろって泣きました!  投稿日:2008/09/21
きみはほんとうにステキだね
きみはほんとうにステキだね 作・絵: 宮西 達也
出版社: ポプラ社
初めにこの本の表紙を見て、ちょっと怖いなぁ〜、でも気になるなぁ〜と
思っていたシリーズです。

内容は本当に感激しますよ!

あばれんぼうで、意地悪で、ずるくて、じぶんかってな嫌われ者の恐竜が
最後には自分を慕ってくれる本当の友達を持つことができる。
そしてその友達が・・・・あぁ、泣けます!!
これ以上は、親子で読んで泣いて下さい!

嫌われ者の恐竜に、心の変化と成長をしていく様子が描かれた絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほんとうに大切なモノは  投稿日:2008/09/21
ぼくにもそのあいをください
ぼくにもそのあいをください 作・絵: 宮西 達也
出版社: ポプラ社
このシリーズは本当に泣かせてくれます。

登場人物が恐竜で表現された作者さんのセンスが伺えます。

「この世の中で、力よりも強く大切なモノがある」ことを
子供と大人に気づかせてくれるから
親子そろって泣いてしまうのでしょうね。

今回も泣かされてしまいました。
参考になりました。 0人

44件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット