あかちゃんごきげん しゃかしゃか あかちゃんごきげん しゃかしゃか
作・絵: 新井 洋行 監修: 山口 真美  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
うごくピーズに、赤ちゃんにっこり! 絵本作家・新井洋行さんのラトル絵本!

りゅうあさんの公開ページ

りゅうあさんのプロフィール

ママ・40代・山口県、男の子13歳 女の子11歳

自己紹介
二児の母です。
絵本、大好きです☆昔から絵本を読むことが好きでしたが、今は子供たちにお昼寝前と夜の就寝前にそれぞれ2冊ずつ絵本を読んであげる時間が、とっても幸せに感じてます。
好きなもの
絵本(特にこぐまちゃんシリーズ)
手芸
ゲーム
ひとこと
文章力がゼロなんで、すてきなレビューは書けませんが、オススメな本だけでも気にとめていただけたらなぁ・・・なんて思ってます。

皆様のレビューも、とても楽しく読ませてもらっています☆

りゅうあさんの声

93件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う 新聞あそび  投稿日:2010/06/10
しんぶんとだんす
しんぶんとだんす 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
ある風の吹く日に、子どもたちが退屈そうな新聞紙たちに出会い、一緒になって遊ぶお話。

普段は子どもとは縁遠い新聞紙ですが、子どもたちのユニークな発想でいろいろな形に姿を変えていくのが面白いです。

この絵本を読むと、我が家の子どもは必ず新聞紙で遊びたがります。
子どもをワンステップせいちょうさせてくれる絵本ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 誰が出てくるかな  投稿日:2010/06/08
でてこい でてこい
でてこい でてこい 作・絵: 林 明子
出版社: 福音館書店
丸や四角の色紙に「でてこい でてこい」と呼びかけると、
色紙から色々な動物が登場してきます。
きれいな色の色紙で、きっと切り絵をイメージして作られていると思うのですが、出てきた動物も、出て行ってしまった方の色紙もとてもキレイなデザインで、ぐっと引き込まれてしまいます。
1歳の娘も興奮して見ています。
何の動物が出てくるか全く予想がつかないので、何歳の子どもでも楽しめます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みんな大きくなあれ  投稿日:2010/06/08
おっぱい
おっぱい 作・絵: 宮西 達也
出版社: 鈴木出版
色々な動物がお母さんのおっぱいを飲んでいる様子が描かれています。
動物たちも自分たちも、み〜んなお母さんのおっぱいを飲んでおおきくなったんだよ、と語りかけているようです。
最後に、おっぱいを飲んでいる人間の赤ちゃんに向かってお兄ちゃんが

「ちょっとだけ貸してあげる」
と言う場面が、とっても素敵な絵本です。
これから弟や妹が生まれてくるご家庭にピッタリです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 乗りたいね  投稿日:2010/06/08
でんしゃにのって
でんしゃにのって 作: とよた かずひこ
出版社: アリス館
女の子が電車に乗ると、アナウンスが流れ
「次はぞうだ〜 ぞうだ〜」と、次の駅に誰が乗ってくるか考えさせてくれます。この場合はぞうさんで、このような繰り返しで色々な動物が乗車してきてとてもワクワクします。
ガタゴト〜ガタゴト〜の響きも良く、本当に電車に乗っている気分になれます。
動物さんたちの、電車内での譲り合いやマナーの良さもとても勉強になりますよ。
娘とこんな電車に乗りたいねとよく話します。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 動物いっぱい!  投稿日:2010/05/31
なんのぎょうれつ?
なんのぎょうれつ? 作・絵: オームラ トモコ
出版社: ポプラ社
子どもが幼稚園から借りてきましたが、非常に気に入っているので購入予定の絵本です。

いろいろな動物たち、総勢50匹が何かを心待ちにして並んでいます。
動物たちは小さい順にきれいに並んでいて、とってもかわいいです。
ページをめくる時に、「次の動物は何かなぁ」と息子と当てっこしたりもしました。

クライマックスが、解放感溢れるとにかくスケールの大きいデザインになっていて、私も感動しました。

いろいろな動物に会えるので1歳の娘にも充分理解でき、何歳の子どもに与えても喜びそうだなと思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい いろいろ辞典  投稿日:2010/05/28
0さいまるごとひゃっか
0さいまるごとひゃっか 作・絵: のぶみ
出版社: ひかりのくに
娘が5ヶ月の時に購入し、1歳9ヶ月の現在も毎日読んでいます。

いないいないばぁや、靴のお話があったり、犬の写真絵本、童謡「ぞうさん」が載っていたりで、本当にどのページも興味があることばかり!0歳児にとっての辞典みたいなものだなと思います。

のぶみさんの絵もとっても可愛いし、ハードカバーで子どもが持つのに丁度いいサイズなのでおススメです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なんでも辞典  投稿日:2010/05/28
2さいまるごとひゃっか
2さいまるごとひゃっか 作・絵: のぶみ
出版社: ひかりのくに
息子が2歳の時に、友人からいただきました。

動物や乗り物、野菜や虫、色などなど。
2歳児が興味があることを詳しく可愛いイラストで紹介してあります。

「ごめんなさい」や「ありがとう」など子どもにしっかり覚えてほしい挨拶も載っているので、とてもよかったです。

「大きな栗の木の下で」や「おはなしゆびさん」の歌が掲載されているのもグッドですね。

この1冊になんでも詰まっているので、非常に役立ちます。
とても気に入ったので、同じシリーズの「0さいまるごとひゃっか」も妹の為に購入しました。全部揃えたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 動物のあかちゃんはどこ?  投稿日:2010/05/25
<ボード・ブック> コロちゃんののうじょう
<ボード・ブック> コロちゃんののうじょう 作・絵: エリック・ヒル
訳: まつかわ まゆみ

出版社: 評論社
娘が生まれた時に、友人からいただきました。

おなじみの犬のコロちゃんが、お父さん犬と一緒に農場の中にいる動物の赤ちゃんを探すストーリー。
色々な動物の小屋の扉などがしかけになっており、「何の動物がいるのかな?」「ここには動物の赤ちゃんがいるかな?」と話しながら、しかけをめくっています。子どもも自分でめくる楽しみがあり、とても夢中になります。

小さいサイズで、1ページ1ページが丈夫に作られているのでとても助かります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おへんじがんばって!  投稿日:2010/05/25
おへんじ はあい
おへんじ はあい 作: LaZOO
絵: あらかわ しずえ

出版社: 学研
息子が6ヶ月の頃に、友人からいただきました。

きりんさんが色々な動物を呼びます。
そこで動物たちが手を挙げて「はあい。」とおへんじするお話。

繰り返し読んでいると、子どもの名前を最後に呼ぶと手を挙げられるようになり、そのうち絵本のように手を挙げて「はあい!」とお返事ができるようになりました。

おへんじの練習にぴったりの本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 何食べてるのかな  投稿日:2010/05/25
ノンタンもぐもぐもぐ
ノンタンもぐもぐもぐ 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
ノンタンをはじめ、ノンタンのお友達の動物たちが口をもぐもぐもぐ。

「なに たべてるの?」と尋ねると、「バナナ!」や「にんじん!」などなど、親しみやすい食べ物がたくさん登場してきます。
動物や食べ物の名前を覚えるのに、とても役だちました。

繰り返し読んでいると、子どもも一緒になってもぐもぐと口を動かします。
ラストは食べ物ではなくて、うがいをしているのがグッドです。
参考になりました。 0人

93件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット