もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

マロマロコさんの公開ページ

マロマロコさんのプロフィール

ママ・40代・埼玉県

マロマロコさんの声

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい くいつきが良いです。  投稿日:2014/08/28 17:51:00
エド・インター 森のあそび道具 Touch&Guess「たっちゃんげす」
エド・インター 森のあそび道具 Touch&Guess「たっちゃんげす」 税込価格: \3,067
1歳半の息子のクリスマスプレゼントに
購入しました。くいつくかなと思って心配していたら
手を入れるところの赤いフェルト部分が良いのか
中に入れた型と形を出しては、そこからしまうというのを
繰り返して楽しく遊んでいます。
まだ1歳なので型あわせ遊びしか出来ないけど
買って良かったです。7歳のお姉ちゃんは形当て遊びを
しています。何通りも遊び方があるのが良いです。
木の型と形がからーんって木の箱に落ちる音も
騒々しくなくて良いです。
応用としてこの箱を使って、他のものを当てる遊びも
出来ます。楽しいです。

自信を持っておすすめしたい のびのびとした絵本  投稿日:2009/08/28
うみべのほいくえん
うみべのほいくえん 作: 長崎 源之助
絵: 福田 岩緒

出版社: 童心社
これから幼稚園の娘(もうすぐ3歳)に園関係の本を読んであげていて
こちらは保育園ながらもタイトルに惹かれて読んでみた。

タイトルとおり海辺にある保育園で、そこへ引っ越ししてきて
まだなじめない女の子がいて、その子を何かとかまう男の子がいて
そんな園生活にありそうな日常が描かれている。
子供はお外あそびが海というシチュエーションをとても気に入って
何度も読んでほしいと持ってくる。園になじめない女の子は
海で遊ぶ時もくつをぬがなかったんだけど、あるきっかけで
はだしで浜辺を歩くことによって殻が向けたようにどんどん
園になじんでいく。最後はお兄ちゃんと園のみんなとの
別れのシーンあり、でもそれを乗り越えて普通に日常は
動いていくというまさに海辺にある保育園の夏の1ページを
切り取ったような絵本。のびのびとしていてとても良かった。

わが子は園になじめなかった子が何かのきっかけでなじめるように
なるという話が好きなので(なきむしようちえんもすき)
とても気に入っている。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい これから幼稚園に通う子にぴったり  投稿日:2009/08/28
ようちえんのいちにち
ようちえんのいちにち 作: おか しゅうぞう
絵: ふじた ひおこ

出版社: 佼成出版社
これから幼稚園に通う娘に園関係の絵本を色々読んであげていて
これもその中の1冊。園はたのしいよーとうたうだけの絵本も多いけど
この絵本は赤ちゃんが生まれたばかりの女の子が主人公で
園バスの様子から、朝の会の様子、お外遊びでの出来事、
お弁当の時の複雑な心境、帰りの会の様子とようちえんの
1日の流れがとてもうまくまとまっていて、子供も色々質問を
しながらとても楽しそうに聞いていた。
最後は生まれたばかりの赤ちゃんとお母さんが産院から帰ってきて
お祝いをするーってところで終わっていてとても後味が良かった。
これからお姉ちゃんっていう主人公の女の子の甘酸っぱい気持ちが
伝わってきて、それがとても好きだった。
幼稚園というとちょうどお兄ちゃんお姉ちゃんになる子も多いわけで
そんな子たちに読んであげてもいいなと思う。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない 幼児にはむかないかも  投稿日:2009/08/28
きらいさ きらい
きらいさ きらい 作: 中川 ひろたか
絵: 工藤 ノリコ

出版社: 理論社
工藤ノリコさんの絵本が大好きなので読んだ。
色々なきらいがあるよって教えたいのかもしれないけど
2歳児にきらいきらいと連呼して読んであげるのがとても
嫌だった。だってきらいって文章しかないんだもの。
物事を色々な面からみようって意図もあるのかな?
アイスクリームはあついのはとけちゃうから嫌いで
さむすぎるのはこおっちゃって食べてもらえないから嫌い
という感じの文章が続いていく。
中川ひろたかは短い文章で子供にリズムを
楽しんでもらうような絵本が多いけれど、読み聞かせには
不向きな感じ。絵はとってもおもしろいのに。残念。
自分で絵本が読めるようになる4−5歳の子だったら
言葉遊びの面白さを楽しめるから良いかな。2歳児はきらいって
言葉をあまりうえつけたくないから読みたくなかった。お蔵入り。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ゆったりとした時間  投稿日:2009/08/28
よーいよーいよい
よーいよーいよい 作・絵: さいとう しのぶ
出版社: ひさかたチャイルド
主人公の女の子の家にはたまにおじいちゃんが泊まりに来る。
たこ焼きをお土産にもって。女の子はおじいちゃんとお散歩へ。
おじいちゃんは「よーいよーいよい」って口癖を言いながら
のんびりゆったりお散歩。途中で「内緒な」ってワンカップを
飲んでいるところが笑えた。2歳児は「よーいよーいよい」が
気にいったらしく、何度も飽きずに読もう読もう言う。
街の風景が細かく描写されていて、そんな絵をじっくり
眺めても飽きない。おじいちゃんと過ごす普段とは
違うゆったりとした時間を共有出来てとても優しい絵本だった。
参考になりました。 0人

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット