季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

キラボシさんの公開ページ

キラボシさんのプロフィール

その他の方・40代・福岡県

キラボシさんの声

9件中 1 〜 9件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ほっこり  投稿日:2020/12/07
ぼくんちのおふろ
ぼくんちのおふろ 著者: 山田 美津子
出版社: 理論社
おふろが嫌いな男の子が、いやいや入ったおふろで友達が出来て
いつの間にかおふろが楽しいものになってる楽しい絵本ですね。
子供っておふろ嫌いな子が多いと思ってるのですが、
この絵本を読んだらおふろ好きになってくれそうです。
おすすめです。

参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ほのぼのしました  投稿日:2020/12/03
ノラネコぐんだん ケーキをたべる
ノラネコぐんだん ケーキをたべる 作: 工藤 ノリコ
出版社: 白泉社
ノラネコぐんだんが一斉に小さくなってケーキを食べたり、
ありの巣の中にお邪魔したり、皆一緒になって変わっていく様子が面白かったです。
最後はケーキ屋さんのお手伝いをするのは楽しそうだなぁと思いました。
何故なら、私の小さい時の夢がケーキ屋さんだったからです。
私もノラネコぐんだんに入りたいです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 可愛い子供達  投稿日:2020/12/02
いつかは ぼくも
いつかは ぼくも 作・絵: よしだ るみ
出版社: 国土社
色鉛筆で描かれた親子の姿が微笑ましい絵本だと思いました。
子供にとって、親は生まれてからずっとお手本であり、
いつか乗り越えたいと思う存在です。
子供と親では姿は違うけど、いつかはああなりたいという
憧れであってほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う にぎやかなお話  投稿日:2020/12/02
ほげちゃんとおともだち
ほげちゃんとおともだち 作: やぎ たみこ
出版社: 偕成社
人間の子供達がちょっと喧嘩したりするけど、
おもちゃ達も喧嘩したりして、可愛いいなと思いました。
でもおもちゃ達はあることがあり、協力して一つになっていく様子を
微笑ましく読みました。
なんだかんだあっても、仲良くなれるそんな大きい心を
持ちたいと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心動かされました  投稿日:2020/12/02
ふゆのはなさいた
ふゆのはなさいた 文: 安東 みきえ
絵: 吉田 尚令

出版社: アリス館
人はどこかしら孤独感を感じてると思うのです。
ねずみがいろんな動物と仲良くなっても
目の前からいなくなると、とても心配になりますよね。
これは人間関係にもあるのではないかと思いました。
真実は見えない所にあると気づかされました。
とてもいい絵本だと思います。
絵のタッチや色も綺麗でした。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う  面白いお祭り  投稿日:2020/08/02
ようかいむらのどんどこまつり
ようかいむらのどんどこまつり 作: たかい よしかず
出版社: 国土社
沢山の妖怪が出てきます。
妖怪達のちょっと変わったお祭りの出し物と面白い出店が
沢山で楽しいし、驚きました。
よく考えてあるなと関心しました。
自分で考えたら、どんな出店にしようかなと
考えてみたりしました。
アマビエが絵本に出てきます。
今ならではの登場人物だと思いました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 楽しいかばんやさん  投稿日:2020/07/30
もりのかばんやさん
もりのかばんやさん 作・絵: ふくざわ ゆみこ
出版社: 学研
いろんなかばんがお客さんの要望をちゃんと聞いて
要望通りに作られていて楽しいです。
細かい所まで眺められてワクワクします。
くもさんは確かに器用に巣を編んでますよね。
くもさんもかばんやさんに加わり、どんなかばんが出来上がるか
楽しみですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 思い出とは…  投稿日:2020/07/26
とんでいった ふうせんは
とんでいった ふうせんは 作: ジェシー・オリベロス
絵: ダナ・ウルエコッテ
訳: 落合 恵子

出版社: 絵本塾出版
大切な思い出が沢山のカラフルな色の風船に表していて、
キラキラしてる。
そんな思い出を忘れてしまうと、風船が飛んでいってしまうのは悲しい。
歳をとると、忘れたくない思い出も忘れてしまう事がある。
そんな悲しい事ではあるが、周りの身近な人が思い出を覚えていてくれる。
そうやって思い出話は消える事なく、人々の間に生き続ける事が救いだと思った。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 見守られてるね。  投稿日:2020/07/26
るすばんかいぎ
るすばんかいぎ 著者: 浜田 桂子
出版社: 理論社
(るすばんかいぎ)というタイトルから、人間の会議が始まるかと思ったら
誰もいない家の家具類や家電品達の会議というのに驚きました。
しかもゆうきくんについての会議とは、ゆうきくん愛されてるなあと思いました。
赤ちゃんの頃からどんどん大きくなっていく様を見守ってきたのは、
両親だけではなかったのかとほっこりしました。
参考になりました。 0人

9件中 1 〜 9件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

4月の新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット