どっせい!ねこまたずもう どっせい!ねこまたずもう
作: 石黒 亜矢子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本日は100年に一度の大相撲大会。無敵の大横綱、にゃんこのやまに対するは、奇々怪々な妖怪たち。さて、勝敗の行方やいかに!

ふみぱぱさんの公開ページ

ふみぱぱさんのプロフィール

パパ・40代・石川県、男の子5歳

ふみぱぱさんの声

22件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 最後までかっこいい  投稿日:2020/01/21
黒ねこサンゴロウ旅のつづき5 最後の手紙
黒ねこサンゴロウ旅のつづき5 最後の手紙 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
友人ナギヒコへの手紙や、カジキ船長に対する律儀な姿など、サンゴロウの魅力がさらに伝わってきました。そして、ずっと気になっていたサンゴロウの過去について明らかになっていきます。5歳のわが子には少々難しくイメージしにくい箇所もあったようですが、もう一度読んでほしいとせがまれる程のかっこいい作品でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい さらに広がるサンゴロウワールド  投稿日:2020/01/16
黒ねこサンゴロウ旅のつづき4 金の波銀の風
黒ねこサンゴロウ旅のつづき4 金の波銀の風 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
収録されている3話全てサンゴロウのカッコ良さが際立っています。魅力的なキャラクターが新たに登場し、それぞれのお話が子どもにもわかりやすく、しっかりと丁寧に描かれているので何度も読み返したくなる一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 緊迫の脱出劇  投稿日:2020/01/05
黒ねこサンゴロウ旅のつづき3 ほのおをこえて
黒ねこサンゴロウ旅のつづき3 ほのおをこえて 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
ナギヒコの依頼で医師クルミと再会する為に貝がら島に辿り着いたサンゴロウは、いつもと様子の違う島の雰囲気に気づき警戒するが逃げきれず捕らえられてしまう。
島で起きている出来事を知り脱出を試みる内容はサスペンス映画を観ているよう。そして、やまねこ族が貝がら島に辿り着いた経緯もさらに明らかに。一気に読み進めてしまいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい スリリングな攻防が刺激的  投稿日:2019/12/30
黒ねこサンゴロウ旅のつづき2 青いジョーカー
黒ねこサンゴロウ旅のつづき2 青いジョーカー 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
サンゴロウを親分と慕うイカマルとの師弟コンビが復活したこのお話は、真珠島からやってきた謎の女シーナと危険な薬草をめぐって、海上でスリリングな戦いを繰り広げるシーンが何かの映画を見ているような感じがします。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う あの出会いから5年後  投稿日:2019/12/29
黒ねこサンゴロウ旅のつづき1 ケンとミリ
黒ねこサンゴロウ旅のつづき1 ケンとミリ 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
ケンが大きく頼もしくなってホテルマリンへ。サンゴロウとのその後が気になるも、基本的にはタイトルのとおりミリとの出来事が中心。話の内容は読み聞かせている5歳の子どもには少し難しかったようです。
しかし、サンゴロウとミリとのつながりなど謎は多く、このお話がどう展開していくのかとても楽しみです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子どもが声出して読みたがる  投稿日:2019/12/22
ペンギンたんけんたい
ペンギンたんけんたい 作: 斉藤 洋
絵: 高畠 純

出版社: 講談社
隊長を先頭に50匹のペンギン探検隊が一列になって南の島に上陸して探検します。いろんな猛獣と出会いながらもマイペースに探検を続ける姿に子どもは爆笑。探検隊の「かけ声」シーンが面白く、子どもが「かけ声」だけ読むようになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 涙が止まらなくなった  投稿日:2019/12/22
黒ねこサンゴロウ5 霧の灯台
黒ねこサンゴロウ5 霧の灯台 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
渡り鳥の研究をする学者のイソキチをマリン号に乗せて南海島へ。送り届けた後にサンゴロウは海上で霧の中に迷い込んでしまいマリン号は転覆の危機に。
今回のお話はあまりにも切なく、読み聞かせをしている私(おじさん)がおいおいと泣いてしまう事態に。このシリーズは本当に素晴らしい作品です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい サンゴロウの優しさが最高  投稿日:2019/12/19
黒ねこサンゴロウ4 黒い海賊船
黒ねこサンゴロウ4 黒い海賊船 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
マリン号に隠れていたイカマルを助手として、三日月島へ仕事に出かけるサンゴロウ。大金を手にした帰りに海賊船に狙われてハラハラ、ドキドキの展開です。
章ごとにイカマル目線とサンゴロウ目線で話が描かれ、お互いの気持ちが近づくさまがよく伝わり、話に引き込まれていきます。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う いろんな話が楽しめます  投稿日:2019/12/17
ズッコケ三人組(1) それいけズッコケ三人組
ズッコケ三人組(1) それいけズッコケ三人組 作: 那須 正幹
絵: 前川かずお

出版社: ポプラ社
いくつものお話がちょうど良い長さで入っており、とても読みやすい作品でした。お話を聞いていた5歳の子どもは、ハチベエとハカセの悪ガキっぷりに大笑いしたりドキドキし、モーちゃんに癒されたり楽しんでいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい さらに物語は盛り上がる  投稿日:2019/12/12
黒ねこサンゴロウ3 やまねこの島
黒ねこサンゴロウ3 やまねこの島 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
うみねこ族の医者ナギヒコは、サンゴロウの強引な頼みを断れずにマリン号に乗せられて、伝染病「カレハ熱」の往診に出かけることに。行き先は無人島と思われた「貝がら島」だった。
今回はナギヒコ目線で描かれており、サンゴロウの過去の一部がナギヒコの思い出から明らかになるなど、これからのストーリーをさらに盛り上げています。
参考になりました。 0人

22件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット