宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ス1さんの公開ページ

ス1さんのプロフィール

せんせい・20代・東京都

ス1さんの声

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい うんとこしょ どっこいしょ  投稿日:2009/06/12
おおきなかぶ
おおきなかぶ 作: A・トルストイ
絵: 佐藤 忠良
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
と子どもたちは自然と体を動かしながら大きな声で一緒に言っています!!

『まだまだ抜けません』は手を振りながら表情豊かで、絵本を読んでるのにみんなには自分の仕事のように本気!!!!

有名な話だから読んであげたいし、単純だけど応用が利くのでいろんなシーンで使えるお話です。

1歳さんも楽しめて幼児さんでも、大人でも楽しめるので、一冊は持っておきたいものです♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい メケメケ やるよー♪  投稿日:2009/06/12
おどります
おどります 作・絵: 高畠純
出版社: 絵本館
この一言で子どもの表情は変わります!

初めて見たときはたくさん出てくる動物を楽しんでいましたが、
踊りながらメロディーを付け読むと、もう子どもたちはこの絵本のトリコ^^

汗をかきかき、跳ねて回って動物たちと一緒に踊っています
真顔な動物たちが次のページには にっこり しているところも
真似っこ。子どもってよく見ていますよね

明日もきっとリクエストがあるはず!!!メケメケ フラフラ〜
参考になりました。 4人

なかなかよいと思う テテ トト  投稿日:2009/06/12
でんしゃでいこう でんしゃでかえろう
でんしゃでいこう でんしゃでかえろう 作・絵: 間瀬 なおかた
出版社: ひさかたチャイルド
特に男の子が大好きな一冊

トンネルに入れば『ゴー!!』と
電車の走る音も一緒に『デデデン ドドドン』
と大盛り上がり!

表紙を大きく広げれば大きな電車になって大喜びだし、電車以外の絵も細かく、絵全体で楽しんでいます

みんなでも一人でも楽しめて、前からも後ろからも楽しめて、一冊で何役もある素敵な絵本です^^
参考になりました。 0人

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット