オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
クッチーナママさん 40代・ママ

映画デビュー
インパクトのある表紙の絵に惹かれて手に…

モトバイさんの公開ページ

モトバイさんのプロフィール

ママ・30代・広島県、男7歳 女5歳

自己紹介
再び日常にまぎれ、当分書いてなかったことの月日に更に愕然としています。
お気に入りに入れてくださった奇特な(!)方もおられると発見し、恐縮です。
ちびちび記念に書いていけたらよいなと思っています。



好きなもの
ノンジャンルで若干マニアックでエンターテインメント感あふれるものが大好きです。

なかなか読めなくなってきていますが、小説では清水義範さんが無条件に好きです。金城一紀さんにもはまりましたが、それ以降は特段ないです。

絵本では、くものすおやぶんの続きがでないのか気になっています。
マレーク・ベロニカさんの絵が好きです。
トマトさんといもむしれっしゃの作者の方も気になります。



ひとこと
本は好きですが、絵本の知識は皆無でした。
出産後、いい絵本をいかに探すかが課題になり、このサイトと運命の出会い→配本コースへ。
おかげさまで初心者だった私でも「いい(趣味に合う)絵本」を探すコツがつかめた気がします。ありがとうございます。
本にも載せていただき、一生の宝物になりました。

モトバイさんの声

106件中 101 〜 106件目最初のページ 前の10件 7 8 9 10 11 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい おとうさん専用  投稿日:2004/02/10
おとうさんあそぼう
おとうさんあそぼう 作: わたなべ しげお
絵: 大友 康夫

出版社: 福音館書店
ええ、最初は母が読んでいました。
しかし、一度父が読んだら・・・
ダメなのです、母では。
イマイチ「その」臨場感がでないようなのです。
テンションが下がっていく息子。
お父さんじゃないと、ダメなんです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 単行本化してほしい!  投稿日:2004/02/10
てつたくんの じどうしゃ
てつたくんの じどうしゃ 作: わたなべ しげお
絵: ほりうち せいいち

出版社: 福音館書店
てつたくんの前にニコニコ笑ったタイヤが一つずつ転がってきます。
そして心棒が、板が、エンジンが、
最後は車になって、てつたくんが運転します。
本を読み聞かせるとき、しゃべりにくくて言い換えて読むことがありますが、これは読み聞かせを考えてあるのか、換えて読む必要がない、いい本です。
2歳頃から息子が気に入り、月に数度、集中して持ってきます。

福音書店のこどものともシリーズの中のものです。単行本としてないようなので、ぜひ出して欲しいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おかあさーん、おーい  投稿日:2004/02/09
ぐりとぐらとくるりくら
ぐりとぐらとくるりくら 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
ぐりぐらシリーズの中で、子どもが自分で選んで持ってくる本です。
気に入らないページもあるようですが、それでも持ってくるのは、ごはんのページ、くるりくらが体操をするページ、そして空から家や畑が見えるページがわくわくするから、のようです。
こどもの成長に応じて、同じ本を見ても印象に残るページが違ってくるだろうな、と思える1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ギャハハハハッ  投稿日:2004/02/09
よーいどん!
よーいどん! 作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: 童心社
最初は親も子どもと笑い転げて読めた楽しい一冊。
2回目以降は、リズムをつけて歌うように読むと
なかなかいける一冊。
最後の借り物競争は、かりないものも子どもが探して、
言葉を覚えていくのが楽しい一冊。
なぜか祖母がクリスマスプレゼントにくれたのですが
お構いなしに楽しめた一冊。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない 親は好きなのに・・・  投稿日:2004/02/09
もじゃ もじゃ
もじゃ もじゃ 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
アクが強い本で、読み手を選ぶ本だと思います。
実は両親は好きなのですが、うちの子どもはコワイ!と思ったらしく、この本は表紙を見るのも怖がって、ダメでした。
おそるべし、せなけいこさん、という印象です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 興味しんしん  投稿日:2004/01/08
チビねずくんのながーいよる
チビねずくんのながーいよる 作: ダイアナ・ヘンドリー
絵: ジェーン・チャップマン
訳: くぼしまりお

出版社: ポプラ社
病院の待合室でこの本と出会いました。初めての病院で緊張していた息子が持ってきたのですが、読むと気に入ったらしく、何度も読んで、とせがまれ、5、6回連続で読みました。ちびねずくんと自分がダブって見えたらしく、また、挿絵の中にある部屋の様子に興味しんしんと言った様子。小学校初級と書いてありますが、息子はまだ2歳なものの、十分理解し、最後まで集中して楽しんでいました。とてもいい本だと思います。
参考になりました。 0人

106件中 101 〜 106件目最初のページ 前の10件 7 8 9 10 11 次の10件 最後のページ

西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット