ちいさな魔女とくろい森 ちいさな魔女とくろい森 ちいさな魔女とくろい森の試し読みができます!
作: 石井 睦美 絵: 岡田 千晶  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
石井睦美さんの美しい言葉と岡田千晶さんの幻想的な絵で贈る絵本

ぺすけさんの公開ページ

ぺすけさんのプロフィール

ママ・30代・長野県、女の子5歳 男の子2歳

ぺすけさんの声

9件中 1 〜 9件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 娘のお気に入り  投稿日:2017/07/18
とうさんまいご
とうさんまいご 作: 五味 太郎
出版社: 偕成社
仕掛けのある絵と、リズミカルな言葉が、娘にウケたらしく、
何度も繰り返し読みました。
最後はほぼ暗記してしまい、弟にも読み聞かせをしていました。

迷子になってしまった“とうさん”を探す“ぼく”が悲しさや不安は少しもなく、ポジティブに?デパートの中を歩き回る。
古き良き時代の日本という感じで、五味さんの絵にぴったりの本です。

娘は絵本を読むとき以外でも、「あらら、ちょっとちがうふんいき」と言ってみたり、日常で自分でも使えそうな、ちょっと難しいフレーズが面白かったようです。
絵も工夫されているので、“絵の中に他にもなにか仕掛けがあるのかも・・”という感じで、デパートの中の人をみてまさに研究していました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おばけの子たちも頑張ってるね  投稿日:2017/07/18
こどものとも絵本おばけのおつかい
こどものとも絵本おばけのおつかい 作: 西平 あかね
出版社: 福音館書店
おばけが好きな娘と読みました。

お母さんに頼まれて、おじいちゃん・おばあちゃんの家におつかいへ行く、
さくぴーとたろぽう。そこでのおじいちゃん・おばちゃんのフレーズや対応が、娘が遊びに行ったときの私の両親にそっくり!
思わず笑ってしまいました。

次はおじさんの家へ・・と思ったら、家を間違えて怒られてしまったさくぴー。ちょっとほろ苦い経験になってしまって、そんなこともあるよね・・と娘と話しながら読みました。

しっかりもののお姉ちゃんと、マイペースな弟。
人間の世界と変わらないなぁ〜と共感できるところがたくさんあって読みやすい絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 娘のお気に入り  投稿日:2017/07/18
はいしゃさんにきたのはだれ?
はいしゃさんにきたのはだれ? 作: トム・バーバー
絵: リン・チャップマン
訳: ひろはたえりこ

出版社: 小峰書店
図書館で表紙だけみて「かりる!」といった娘。
ちょっと長いしまだ早いかも? 
まあ無料だし・・と思って借りました。

結果、借りている2週間毎日毎日何度も読みました。
まだマーガトロイド先生の作り話とは理解できなかったようですが、
いろいろな動物が出てくるところと、お皿の上にのった器具が(こわくて)気になって気になって・・。
大きな絵本で外国独特の絵も気に入ったようです。

ちょうど市の検診で歯科検診があったのですが、それはそれは大人しく大きな口をあけていました。
毎日の歯磨きも楽になり、借りてよかったー!!と思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 0歳の息子に  投稿日:2017/07/18
新装版 でんしゃがゴットン
新装版 でんしゃがゴットン 作: 冬野 いちこ
出版社: 岩崎書店
可愛らしくて、はっきりした絵だったので、0歳の息子もわかりやすいかしらと選びました。
読んであげると、じーっと集中してみているようでした。
(手足をバタバタさせて興奮しながら)

絵の中にもストーリーがあり、動物好きの年少の娘はそちらに興味を示していました。
年齢ごとに楽しみ方が変わる絵本だと思います。

小さなサイズの絵本なので、まだうつぶせのできない赤ちゃんと一緒に寝っころがって読むのにもちょうどいいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人も子供も楽しめる  投稿日:2017/07/17
干したから・・・
干したから・・・ 写真・文: 森枝 卓士
出版社: フレーベル館
図書館で表紙の写真にひかれてかりてみました。

娘に読みながら、わたしのほうが「へえ〜!」「そうなんだ!!」と
言いながら楽しみました。
海外の干したものをみて、娘と「わぁー海外ではネズミ食べるんだって・・」と話したり、「これなんだと思う?」と最後は夫も巻き込んで。

お米も干したもの・・。台所の写真ではこんなにも干したものに囲まれていたのかと、驚きました。
日常のなかで身近すぎて “あたりまえ” とあまり考えずに過ごしていたことにテーマになっていてとても勉強になる本でした。

小学生の自由研究(いまもあるのかな?)のヒントにもなりそうな1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しく学べる絵本です  投稿日:2017/07/17
おなら
おなら 作・絵: 長 新太
出版社: 福音館書店
「おなら!」「うんち!」が最近の口癖の年少の娘に読みました。

おならが出るしくみや、動物による違い、我慢するとどうなるかが、とてもわかりやすく書いてありました。

文章も絵も温かみがあって、ほっこり。
娘も動物のおならの音真似を何度も「もう一回やって」と爆笑しながら喜んでいました。
娘の口癖がちょっと気になっていた私も「悪いものじゃないもんね・・」と思える一冊でした。

今回は図書館で借りましたが、自宅用に購入を決めました。
就学前の友達の子どもにも機会があればプレゼントしたい1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 娘のお気に入り  投稿日:2017/07/17
おばけかぞくのいちにち
おばけかぞくのいちにち 作: 西平 あかね
出版社: 福音館書店
おばけは怖い・・でもちょっと気になる、年少の娘に読みました。
保育園に行っていて、下に弟がいるので、自分と重ねてみられるのもよかったようです。
子どもたちの寝相が悪いところや、お父さんがビールを飲んでいるところなど、なにげない日常生活も共感できるところが多く、親も読んでいて楽しめる1冊です。

人間家族の家のネコがおばけマートに来ていたり、文章にはでてこないストーリーが隠れていて、絵をじっくり見るのも楽しいです。

この本を読んでからは寝るとき部屋を暗くして「これからはおばけの時間だよ」というと納得したように寝てくれるようになりました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 0歳の息子に  投稿日:2017/07/17
でんしゃ
でんしゃ 作・絵: バイロン・バートン
訳: こじま まもる

出版社: 金の星社
男の子だから、やっぱり電車?と、4か月の息子に読んであげました。
内容はわかっていないと思いますが、ほかの本を読んだときよりも、
手足をバタバタさせて真剣にみていた気がします。

絵もおしゃれで、文章も無駄がないので、読みやすい一冊です。
今回は図書館で借りましたが、息子のファーストブックとして購入したいと思います。

友達の1歳の息子くんにもプレゼントし、喜んでもらえたようです!

小さいサイズの絵本なので、おでかでにも持って行きやすい一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 初めてのお弁当をひかえた子におすすめ!  投稿日:2017/07/17
おべんとう
おべんとう 作: 小西 英子
出版社: 福音館書店
年少の娘にプレゼントでいただきました。
初めてのお弁当&遠足を終えたばかりのタイミングで、
何度も何度も繰り返し「読んで!」と言われました。

ほっこりする絵で、すこしずつ中身が増えていく・・。
キャラ弁のような派手さはなくても、愛情がたっぷり入っていると感じられるお弁当の出来上がりです。

初めてお弁当を持たせるときは親もドキドキですよね。
お膝の上でゆったりした気持ちで読めば、子どもがお弁当をあけるとき、さらに作ってくれた人の愛情を感じると思います。
参考になりました。 0人

9件中 1 〜 9件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

祝! 10周年記念! 「ばけたくん」シリーズ<br>岩田明子さんインタビュー

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット