オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ぼんぬさん 40代・ママ

売れっ子俳優オオイシさん!
大きな石のオオイシさんは、すもう部屋で…

たみありさんの公開ページ

たみありさんのプロフィール

ママ・30代・兵庫県、女2歳 男0歳

たみありさんの声

18件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う なつかしい絵と文字  投稿日:2009/02/26
おさじさん
おさじさん 文: 松谷 みよ子
絵: 東光寺 啓

出版社: 童心社
とてもかわいらしくふんわりした絵と、
昔ながらのシンプルな読みやすい字体。

あ〜、すごく懐かしい雰囲気を持った本だなというのが
私の第一印象でした。

おさじさん=スプーンであることは、
子どもにもすぐに理解できた様子。

子どもに馴染みのある生活の1シーンを、
おさじさんをきしゃぽっぽにみたて、
アアーンとあいたおくちをトンネルとみたて、
表現豊かに描かれてある作品です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 3さいも楽しく過ごしてね!  投稿日:2009/02/26
たんじょうび おめでとう
たんじょうび おめでとう 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
絵本ナビを見て、この作品が主人公のこぐまちゃんが
3歳のお誕生日を迎える内容であることを知り、
同じくもうすぐ3歳のお誕生日を迎える娘に読みました。

身の回りのこともがんばってひとりでこなそうとし、
少し難しい高い鉄棒にも果敢にチャレンジするこぐまちゃん。

またひとつ大きくなったという自信が、
一生懸命さにもつながっているのですね。

みんなでケーキを囲んでテーブルに着席している場面は、
娘もその場にいるような感覚になったのか、
ページをめくったとたん、
フーッと自分でろうそくの火を吹き消していました。

こぐまちゃん、そしてうちの娘ちゃん、
3さいもたのしく過ごしてね!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う キラキラかわいい!  投稿日:2009/02/01
たのしいそりあそび
たのしいそりあそび 作: アンナ・クレイボーン
絵: ジョー・ムーン
訳: たに ゆき

出版社: 大日本絵画
絵がすごくかわいくって
最後のページはキラキラと雪が輝きます。
ページをめくるたびにそりにのる動物さんが増え、
数字の学習が楽しみながらできそうです。
しかけえほんは小さい子どもがふれるとちぎれてしまことが多く、
繊細なつくりのものはなかなか読ませてあげられませんが、
この作品ならその心配はなさそうで〜す!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子供のころ大好きだった遊び  投稿日:2009/01/30
すなばで ばぁ
すなばで ばぁ 作: 中川 ひろたか
絵: 山本 祐司

出版社: 主婦の友社
すなばでおやまをつくったら、
トンネル掘って、お水を流して…
子どもならみんな大好きな遊びです。

「そこにダカダン、ダカダン、
しんかんせんがびゅわわーん

しんかんせんが通った道にお水を流したら
みるみるかわになり、うみになりました

ふねをうかばせて、ちょっとハワイにいってきまーす!」

本当に遊んでいる子どもたちのあいだから聞こえてきそうな会話ですね。

子どもの目線や感性がすごく上手に表されている作品です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 感謝する気持ち  投稿日:2009/01/30
ありがとうのえほん
ありがとうのえほん 作・絵: フランソワーズ・セニョーボ
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 偕成社
絵本ナビでみつけて読んでみたくなった作品です。
ありがとうって思えることが
日々の生活の中でこんなにも溢れている!
私もこの女の子のように、
毎日、一瞬一瞬、
感謝の気持ちを忘れないで過ごしていきたいなと感じました。
大切なことにあらためて気づかせてくれてありがとう!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う すきなものいっぱい  投稿日:2009/01/30
わたしのすきなもの
わたしのすきなもの 作・絵: フランソワーズ・セニョーボ
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 偕成社
同じ作者のありがとうのえほんとあわせて読みました。
色合いがあったかい、とても優しいタッチのイラストと共に、
おんなのこのすきなものがたくさんでてきます。
女の子が各ページで語る言葉が、
なんとも純粋でかわいらしくてけなげで、
読み手を前向きな気持ちにさせてくれます。
最後にでてくるすきなものがクリスマスなので、
クリスマス時期に読んだり、プレゼントするのも
いいかもしれませんね!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ほっとけーきたべた〜い!  投稿日:2009/01/30
しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
娘が、おままごとセットでの遊びを経て、
こねこね、ぐるぐる、サクサク、
ママと一緒にお料理したい!と思うようになったころ
偶然図書館で借りてきました。
ほっとけーきが出来上がるまでのしろくまちゃんの頑張りが、
とっても健気でほほえましいです。
思わず娘の姿を重ね合わせ、作ってる姿を想像してしまいました。
フライパンに生地を流し、できあがるまでの、
ぽたあん、ぷつぷつ、ぺたん、ふくふく、ぽいっ
などの過程の上手な表現にひきこまれ、
「ほっとけーきたべた〜い!」
母親の私がこう叫んでしまいました。
ほっとけーきが我が家のおやつの定番になりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 前向きな気持ちっていい!  投稿日:2009/01/30
あしたのぼくは・・・
あしたのぼくは・・・ 作・絵: 宮西 達也
出版社: ポプラ社
素朴な絵がかわいらしい!

「ぼくはピーマンもニンジンもたべられない。
じてんしゃも、じょうずにのれないし
サッカーもへた」

まだまだ成長できる可能性を秘めた、
ちょぴり頼りない主人公の男の子。

「でもあしたのぼくは
きょうのぼくとはぜったいにちがう!」

くよくよしたり、いじけたりするよりも、
前向きな気持ちでなりたい自分を想像することで、
物事って、良い方向へ近づいていくんですよね。

将来、子どもがもう少し大きくなって
何かの壁にぶちあたったとき、ぜひ読んであげたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 母の愛  投稿日:2009/01/30
だっこだいすき
だっこだいすき 作: 今村 葦子
絵: 垂石 眞子

出版社: ほるぷ出版
だっこをせがむ子どもを
穏やかな優しい表情で抱き上げる
動物のかあさんたちと、
涙が笑顔にかわりすごく嬉しそうな表情をする
子どもたちのイラストが印象的でした。

あしたはもっとおもくなれ。

母親の子の成長を思うこの文章、胸がきゅんとなりました。

この絵本にでてくるような優しいだっこ、
私も子どもたちにたくさんしていきたいな。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ないしょないしょ  投稿日:2009/01/15
ノンタンのたんじょうび
ノンタンのたんじょうび 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
「つまんないなぁ」
皆に何を計画してるのか教えてもらえないノンタン。

「ないしょないしょ」
ノンタンに内緒でお誕生日のお祝いをすすめるお友達。

さびしい気持ち、わくわくする気持ち。
双方の対照的な気持ちが上手に描かれています。

だからこそ最後にお祝いや喜びの思いがひとつになったとき、
友達の存在の大きさを強く感じるのでしょうね。

テーブルに皆からの心のこもったケーキやクッキーがならんで、
ノンタンに「おたんじょうびおめでとう!」をいうシーンでは、
読んでるこどもたちの笑顔も弾けることでしょう!
参考になりました。 0人

18件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット