オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ぼんぬさん 40代・ママ

売れっ子俳優オオイシさん!
大きな石のオオイシさんは、すもう部屋で…

ひなかんさんの公開ページ

ひなかんさんのプロフィール

ママ・30代・宮崎県、女の子12歳 男の子10歳 男の子5歳

ひなかんさんの声

10件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 大切なことだと思います。  投稿日:2008/12/04
いのちのまつり ヌチヌグスージ
いのちのまつり ヌチヌグスージ 作: 草場一壽
絵: 平安座資尚

出版社: サンマーク出版
この絵本は保育園の発表会で知りました。
年長さんのクラスのことば遊びでの発表で子供達が絵本を丸暗記して絵本の映像と共に発表をするものでした。

絵本の題名の「いのちのまつり」です。
今の自分達がこの世にいるのは、ご先祖様のおかげです。

おばあの言葉の中に、ご先祖様がひとりでもかけていたら今の自分はいないというものがありました。

その通りです。
この世の中、いじめによる自殺、つまらない揉め事や恨みによる殺人と本当にいのちの大切さをわかっている人はどれだけいるのでしょうか。

毎日、美味しいご飯が食べれることも、楽しいおしゃべりが出来るのも、暖かいお布団に寝られて幸せな気分になる事が出来るのも生きているから。

毎日毎日、おかげさまでと暮らして生きたいものです。
と、同時に、久しぶりにお墓にお線香でもあげに行こうかと思う日でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人向け絵本  投稿日:2008/09/30
100万回生きたねこ
100万回生きたねこ 作・絵: 佐野 洋子
出版社: 講談社
100万回生きたねこ。
タイトルが不思議で学生時代に手に取りそのまま購入した覚えがある絵本です。

主人公のねこは、色んな飼い主を転々としながらも、そのたびに何度も死んでしまうのですが、何度も生き返りまた別の場所で新しい飼い主と新たな人生を迎えるというものです。

そんな強いねこが、ある日真っ白なねこに恋をしてしまいました。とても幸せなねこは今までになかった気持ちを持ちはじめる様子が良くわかります。だって、この真っ白なねこに出会ってからは何度も生きるということが出来なくなってしまうのだから。。。

ユーモアのある絵本ですが、いろいろな事が含まれている絵本でもあると思います。気持ちを考えながら読むとつい、涙が出てしまうこともあるかと思います。

いつしか、娘が大きくなってまたこの絵本に出会うときがきたら、どう感じ取ったか是非話がしたいものです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とにかく面白い!  投稿日:2008/09/30
おかあさんのパンツ
おかあさんのパンツ 作: 山岡 ひかる
出版社: 絵本館
甥っ子が持っていた絵本の一冊でした。
初めはタイトルに惹かれて読んでみたのですが、とっても面白くて面白くて。。。

お母さんのパンツ、毎ページごとに笑ってしまいます。
娘のパンツをお母さんがはくと、いろんなものに七変化!

かわいい絵柄もとんでもないものに変化しても、笑ってしまうようなものに変わるので、とにかく面白かったです。

娘のパンツ、私もいつかはいてみようかとちょっぴり思ってしまう私なのでした(笑)いや、はくどころか、入らないわよね(泣)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 一緒にこんばんは☆  投稿日:2008/09/30
おつきさまこんばんは
おつきさまこんばんは 作: 林 明子
出版社: 福音館書店
友達から頂いた絵本のセットの中の一冊でした。
黄色くてまん丸な顔をしたお月様が優しい表情で登場します。

「おつきさま、こんばんは」
このフレーズはこの絵本に限らず、挨拶の言葉として覚えてくれればと思います。娘も、何度も読むに当たり「こんばんは」のフレーズになると、頭をさげて一緒に挨拶をするようになりました。

絵のタッチがやわらかく、とても好きな絵本の一冊でした☆
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ひょうたんぽっくりこ  投稿日:2008/09/19
いもむし ごーろごろ
いもむし ごーろごろ 作: こばやし えみこ
絵: 番留きょう子

出版社: 福音館書店
「ひょうたんぽっくりこ」という言葉がよく出てきます。
お話の中に、ひょうたんが出てくるわけでもなく意味がよくわかりませんが、響きが好きで印象に残るフレーズです。

この本は保育園から娘が持って帰ってきました。
もちろん、大好きな繰り返しのフレーズが沢山ある絵本です。

それにしても、なぜに「ひょうたんぽっくりこ」??
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ファーストブック  投稿日:2008/09/19
じゃあじゃあびりびり
じゃあじゃあびりびり 作・絵: まつい のりこ
出版社: 偕成社
この絵本は友達からプレゼントとして頂いた絵本です。
初めて娘が手にした時はまだ8ヶ月でしたが、1歳になった今では内容も理解出来るものが増え、今ではお気に入りの一冊になっています。

色々なものや、動物が音で表現されています。その中にはもちろん赤ちゃんが初めて口にするかもしれないという身近なものが沢山ありました。わんわん、にゃんにゃん、ぶーぶー。

うちの娘は「あかちゃん あーん、あーん」と赤ちゃんが泣いているページがあるのですが、そのページにくると泣きまねをして笑わせてくれますよ。

ファースト絵本から、1歳になった今でも十分に楽しめるいい絵本だと思います。また、これからもどんどん言葉を覚えていくんだろうと楽しみです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 感動しました!  投稿日:2008/09/19
わたしがあなたを選びました
わたしがあなたを選びました 作: 鮫島浩二
絵: 植野ゆかり

出版社: 主婦の友社
この本は、私が出産前に友達からプレゼントで頂いたものです。臨月に入り、お腹ははじけんばかりに大きくなり不安は募る一方でした。。。

そんな時に頂いた絵本。かなり感動しました。ページをめくるたびに、前が見えなくなり、ポタポタと涙が落ちた事を今でも覚えています。出産という初めてのことに立ち向かう恐怖。本当に自分が母親になれるのだろうかという不安。色々な気持ちを上手に表現し、私が思っていることをそのまま代弁してくれているかのようでした。

これから出産を迎えるママ、育児に疲れているママ。色々な人に是非読んでいただきたい本です。

わたしがあなたを選びました。きっと私の子供もそうしてくれたに違いないと毎日を頑張って生きています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 初めての絵本  投稿日:2008/08/26
がたん ごとん がたん ごとん
がたん ごとん がたん ごとん 作: 安西 水丸
出版社: 福音館書店
私の住んでいる市には絵本をもっと読もうという運動があります。

子供の7,8ヶ月検診の時に頂いたほんです。

がたんごとん、がたんごとん。

と、単調な絵本ですが子供はそれが大好きです。

初めは、じーっと見るような感じでしたが、1歳になった今では、

絵本にあわせて色々な手振りをするようになりました。

がたんごとん、がたんごとん。

「乗せてくださーい!」というと、手を大きく振ります。

「終点です。みなさん降りてくださーい!」の台詞でも手を振り、まるで自分も乗客の1人になったかのようで。。。

最後に「さようなら」と終わるのですが、深くお辞儀をして絵本を閉じるようになりました。

自然と、バイバイやさようならも出来るようになりようやく絵本を楽しむことが出来る年になったのかなーと思います。

初めての絵本にはお勧めです★
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 飽きない絵本です  投稿日:2008/08/26
いないいないばああそび
いないいないばああそび 作・絵: きむら ゆういち
出版社: 偕成社
知り合いの方からのプレゼントで頂いた絵本です。
初めのうちは、絵本を繰り返しただただめくっていくだけだったのですが、だんだんと興味が出てきました。

いないいない・・・「ばぁ!」のところは早くめくりたがります。
私も、読み聞かせの時にはそれぞれのキャラクターになったつもりで声を変え読むのですが、それがまた面白いらしく、声を出して笑ってくれます。

最後に、ママも「ばぁ!」ってするのですが、ママだけ他のキャラクターと作りが違っており、目のところに開いている穴に興味津々で・・・

入りやすい絵本だと思うし、お出かけ版であれば大きさも控えめで軽いのでお勧めです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちょっとだけじゃなく感動しました。  投稿日:2008/08/20
ちょっとだけ
ちょっとだけ 作: 瀧村 有子
絵: 鈴木 永子

出版社: 福音館書店
「ちょっとだけ」がキーワードの絵本。
兄弟が出来てから赤ちゃんにつきっきりのママ。

今までママに甘えていたことを「ちょっとだけ」自分で頑張ってみる主人公の女の子・なっちゃんの懸命な姿に胸を打たれます。

自分の子供と重ねてみたり、自分と重ねてみたり。

何度読み返しても涙なしでは読めない絵本です。

「ちょっとだけ」じゃなく、沢山沢山子供を愛してあげようと思う一冊です。
参考になりました。 1人

10件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット