新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

ふみぱぱさんの公開ページ

ふみぱぱさんのプロフィール

パパ・40代・石川県、男の子7歳

ふみぱぱさんの声

30件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ネコたちの成長から学ぶ  投稿日:2020/08/22
ルドルフとノラねこブッチー
ルドルフとノラねこブッチー 作: 斉藤 洋
絵: 杉浦 範茂

出版社: 講談社
このシリーズが大好きな6歳に読み聞かせました。ノラねこになってしまったブッチーの元飼い主を偶然みかけたルドルフたちが、元飼い主の今の居場所を探すストーリー。今回のお話もネコたちの会話の中には子供たちにとって覚えておくと為になるキーワードがたくさんあり、いつもながら良い作品だなあと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ミステリアスな香りの謎にせまる  投稿日:2020/06/29
ドルフィン・エクスプレス 波のパラダイス
ドルフィン・エクスプレス 波のパラダイス 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 岩崎書店
テールが運ぶエクスプレス便の荷物からトラブルが発生。荷物の発送元の女性が取り扱う香りは何かミステリアスで話の続きをドキドキしながら読むことになります。その後、訳あって仕事を指導する後輩とのエピソードなどラストまで一気に読み進めることができます。ただ、6歳児には少し難しかったようです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 皆でひとつのものを作り上げる楽しさを知る  投稿日:2020/05/14
ズッコケ三人組(17) ズッコケ文化祭事件
ズッコケ三人組(17) ズッコケ文化祭事件 作: 那須 正幹
絵: 前川かずお

出版社: ポプラ社
小学1年生に読み聞かせました。小学校6年生のハチベエたちのクラスが文化祭でおこなう劇を全員で話し合い、主役・脇役・裏方が協力して楽しいものに仕上げていく姿が明るく楽しい。ハチベエたちが劇の台本をお願いした童話作家さんのストーリーをどんどん変更していき、童話作家さんを怒らせるなど相変わらずです。大人同士の会話の場面などの少し難しい場面もありましたが、こどもは楽しそうに聞いていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ライバル会社とのしのぎあいが迫力  投稿日:2020/05/14
ドルフィン・エクスプレス 流れ星レース
ドルフィン・エクスプレス 流れ星レース 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 岩崎書店
カモメネットというライバル会社がドルフィンの営業区域にどんどん入ってきて、互いにしのぎあう光景はまるで実社会の企業同士の戦いを見ているようなくらいリアル。最終的には会社を代表してテールがカモメネットの代表とボートレースをするという内容なので今回もテールはかっこいいです。サンゴロウも登場します。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何度も読み聞かせしてます。  投稿日:2020/05/14
エルマーのぼうけん
エルマーのぼうけん 作: ルース・スタイルス・ガネット
絵: ルース・クリスマン・ガネット
訳: 渡辺 茂男

出版社: 福音館書店
エルマーが助けた猫からどうぶつ島でかわいそうな目にあっているりゅうのお話をきき、りゅうを助けにいくというお話ですが、エルマーが旅の途中にいろいろな動物に出くわしても、事前に準備しておいたアイテムを使って乗り越えていく姿がおもしろいと何度も読み聞かせをしております。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ハラハラする宅配ストーリー  投稿日:2020/03/14
ドルフィン・エクスプレス 三日月ジョリー
ドルフィン・エクスプレス 三日月ジョリー 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 岩崎書店
黒ねこサンゴロウシリーズの姉妹編として読み聞かせしている「ドルフィンエクスプレス」シリーズ第二作です。主人公テールは、サンゴロウに負けないくらいのいい男で、しっかり働く姿に読む者皆、夢中になります。本作は同僚達が苦手とする曰く付きの配達先が舞台。子どもには少し難しいかもしれませんが、全体的に聴き入って夢中になっていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かっこいい主人公テール  投稿日:2020/02/18
ドルフィン・エクスプレス
ドルフィン・エクスプレス 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 岩崎書店
サンゴロウシリーズの姉妹編ということで毎晩子供に読み聞かせました。
新主人公のテールはサンゴロウに引けを取らない男前です。
テールは運送会社に勤務しており、勤務内容の描写については5歳の子どもには少し分かりづらいようでしたが、エクスプレス船で海を乗り越えて島々をめぐるストーリーはサンゴロウシリーズ同様にとても魅力的です。サンゴロウも登場してきますし次作以降がとても気になります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽しく英語に触れることができる  投稿日:2020/02/18
スター・ウォーズ英和辞典 ジェダイ入門者編
スター・ウォーズ英和辞典 ジェダイ入門者編 編: 学研辞典編集部
出版社: 学研
スターウオーズ好きの息子のために購入しました。
英語に触れる良いきっかけになっていると思います。
オールカラーでイラストや画像も豊富ですし、例文については、どのエピソードの誰のセリフだったかが記載されており楽しめます。中学生向けなのか漢字に振り仮名がついていればもっと低学年でも楽しめるのかなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 最後までかっこいい  投稿日:2020/01/21
黒ねこサンゴロウ旅のつづき5 最後の手紙
黒ねこサンゴロウ旅のつづき5 最後の手紙 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
友人ナギヒコへの手紙や、カジキ船長に対する律儀な姿など、サンゴロウの魅力がさらに伝わってきました。そして、ずっと気になっていたサンゴロウの過去について明らかになっていきます。5歳のわが子には少々難しくイメージしにくい箇所もあったようですが、もう一度読んでほしいとせがまれる程のかっこいい作品でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい さらに広がるサンゴロウワールド  投稿日:2020/01/16
黒ねこサンゴロウ旅のつづき4 金の波銀の風
黒ねこサンゴロウ旅のつづき4 金の波銀の風 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
収録されている3話全てサンゴロウのカッコ良さが際立っています。魅力的なキャラクターが新たに登場し、それぞれのお話が子どもにもわかりやすく、しっかりと丁寧に描かれているので何度も読み返したくなる一冊です。
参考になりました。 0人

30件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット